3101件中 131 - 140件表示
  • 田月仙

    田月仙から見たオペラオペラ

    1985年、オペラ「声」「スペインの時」の主役でオペラデビュー。その後「フィガロの結婚」「サロメ」「道化師」「蝶々夫人」「黄金の国」などの主役を演じる。デビュー以来、コリア歌曲を歌い続け「朝鮮・韓国歌曲がオペラのアリアと同じレベルで紹介されたのは彼女のリサイタルをもつて嚆矢するのではあるまいか。」(1983年アサヒグラフ)と高評された。田月仙 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジェット・ルブラン

    ジョルジェット・ルブランから見たオペラオペラ

    オペラ歌手として名を揚げ、とりわけジュール・マスネの諸作品やビゼーの《カルメン》の解釈で知られた。ベルギー象徴主義の劇作家で詩人のモーリス・メーテルランクとは長年にわたって愛人関係にあり、メーテルランクの戯曲のいくつかは彼女のために書かれている。メーテルランクの戯曲『アリアーヌと青髭』(1899年)と、それを原作とするポール・デュカスの抒情劇『アリアーヌと青髭』(1907年)の両方においてヒロインを演じた。1924年の『人でなしの女』(L'Inhumaine)でも知られているように、映画俳優の先駆者でもあった。晩年は作家に転向して、商業的に成功した2つの自叙伝のほか、児童書や紀行文も手掛けたけた。ちなみにルブランは両性愛者だったとされている。ジョルジェット・ルブラン フレッシュアイペディアより)

  • 岩本達明

    岩本達明から見たオペラオペラ

    1997年、新作オペラ「かわさきふるさとオペラ」の初演指揮者に抜擢される。2002年、三善晃作曲のオペラ「遠い帆」の合唱指揮者として、再演に貢献する。この年から、全日本合唱センターの講師も務める。岩本達明 フレッシュアイペディアより)

  • フランコ・ゼフィレッリ

    フランコ・ゼフィレッリから見たオペラオペラ

    フランコ・ゼフィレッリ(Franco Zeffirelli, 1923年2月12日 - )は、イタリア・フィレンツェ出身の映画監督・脚本家・オペラ演出家、政治家である。フランコ・ゼフィレッリ フレッシュアイペディアより)

  • 世界は俺が回してる

    世界は俺が回してるから見たオペラオペラ

    花から花へ〜オペラ「椿姫」より〜 / エーリヒ・ラインスドルフ世界は俺が回してる フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・スーズダリ大公国

    ウラジーミル・スーズダリ大公国から見たオペラオペラ

    1176年、時のキエフ大公国の大公ユーリー・ドルゴルーキー(手長公)は、息子のフセヴォロド3世(大巣公)に己の旧領ウラジーミル・スーズダリ公の位を与え、そこに国を建設させた。これがウラジーミル大公国の起源である。フセヴォロド3世は大公国の権力強化に専念し、1195年にはルーシ諸公からウラジーミル大公として認められたのである。ちなみに、ボロディンのオペラ『イーゴリ公』として有名な「イーゴリ遠征物語」の主人公イーゴリ公のモデルイーホル・スヴャトスラーヴィチが活躍したのは、フセヴォロド3世の時代である。これは、イーゴリ公とその2番目の妻ヤロスラヴナの愛と嘆きがオペラにされていることで有名である。1212年、フセヴォロド3世は死去し、子のユーリー2世が後継した。ウラジーミル・スーズダリ大公国 フレッシュアイペディアより)

  • オーギュスタ・オルメス

    オーギュスタ・オルメスから見たオペラオペラ

    オーギュスタ・オルメス(オギュスタ・オルメス、Augusta Mary Anne Holmès, 1847年12月18日 - 1903年1月28日)は19世紀フランスの女性作曲家の先駆者。母親はアイルランド人。熱烈なワグネリアンだったことや、女性が職業芸術家になることがはしたないとされた当時の風潮から、当初はヘルマン・ゼンタという偽名で作品を発表した。1871年に正式にフランスに帰化し、姓の綴りもホームズ(Holmes)からオルメス(Holmès)に改めた。主に舞台音楽や声楽曲の作曲家であり、自作の歌曲やオラトリオ、合唱交響曲やオペラに、ワーグナーよろしく手ずから台本を執筆した。現在では忘れられた作曲家の一人であるが、ドビュッシーは音楽評論においてオルメスの訃報をとりあげ、その作品を「健康な音楽である」と評している。またエセル・スマイスは、最晩年のオルメスに表敬訪問を行なっている。オーギュスタ・オルメス フレッシュアイペディアより)

  • 清水金太郎

    清水金太郎から見たオペラオペラ

    日本オペラの黎明期から第一線で活躍した、日本オペラ界の開祖の一人とも言える存在で、大正期の浅草オペラを代表するスターとして、田谷力三と双璧と謳われた。だが、昭和初期に若くして亡くなっている為、現在の知名度においては活躍期間の長かった田谷に劣る。清水金太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ローヤル館

    ローヤル館から見たオペラオペラ

    ローヤル館(ローヤルかん)は、1916年(大正5年)10月1日]]から、1918年(大正7年)2月25日まで、ジョヴァンニ・ヴィットーリオ・ローシーが主宰してオペラ、オペレッタを興行した、東京市赤坂見附にあった小規模な歌劇場。しばしば、地名を冠して赤坂ローヤル館とも称され、また、歌劇団としてはオペラコミック・ローヤル館ともいう。ローヤル館 フレッシュアイペディアより)

  • 高松和夫

    高松和夫から見たオペラ歌手オペラ

    選択的夫婦別姓制度導入に賛成している。高松の妻は、戸籍名としては高松にしているものの旧姓を通称としてオペラ歌手として活動し、普段の生活においてもその旧姓で通している、また、結婚した際には、自身が法務省になんとかして夫婦別姓ができないか、とかけあった、とも自身のブログで述べている。そのような自身の経験からも、女性の社会進出にあたって、「自民党の国会議員の皆さんも家族が崩壊するなどという偏見を捨てて、ここらで夫婦別姓を法的に認める作業を急ぐときである」と同ブログでは述べている。高松和夫 フレッシュアイペディアより)

3101件中 131 - 140件表示

「オペラ」のニューストピックワード