3101件中 21 - 30件表示
  • グンドゥラ・ヤノヴィッツ

    グンドゥラ・ヤノヴィッツから見たオペラオペラ

    グンドゥラ・ヤノヴィッツ(Gundula Janowitz, 1937年8月2日 - )は、ドイツ、ベルリン生まれのオーストリアのオペラ、オラトリオ、コンサート歌手(リリックソプラノ)。グンドゥラ・ヤノヴィッツ フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・パヴァロッティ

    ルチアーノ・パヴァロッティから見たオペラオペラ

    ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 - 2007年9月6日)は、イタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=バティスト・リュリ

    ジャン=バティスト・リュリから見たオペラオペラ

    1660年および62年(ルイ14世の結婚の祝祭)にイタリアからピエトロ・フランチェスコ・カヴァッリが訪れオペラを作曲・上演すると、フランスの音楽界は大きく影響を受ける。リュリはカヴァッリの『セルセ』(Xerse、1660年)、『恋するヘラクレス』(Ercole amante、1662年)の上演には付随のバレエ音楽を何曲か作曲しているが、この頃から様々な新しいジャンルの音楽にも手を広げていく。1664年からはモリエールの台本による「コメディ=バレ」(舞踊喜劇)のための楽曲で大きな成功を収める。「二人のバティスト」と呼ばれた彼らの代表作には、『無理強いの結婚』(1664年)、『町人貴族』(1670年)などがあり、モリエールとリュリ本人の出演により王室の劇場にて上演された。更に聖堂付作曲家の地位は得られなかったものの、宗教曲も多数作曲し、広く人気を博した。ジャン=バティスト・リュリ フレッシュアイペディアより)

  • 梶井基次郎

    梶井基次郎から見たオペラオペラ

    1919年(大正8年)9月、三高理科甲類に入学した基次郎は、同校に一緒に進んだ北野中学時代の友人ら(宇賀康、中出丑三、矢野繁)と交遊。彼らの下宿を廻った。矢野が持っていた蓄音機でクラシックレコードをかけてヴァイオリンを弾き、みんなで楽譜を片手にオペラを歌うなど楽しい時を過ごした。梶井基次郎 フレッシュアイペディアより)

  • オペラシアターこんにゃく座

    オペラシアターこんにゃく座から見たオペラオペラ

    オペラといってもいわゆるグランド・オペラの形式はとらず、多くの演目が基本的にピアノ伴奏のみ、あるいはそれに加えて役者が打楽器や鍵盤ハーモニカを演奏する程度である。ただし一般的におこなわれるような「本来はオーケストラ伴奏のオペラを、代わりにピアノで演奏している」状態とはやや異なり、「はじめからピアノ一台で伴奏するために書かれたオペラ」がほとんどである。そのため、これらのオペラを「ピアノ・オペラ」と呼ぶことがある。「白墨の輪」(林光作曲)、「金色夜叉」(萩京子作曲)などはその代表的な作品とされる。オペラシアターこんにゃく座 フレッシュアイペディアより)

  • ルネサンス

    ルネサンスから見たオペラオペラ

    音楽の分野での「ルネサンス音楽」という用語は、ルネサンス期に作られた音楽という意味合いが強く、実際に音楽家たちが「復興」を意識するようになったのはルネサンス末期である。16世紀後半のフィレンツェで、ジョヴァンニ・デ・バルディ伯をパトロンとして、カメラータと呼ばれる研究グループが結成され、「古代ギリシア音楽の復興」を目指す試みがなされた。主要なメンバーは、ジュリオ・カッチーニ、リュート奏者ヴィンチェンツォ・ガリレイ(科学者ガリレオ・ガリレイの父)、ピエトロ・ストロッツィである。彼らは従来のポリフォニー音楽では均整の取れた美しさと引き換えに歌詞が聞き取りづらいことを批判して、より人間の感情を強調できるモノディ様式とよばれる独唱のスタイルを生み出し、その成果はバロック音楽への発展に繋がった。また、カメラータの活動に刺激された同時代の作曲家は、ギリシア悲劇を思想上の範としてオペラを創出し、ヤコポ・ペーリの『ダフネ』(確認できるうちでは最古のオペラ)や、クラウディオ・モンテヴェルディの『ポッペーアの戴冠』といった傑作が生まれた。ルネサンス フレッシュアイペディアより)

  • エクトル・ベルリオーズ

    エクトル・ベルリオーズから見たオペラオペラ

    1823年にパリ音楽院に入学して、音楽院の教授ジャン=フランソワ・ル・シュウールにオペラと作曲を学ぶ。エクトル・ベルリオーズ フレッシュアイペディアより)

  • 歌曲

    歌曲から見たオペラオペラ

    オペラ、オラトリオなどの大規模な声楽作品の中の1曲や一部分としての声楽曲は歌曲とは通常呼ばない。アリア、カヴァティーナ、カバレッタその他、その性格によって呼び分けている。歌曲 フレッシュアイペディアより)

  • オーケストラ

    オーケストラから見たオペラオペラ

    現在の弦楽合奏に管楽器の加わった管弦楽の起源としては、ヴェネツィア楽派の大規模な教会音楽や、その後のオペラの発展が重要である。古典派期には交響曲や協奏曲、オペラの伴奏として大いに発展し、コンサートホールでの演奏に適応して弦楽を増やし大規模になり、またクラリネットなど新しい楽器が加わって、現在のような形となった。グルックのオペラ『オルフェオとエウリディーチェ』において、ピッコロ、クラリネット、バスドラム、トライアングル、シンバルがオーケストラに加わった。オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • ベドルジハ・スメタナ

    ベドルジハ・スメタナから見たオペラオペラ

    ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、 、1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。ドイツ語名のフリードリヒ・スメタナ ()でも知られる。スメタナは、当時、オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア帝国)によって支配されていたチェコの独立国家への願望、チェコ民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者である。そのため祖国チェコにおいては、広くチェコ音楽の祖とみなされている。国際的には、6つの交響詩から成る『わが祖国』と、オペラ『売られた花嫁』、弦楽四重奏曲『弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」』で知られる。『わが祖国』は、スメタナの祖国であるチェコの歴史、伝説、風景を描写した作品で、第2曲の「ヴルタヴァ」(モルダウ)が特に著名である。ベドルジハ・スメタナ フレッシュアイペディアより)

3101件中 21 - 30件表示

「オペラ」のニューストピックワード