3101件中 91 - 100件表示
  • テミストークレ・ソレーラ

    テミストークレ・ソレーラから見たオペラオペラ

    テミストークレ・ソレーラ(Temistocle Solera, 1815年12月25日 - 1878年4月21日)は、イタリアのオペラ台本作家ならびに作曲家である。ジュゼッペ・ヴェルディ最初期の数作品の台本を提供したことで知られ、その中でも『ナブッコ』は大成功し、ヴェルディの出世作となった。テミストークレ・ソレーラ フレッシュアイペディアより)

  • カメラータ

    カメラータから見たオペラオペラ

    カメラータまたはカメラータ・デ・バルディ (Camerata de' Bardi)とは、16世紀後半のフィレンツェの人文主義者や音楽家、詩人、その他の知識人が、ジョヴァンニ・デ・バルディ伯爵の邸宅に集って結成した音楽サークルの名称を指す。この参加者の議論によって、「古代ギリシャ音楽」の復興、ひいてはオペラの創出が目論まれた。主に1570年代から1580年代にかけてカメラータの集会がもたれ、フィレンツェ中のあらゆる著名人が常客として招かれたことで有名であった。バルディ以外の主要な同人は、ジュリオ・カッチーニ、ピエトロ・ストロッツィ、(ガリレオ・ガリレイの父)ヴィンチェンツォ・ガリレイである。カメラータ フレッシュアイペディアより)

  • スコモローフ

    スコモローフから見たオペラオペラ

    ダニーロフの曲集は、ルーシの生活風俗やエピソードを表現する合唱曲や器楽作品に役立つことになった。例えば、ブィリーナを題材にしたニコライ・リムスキー=コルサコフのオペラ『サトコ』(en)第4場で義勇兵士の歌「高く、高く、天高く」はこの曲集から採られたものである。スコモローフ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・アレグザンダー・マクファーレン

    ジョージ・アレグザンダー・マクファーレンから見たオペラオペラ

    1844年9月27日、マクファーレンはリューベック生まれのクラリーナ・タリア・アンドレ(Clarina Thalia Andrae)と結婚した。彼女はオペラのコントラルト、ピアニストであり、その後ナタリア・マクファーレン(Natalia -)(1827年 - 1916年)として知られるようになる。彼女は王立音楽アカデミーで研鑽を積んだのち、歌手、歌唱指導者または作家としても成功し、翻訳家としては多くのドイツ語の詩や歌曲、オペラの台本を英語に翻訳した。彼女はまた、ピアノ曲を作曲もした。ジョージの弟のウォルター(1826年 - 1905年)はピアニスト、作曲家、王立音楽アカデミーの教授であった。他の兄弟のジョンの妻であるエマ・マリア・マクファーレンもピアニストそして作曲家として活躍した。ジョージ・アレグザンダー・マクファーレン フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・フランクール

    フランソワ・フランクールから見たオペラオペラ

    パリ出身。父のジョゼフはバス・ヴァイオリン奏者で「王の24人のヴァイオリン奏者」の一員だった。15歳で王立音楽アカデミー(現在のパリ国立オペラ)にヴァイオリニストとして入り、ヨーロッパ各地を回った。パリに戻った後はコンセール・スピリチュエルで演奏した。1730年に「王の24人のヴァイオリン奏者」のメンバーに選ばれ、1739年にオペラの音楽教師となった。フランソワ・フランクール フレッシュアイペディアより)

  • コンメディア・デッラルテ

    コンメディア・デッラルテから見たオペラオペラ

    コンメディア・デッラルテは、発祥の地のイタリアのみならず、ヨーロッパ各地で幅広い層に受け入れられた。イギリスのシェイクスピアやフランスのモリエールなどの劇作家にも大きな影響を与えた。また、オペラ・ブッファの諸作品やレオンカヴァッロの『パリアッチ』、リヒャルト・シュトラウスの『ナクソス島のアリアドネ』、プッチーニの『トゥーランドット』等、シナリオや劇構成にコンメディア・デッラルテの要素を取り入れたオペラ作品も数多い。コンメディア・デッラルテ フレッシュアイペディアより)

  • 河村彩

    河村彩から見たオペラ歌手オペラ

    河村 彩(かわむら あや)は日本で活動するミュージカル俳優および元オペラ歌手である。神奈川県川崎市出身。劇団四季所属。河村彩 フレッシュアイペディアより)

  • 土居愛実

    土居愛実から見たオペラオペラ

    土居 愛実(どい めぐみ、1982年6月21日 - )は日本で活動するミュージカル俳優および元オペラ歌手である。東京都調布市出身。劇団四季所属。土居愛実 フレッシュアイペディアより)

  • カプリッチョ (オペラ)

    カプリッチョ (オペラ)から見たオペラオペラ

    『カプリッチョ』(Capriccio)は、リヒャルト・シュトラウスの最後のオペラ。台本は作曲者及びクレメンス・クラウス。カプリッチョ (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • プライド (一条ゆかりの漫画)

    プライド (一条ゆかりの漫画)から見たオペラオペラ

    オペラ歌手を志す麻見史緒は音大卒業を控えたある日、ハウスクリーニングのバイトで家に来た、同じくオペラ歌手を志す苦学生の緑川萌と知り合う。直後、史緒は父の経営する会社が倒産し、イタリア留学してプロを目指すという予定が不可能になってしまう。2人は優勝者に留学と帰国後のCDデビューの権利が与えられるコンクールで再会。史緒の尊大な態度に傷つき嫉妬していた萌は、決勝で史緒の出番直前に「あなたのお母さんはあなたを庇って死んだのよ」という衝撃的な事実を言い放ち、その言葉に動揺した史緒を舞台で失敗させて優勝をもぎ取る。プライド (一条ゆかりの漫画) フレッシュアイペディアより)

3101件中 91 - 100件表示

「オペラ」のニューストピックワード