50件中 21 - 30件表示
  • プレシャス (映画)

    プレシャス (映画)から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    サンダンス映画祭で話題になった後、ライオンズゲートが配給権を獲得。また、テレビ司会者として全米で絶大な影響力を誇るオプラ・ウィンフリーと黒人映画のヒットメイカーとして多くの作品を監督・製作しているタイラー・ペリーの2人が映画の宣伝を後押ししている。プレシャス (映画) フレッシュアイペディアより)

  • フー・イズ・イット

    フー・イズ・イットから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ジャクソンは1993年2月10日、アメリカで最も有名なテレビ番組司会者として知られるオプラ・ウィンフリーのインタビューに出演した。このインタビューで「フー・イズ・イット」のアカペラバージョン(伴奏なしで歌うこと)を披露したことから、その後全国のラジオ局でリクエストが殺到する「事件」が起きた。フー・イズ・イット フレッシュアイペディアより)

  • シャーロットのおくりもの (2006年の映画)

    シャーロットのおくりもの (2006年の映画)から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ガチョウのグッシー:オプラ・ウィンフリー(松本伊代)シャーロットのおくりもの (2006年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ブーンドックス (テレビアニメ)

    ブーンドックス (テレビアニメ)から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    エドとその友人のジン・ラミーはしばしば見当違いでこっけいなくらい間の抜けた犯罪をしでかすが、何も言われずに済んでいる。これは、祖父が町中の人々や警察に圧力をかけているだけでなく、米軍の一員としての英雄的なパブリック・イメージが彼にまとわりついているからである。例えば、ワンクラー3世とジン・ラミーの2人が銀行強盗に失敗しても捕まらなかったり、’テロリストの子’が経営するコンビニエンスストアを襲ったら英雄視されたり、オプラ・ウィンフリーを誘拐しようとしたら間違えてマヤ・アンジェロウやビル・コスビーを誘拐してしまったりといったことである。その一方で、ジン・ラミーは自分達が逃げおおせているのは自分が主な計画者だからだとしばしば主張している。ブーンドックス (テレビアニメ) フレッシュアイペディアより)

  • ACIM

    ACIMから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    1979年、世界的に著名な心理療法士ジェラルド・ジャンポルスキーが『愛とは、怖れを手ばなすこと』(ISBN 4763184431)を出版。宗教性を取り除いたACIMのエッセンスが受け入れられて、400万部(2007当時)を記録。1995年、出版業界二番手のペンギンブックスからもACIMの出版が決まり、アメリカ読書界に強大な影響力を持つオプラ・ウィンフリーの番組に、マリアン・ウィリアムソンが出演。自著『愛への帰還』(ISBN 4884691628)の題材であるACIMについて語った。これがきっかけで、『愛への帰還』はNYタイムズ・ベストセラーに39週ランクイン。ホワイトハウスに招待されるなど、マリアンは時の人となり、ACIMの累計売上を50%伸ばすことにつながった。2005年、ACIMを会話スタイルで解説した『神の使者』(ゲイリー・レナード著 ISBN 4309230784)が、Amazon.comの総合ランキングでハリー・ポッターに次ぐ二位を記録。ACIMはアメリカで一気に突出した。ACIM フレッシュアイペディアより)

  • ロージー・オドネル

    ロージー・オドネルから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ザ・ロージー・ショウ (2011?) - OWN(オプラ・ウィンフリー・ネットワーク)で放送されているトークショー。ロージー・オドネル フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ジャクソンの外観

    マイケル・ジャクソンの外観から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    「スリラー」の発売頃から肌が白くなり初め、「デンジャラス」の頃完全に白くなった。これについては長年真相が語られることはなかったが、ついに1993年のオプラ・ウィンフリー・トークショーで、話題にしたくないと悲痛な表情を見せながらもマイケル本人が病気によるものであると告白した。2003年には狼瘡(ろうそう)患者支援団体および研究機関へのチャリティーイベントに出席したこともある。死亡した時のマイケルは爪に色素が残っているのみであった。なお、マイケルが死亡した2009年時点の、彼の亡くなる直前の皮膚の色は、明らかに白人とは異なる「純白」「蒼白」と呼ばれる類のものであり、明らかに異質な白さである。マイケル・ジャクソンの外観 フレッシュアイペディアより)

  • レイチェル・スミス

    レイチェル・スミスから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    南アフリカ系黒人の父、白人の母のもとパナマの米軍基地で誕生。2006年、テネシー州ナッシュビルのベルモント大学を優等で卒業。ジャーナリズムを専攻した。大学では、授業料全額支給の奨学金を獲得している。大学時代は、米TV司会者オプラ・ウィンフリーの所有する企業でインターンをし、ミスUSA勝利後はオプラ・ウィンフリーのトークショーに出演した。レイチェル・スミス フレッシュアイペディアより)

  • ガボレイ・シディベ

    ガボレイ・シディベから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ハーレムで育ち.、決して裕福な生活ではなかった。高校卒業後はニューヨーク市立大学シティカレッジ、マーシー大学(心理学専攻)へ入学し、受付の仕事をしながら大学に通っていたころに『プレシャス』のオーディションを受け、見事に役を獲得。同作が彼女のデビュー作となった。もともとは演技志望ではなかった上に当時25歳にして16歳の高校生で父親の子を身ごもり、モニーク演じる屈折した母親から虐待を受ける主人公の黒人少女プレシャスを見事に演じ切り、同年のゴールデングローブ賞、アカデミー主演女優賞などにノミネートされた。大型新人女優として一躍スターダムにのし上がった後も、人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のゲスト司会者を務めたり、オリヴァー・プラット、ローラ・リニーら出演のテレビドラマ『Big C』へ出演したりしている。『プレシャス』出演がきっかけで母親役で共演したモニークやプロデューサーを務めたオプラ・ウィンフリーらがホストを務めるテレビ番組へもゲスト出演している。ガボレイ・シディベ フレッシュアイペディアより)

  • 超越瞑想

    超越瞑想から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    2011年12月7日にアメリカ合衆国でテレビ放送されたドクター・オズ・ショーでは、オプラ・ウィンフリーが自身の超越瞑想の体験についてコメントした。超越瞑想 フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「オプラ・ウィンフリー」のニューストピックワード