1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示
  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たミシシッピ州

    ミシシッピ州で、結婚していないティーンエイジャーのカップルの元に生まれたオプラは、ウィスコンシン州のミルウォーキーで育った。子供時代を祖母・父親・母親の元を転々として育った。彼女が独自に行ったテストの結果によると、彼女の血筋は89%はブラックアフリカ人で、8%はアメリカインディアンで、3%が東アジア人の系統らしい。9歳から親戚に強姦されるなどの性的虐待を受け、14歳で妊娠し、出産している。産まれた子供は1週間後に病院で亡くなっている。このことから、自身の番組で子供への性的虐待をテーマにあげることも多い。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見た第75回ゴールデングローブ賞

    2018年1月7日、第75回ゴールデングローブ賞で、功労賞であるセシル・B・デミル賞を黒人女性として初めて受賞。スピーチでTime's Up運動を支持し、二度と#MeTooと言わなくても良い時代へと確実に導くリーダーを求め、計3回スタンディング・オベーションを受けた。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーから見たTime's Up

    2018年1月7日、第75回ゴールデングローブ賞で、功労賞であるセシル・B・デミル賞を黒人女性として初めて受賞。スピーチでTime's Up運動を支持し、二度と#MeTooと言わなくても良い時代へと確実に導くリーダーを求め、計3回スタンディング・オベーションを受けた。オプラ・ウィンフリー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示

「オプラ・ウィンフリー」のニューストピックワード

  • 抑制的に行うという中身を見て判断いただきたい。

  • 本当にやめてほしい

  • 株式取引が正常に行われることは、自由主義経済の根幹だ。