32件中 21 - 30件表示
  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たテネシー州立大学

    子供の頃から頭がよく、奨学金を得てテネシー州立大学(Tennessee State University)で学ぶようになる。高校生の時からラジオに出演していたオプラは、ボルチモアやナッシュヴィルのテレビ局でアンカーマンとして働くようになる。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たナッシュヴィル

    子供の頃から頭がよく、奨学金を得てテネシー州立大学(Tennessee State University)で学ぶようになる。高校生の時からラジオに出演していたオプラは、ボルチモアやナッシュヴィルのテレビ局でアンカーマンとして働くようになる。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たタイム (雑誌)

    非常に影響力を持ったテレビ司会者の1人として知られており、紹介した本は必ず大ヒットしたり、「ヒラリー・クリントンの次に女性大統領になる人物」とまで言わしめる。「タイム」誌が世界で最も影響力のある人物の1人として彼女を取り上げてもいる。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見た文学

    『オプラ』では個人的な意見を述べる手法を取り入れ、フィル・ドナヒューにより開拓された扇情的なトーク番組を大衆化させ、20世紀のタブーを破ってLGBTの人々が主流派に入ることを容認するなど変革をもたらした。1990年代中頃までには文学や自己改善、精神性に焦点を合わせて番組を変えていった。告白文化を誘発して論争の的となる自助流行を促進したとして批判されることがあったが、彼女は他の人の後援者となるために逆境を克服することが賞賛されている。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たアメリカ合衆国

    オプラ・ゲイル・ウィンフリー(Oprah Gail Winfrey, 1954年1月29日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家である。司会を務める番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、多数の賞を受賞している。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たマスメディア

    オーストラリアで収録を行うなどアメリカ国外での知名度はあるものの、それは限定的であり、アメリカの著名俳優に比較すれば外国での知名度が殆ど無い。彼女がニュースになるたびに日本のマスコミは「オプラ・ウィンフリーとは誰か?」といった扱い方をする。著名な司会者であり資産家という共通点のみで「アメリカのみのもんた」という比喩も時折使われるが、デーブ・スペクター曰く「もう少し知的な人」。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たテレビプロデューサー

    オプラ・ゲイル・ウィンフリー(Oprah Gail Winfrey, 1954年1月29日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家である。司会を務める番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、多数の賞を受賞している。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見た2008年アメリカ合衆国大統領選挙

    2008年アメリカ合衆国大統領選挙では早い段階でバラク・オバマ候補への支持を表明し、その後のオバマ旋風のきっかけの一つとなったとされている。2007年12月に行われたオバマの大統領選挙にむけての選挙キャンペーンにかけつけ、スピーチを行った。観客のほとんどはオプラ目当てで、オプラがスピーチをすると大歓声がおこった。これを見た専門家はオプラがオバマを応援することで票に影響がでるのではないかと分析しており、こういったところからもオプラの影響力の大きさがうかがえるオプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見た番組販売

    19歳の時にローカル夕方ニュースの仕事を始めた。彼女の感情的なアドリブは評価され、シカゴの地方局で昼間のトーク番組を担当するようになる。その後CBSディストリビューションによって全米各地に『オプラ・ウィンフリー・ショー』としてシンジケートされ、フィル・ドナヒューは彼女の人気の前に凋落した。世界各地に放送されている。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たインディアン

    ミシシッピ州で、結婚していないティーンエイジャーのカップルの元に生まれたオプラは、ミシシッピ州で生まれミルウォーキーで育った。子供時代を祖母・父親・母親の元を転々として育った。彼女が独自に行ったテストの結果によると、彼女の血筋は89%はブラックアフリカ人で、8%はアメリカインディアンで、3%が東アジア人の系統らしい。9歳から親戚に強姦されるなどの性的虐待を受け、14歳で妊娠し、出産している。産まれた子供は1週間後に病院で亡くなっている。このことから、自身の番組で子供への性的虐待をテーマにあげることも多い。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

「オプラ・ウィンフリー」のニューストピックワード