82件中 31 - 40件表示
  • Happy (ファレル・ウィリアムスの曲)

    Happy (ファレル・ウィリアムスの曲)から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ファレル自身がオプラ・ウィンフリーの番組で語ったところによると、当初『Happy』はラジオではほとんど流してもらえなかったが、このビデオによって大きな成功を得ることができたと語ると共に、世界中から投稿されたトリビュートビデオ(下記参照)を目にして感涙した。Happy (ファレル・ウィリアムスの曲) フレッシュアイペディアより)

  • シャーロットのおくりもの (2006年の映画)

    シャーロットのおくりもの (2006年の映画)から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ガチョウのグッシー:オプラ・ウィンフリー(松本伊代)シャーロットのおくりもの (2006年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の自転車競技

    2013年の自転車競技から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ランス・アームストロングがテレビ司会者のオプラ・ウィンフリーとのインタビューでドーピングを告白した内容がテレビ放映された。その中でアームストロングは、『ツール・ド・フランス7連覇はすべて薬物の助けを借りていた。エリスロポエチンや筋肉増強剤を使用し、血液ドーピングにも手を染めた。』と述べた。そして、これまで一貫して薬物使用を認めなかった理由について、『あまりに完璧なストーリーが長く続いたため』と説明した。2013年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • エリスロポエチン

    エリスロポエチンから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    エリスロポエチン(EPO)は赤血球の増加効果を持つことから、筋肉への酸素供給量を高め持久力を向上させる目的で、長距離系スポーツ(自転車競技、クロスカントリーなど)のドーピングに使用されている。2009年には複数の自転車競技選手からEPOが検出された。また2013年1月には、ツール・ド・フランスで7回優勝したランス・アームストロングがオプラ・ウィンフリーとのインタビューで、かつてEPOを使ったドーピングを行なっていたことを認めた。エリスロポエチン フレッシュアイペディアより)

  • ロージー・オドネル

    ロージー・オドネルから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ザ・ロージー・ショウ (2011?) - OWN(オプラ・ウィンフリー・ネットワーク)で放送されているトークショー。ロージー・オドネル フレッシュアイペディアより)

  • アサ・アール・カーター

    アサ・アール・カーターから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーは1994年に『リトル・トリー』を評価したが、後に彼女の推薦図書のリストからこの作品をはずしている。ウィンフリーは「自分の中の一部分はこう言っている、『オーケー、その人物が2面性を持っていて、一方ですばらしい話を書き、もう一方で”隔離政策を永遠に”のスピーチを書くことがあっても、いいのではないか』と・・・しかし、やはり私には受け入れられません」と語った。『リトル・トリー』は文学的な見地からも酷評されている。アメリカ図書館協会の会長であるLorene Roy は「オプラ・ウィンフリーが『リトル・トリー』を薦めたのには驚きました。著者の経歴を置いても、この本は単純なプロットと、ステレオタイプな表現が目立つことで知られているからです」と語った。アサ・アール・カーター フレッシュアイペディアより)

  • エベン・アレグザンダー (作家)

    エベン・アレグザンダー (作家)から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    この本の出版以降、アレグザンダーは世界中の教会、病院、医学大学院、学術シンポジウム等で講演を行っているほか、オプラ・ウィンフリーの「」を含む複数のTV番組にも出演した。エベン・アレグザンダー (作家) フレッシュアイペディアより)

  • ドリー・パートン

    ドリー・パートンから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    パートンは整形手術を受けているという噂で知られている。2003年、『オプラ・ウィンフリー・ショー』にて、オプラ・ウィンフリーはパートンに対して何の美容整形を受けているのかを尋ねた。パートンは美容整形は自身のイメージを守るための必須事項とし、「もし私がもう1度フェイスリフトを受けるとしたら、髭をつける」と冗談で返した。ドリー・パートン フレッシュアイペディアより)

  • リナ・ボヴリース

    リナ・ボヴリースから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    2013年8月6日、 アメリカ テレビ局CBS ロサンゼルス 番組のアンドレア・フジイレポーターとのインタビューで、“私はファッション業界の全ての差別やハラスメントをなくしたいだけ、だって、それは美しくないから”と発言。 2013年12月2日、アメリカ ディズニーABC テレビジョングループ・ユニヴィジョンコミュニケーションズ フュージョンテレビの運営する全米ライブのテレビ新番組 D.N.A. に出演。 番組はニュース、ライフスタイル、ポップカルチャー、エンターテイメントなどを議題に音楽家、アーティストでありオプラ・ウィンフリーとのインタビューやオプラ・ラジオのホストも務めるDerrick Ashongが司会者。 ファッションウィークスペシャルのゲストスピーカーとして出演してファッションについて話した。「誰も自分自身について不快に思ってはいけないわ。自分自身がどのようにプレゼンテーションするかはあなたそのものスタイルであり、あなたが何を着て、どう見えるかはあなた自身の大切な個性なのだから、皆自分自身を心地よく感じるべきです。」リナ・ボヴリース フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・レターマン

    デイヴィッド・レターマンから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    「アメリカでも最も好きなTV司会者」ランキングでは2位に入っており、こちらはレノを下している。ちなみに1位はアフリカ系アメリカ人コメディエンヌのオプラ・ウィンフリーデイヴィッド・レターマン フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示

「オプラ・ウィンフリー」のニューストピックワード