2537件中 11 - 20件表示
  • アダルベルト・ギロヴェッツ

    アダルベルト・ギロヴェッツから見たオペラオペラ

    しかしフランス革命が勃発して、外国人にとって心安い土地ではなくなったことから、1790年にドーヴァー海峡を渡ってロンドンに行き、3年間をその地で過ごす。イギリス時代も相変わらず成功の日々であった。1791年のハイドンのイギリス再訪問の際には、ハイドンの上流階級への紹介を惜しまなかった。この頃オペラ作曲の依頼もあったが、依頼主の劇場が火災に遭ったために、序曲しか完成させなかった。アダルベルト・ギロヴェッツ フレッシュアイペディアより)

  • グンドゥラ・ヤノヴィッツ

    グンドゥラ・ヤノヴィッツから見たオペラオペラ

    グンドゥラ・ヤノヴィッツ(Gundula Janowitz, 1937年8月2日 - )は、ドイツ、ベルリン生まれのオーストリアのオペラ、オラトリオ、コンサート歌手(リリックソプラノ)。グンドゥラ・ヤノヴィッツ フレッシュアイペディアより)

  • オペラシアターこんにゃく座

    オペラシアターこんにゃく座から見たオペラオペラ

    オペラといってもいわゆるグランド・オペラの形式はとらず、多くの演目が基本的にピアノ伴奏のみ、あるいはそれに加えて役者が打楽器や鍵盤ハーモニカを演奏する程度である。ただし一般的におこなわれるような「本来はオーケストラ伴奏のオペラを、代わりにピアノで演奏している」状態とはやや異なり、「はじめからピアノ一台で伴奏するために書かれたオペラ」がほとんどである。そのため、これらのオペラを「ピアノ・オペラ」と呼ぶことがある。「白墨の輪」(林光作曲)、「金色夜叉」(萩京子作曲)などはその代表的な作品とされる。オペラシアターこんにゃく座 フレッシュアイペディアより)

  • カフカスの捕虜

    カフカスの捕虜から見たオペラオペラ

    『カフカスの捕虜』(露:Кавказский пленник)は、ツェーザリ・キュイの作曲した全3幕のオペラである。この作品はプーシキンの同名の詩を基にしており、ヴィクトール・アレクサンドロヴィチ・クルイロフにより台本が執筆された。カフカスの捕虜 フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・マンチーニ

    フランチェスコ・マンチーニから見たオペラオペラ

    フランチェスコ・マンチーニ(Francesco Mancini, 1672年1月16日 ナポリ - 1737年9月22日 ナポリ) はイタリア・ナポリで活躍したナポリ楽派に属するバロック音楽の作曲家、オルガン奏者で、晩年は宮廷楽長でもあった。オペラ、宗教曲を初め各種の作品を残したが、今日では主にリコーダーの作品で知フランチェスコ・マンチーニ フレッシュアイペディアより)

  • フェルディナン・エロルド

    フェルディナン・エロルドから見たオペラオペラ

    ルイ・ジョゼフ・フェルディナン・エロルド(またはエロール、Louis Joseph Ferdinand Hérold, 1791年1月28日 パリ - 1833年1月19日 テルヌ)は19世紀フランスのオペラ作曲家。ピアノ曲や管弦楽曲も数多く手がけた。今日では、オペラ《ザンパ》とその序曲や、バレエ音楽《おてんば娘リーズ》が最も有名である。エロルド家は代々アルザスの音楽家であり、元来、姓の“e”にはアクサンテギュが付かなかった。フェルディナン・エロルド フレッシュアイペディアより)

  • エフスティグネイ・フォミーン

    エフスティグネイ・フォミーンから見たオペラオペラ

    18世紀末から19世紀初頭にかけては、ロシア・オペラの草創期といえる時期に当たり、ロシアではイタリアやフランスの有名作曲家の作品と並んで、ヴァシーリー・パシケーヴィチ(1742年 - 1797年)、ミハイル・ソコロフスキー(生没年不詳)、アレクセイ・ティトーフ(1769年 - 1827年)、ステパン・ダヴィドフ(1777年 - 1825年)らロシアの作曲家によるオペラやバレエ作品が上演された。この中でフォミーンは、短く不遇とされる生涯にもかかわらず、18世紀のロシア・オペラ作曲家としてもっとも傑出した存在と見なされている。エフスティグネイ・フォミーン フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・パヴァロッティ

    ルチアーノ・パヴァロッティから見たオペラオペラ

    ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 - 2007年9月6日)は、イタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=バティスト・リュリ

    ジャン=バティスト・リュリから見たオペラオペラ

    1660年および62年(ルイ14世の結婚の祝祭)にイタリアからピエトロ・フランチェスコ・カヴァッリが訪れオペラを作曲・上演すると、フランスの音楽界は大きく影響を受ける。リュリはカヴァッリの『セルセ』(Xerse、1660年)、『恋するヘラクレス』(Ercole amante、1662年)の上演には付随のバレ音楽を何曲か作曲しているが、このころからさまざまな新しいジャンルの音楽にも手を広げていく。1664年からはモリエールの台本による「コメディ=バレ」(舞踊喜劇)のための楽曲で大きな成功を収める。「二人のバティスト」と呼ばれた彼らの代表作には、『無理強いの結婚』(1664年)、『町人貴族』(1670年)などがあり、モリエールとリュリ本人の出演により王室の劇場で上演された。さらに聖堂付作曲家の地位は得られなかったものの、宗教曲も作曲し、人気を博した。ジャン=バティスト・リュリ フレッシュアイペディアより)

  • カッテリーノ・カヴォス

    カッテリーノ・カヴォスから見たオペラオペラ

    また、ミハイル・グリンカが作曲したオペラ『皇帝に捧げた命』に先立つ20年前に同じ題材のオペラ『イヴァン・スサーニン』を作曲したことでも知られる。カッテリーノ・カヴォス フレッシュアイペディアより)

2537件中 11 - 20件表示

「オペラ」のニューストピックワード