2537件中 21 - 30件表示
  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たオペラオペラ

    幼いころから作曲を学び、東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。YMO時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • エクトル・ベルリオーズ

    エクトル・ベルリオーズから見たオペラオペラ

    1823年にパリ音楽院に入学して、音楽院の教授ジャン=フランソワ・ル・シュウールにオペラと作曲を学ぶ。エクトル・ベルリオーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアキーノ・ロッシーニ

    ジョアキーノ・ロッシーニから見たオペラオペラ

    『セビリアの理髪師』や『ウィリアム・テル』などのオペラ作曲家として最もよく知られているが、宗教曲や室内楽曲なども手がけている。彼の作品は当時の大衆やショパンなど同時代の音楽家に非常に人気があった。ジョアキーノ・ロッシーニ フレッシュアイペディアより)

  • バロック音楽

    バロック音楽から見たオペラオペラ

    バロック音楽は、ヨーロッパにおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽の総称である。一般に通奏低音の使用と、感情に則した劇的表現が特徴であるとされる。今日のオペラの原型や、声楽から独立した形での器楽はこの時期初めて確立された。バロック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ルネサンス

    ルネサンスから見たオペラオペラ

    音楽の分野での「ルネサンス音楽」という用語は、単にルネサンス期に作られた音楽という意味合いが強く、実際に音楽家たちが「復興」を意識するようになったのはルネサンス末期である。16世紀後半フィレンツェ、ジョヴァンニ・デ・バルディ伯をパトロンとして、カメラータと呼ばれる研究グループが結成され、「古代ギリシア音楽の復興」を目指す試みがなされた。主要なメンバーは、ジュリオ・カッチーニ、リュート奏者ヴィンチェンツォ・ガリレイ(科学者ガリレオ・ガリレイの父)、ピエトロ・ストロッツィである。彼らは従来のポリフォニー音楽では均整の取れた美しさと引き換えに歌詞が聞き取りづらいことを批判して、より人間の感情を強調できるモノディ様式とよばれる独唱のスタイルを生み出し、その成果はバロック音楽への発展に繋がった。また、カメラータの活動に刺激された同時代の作曲家は、ギリシア悲劇を思想上の範としてオペラを創出し、ヤコポ・ペーリの『ダフネ』(確認できるうちでは最古のオペラ)や、クラウディオ・モンテヴェルディの『ポッペーアの戴冠』といった傑作が生まれた。ルネサンス フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ

    オーケストラから見たオペラオペラ

    現在の弦楽合奏に管楽器の加わった管弦楽の起源としては、ヴェネツィア楽派の大規模な教会音楽や、その後のオペラの発展が重要である。オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・ワーグナー

    リヒャルト・ワーグナーから見たオペラオペラ

    ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner 発音例 , 1813年5月22日 ライプツィヒ - 1883年2月13日 ヴェネツィア)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者である。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。リヒャルト・ワーグナー フレッシュアイペディアより)

  • ツェーザリ・キュイ

    ツェーザリ・キュイから見たオペラオペラ

    ツェーザリ・アントーノヴィチ・キュイ(, 1835年1月18日 ヴィリニュス - 1918年3月26日)は、ロシアの作曲家、音楽評論家・軍人で、ロシア五人組の一人である。民族的にはロシア人ではなく、母はリトアニア人、父がフランス人の混血である。日本では、作曲者自身の用いたフランス語表記に従って、セザール・キュイ('')と呼ばれることが多い。五人組の中ではもっとも目立たないが、10曲のオペラを残したほか、ピアノ曲『25の前奏曲』など素朴な作品もある。五人組の中では長寿に恵まれ、厖大な作品数を残した。ツェーザリ・キュイ フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2007年

    訃報 2007年から見たオペラオペラ

    2月1日 - ジャン=カルロ・メノッティ、オペラ作曲家(* 1911年)訃報 2007年 フレッシュアイペディアより)

  • ベドルジハ・スメタナ

    ベドルジハ・スメタナから見たオペラオペラ

    ベドジフ・スメタナ(またはベドルジハ・- / ベトルジヒ・-、チェコ語:?sm?tana 、1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。ドイツ語名、フリードリヒ・スメタナ ()でも知られる。スメタナは、チェコの独立国家への願望、民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者である。そのため、出身地であるチェコにおいて、広くチェコ音楽の祖とみなされている。国際的には、6つの交響詩から成る『わが祖国』と、オペラ『売られた花嫁』、弦楽四重奏曲『弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」』で知られる。『わが祖国』は、スメタナの祖国であるチェコの歴史、伝説、風景を描写した作品で、第2番の「ヴルタヴァ」(モルダウ)が特に著名である。ベドルジハ・スメタナ フレッシュアイペディアより)

2537件中 21 - 30件表示

「オペラ」のニューストピックワード