3101件中 31 - 40件表示
  • オラトリオ

    オラトリオから見たオペラオペラ

    世界で最初のオラトリオは1600年にエミリオ・デ・カヴァリエーリが作曲した『魂と肉体の劇(La reppresentation di Anima et li Corpo)』とされていたが、彼は宗教的内容を扱ったオペラをつくったつもりであり、そしてそれを流行らせることが目的であった。この曲は世界初のオラトリオではなかったが、レチタティーヴォ様式を取り入れたことなどを踏まえて、彼が現在のオラトリオの下地を作ったといえる。オラトリオ フレッシュアイペディアより)

  • 田村麻子

    田村麻子から見たオペラオペラ

    1997年プラシド・ドミンゴ国際オペラ・コンクールに最年少での入選を始め、ジュゼッペ・ディ・ステファノ国際コンクール(イタリア)第1位など世界の主要コンクールで上位入賞。2002年『三大テノール・コンサート』でドミンゴ、故パヴァロッティ、カレーラスらと共演。07年ニューヨークのリンカーン・センターでのデビューでは、急遽アプリーレ・ミッロの代役を務め、ニューヨーク・タイムズ紙において高い評価を受けた。田村麻子 フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・ワーグナー

    リヒャルト・ワーグナーから見たオペラオペラ

    ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー( 発音例 、1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者である。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。リヒャルト・ワーグナー フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たオペラオペラ

    幼いころから作曲を学び、東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロやKYLYNバンドのメンバーとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。YMO時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • アダルベルト・ギロヴェッツ

    アダルベルト・ギロヴェッツから見たオペラオペラ

    しかしフランス革命が勃発して、外国人にとって心安い土地ではなくなったことから、1790年にドーヴァー海峡を渡ってロンドンに行き、3年間をその地で過ごす。イギリス時代も相変わらず成功の日々であった。1791年のハイドンのイギリス再訪問の際には、ハイドンの上流階級への紹介を惜しまなかった。この頃オペラ作曲の依頼もあったが、依頼主の劇場が火災に遭ったために、序曲しか完成させなかった。アダルベルト・ギロヴェッツ フレッシュアイペディアより)

  • 林田直樹 (音楽ジャーナリスト)

    林田直樹 (音楽ジャーナリスト)から見たオペラオペラ

    クラシック音楽を足場にオペラやバレエからクロスオーバーや現代音楽まで、ジャンルにこだわらない自在で横断的な執筆と講演活動を行う。林田直樹 (音楽ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • 柏田ほづみ

    柏田ほづみから見たオペラオペラ

    柏田 ほづみ (かしわだ ほづみ) は日本のソプラノ歌手である。クラシックの声楽を学んだ経験から生み出された「倍音」と呼ばれる独特の声の響きが大きな特徴である。現在はオペラやクラシックをベースにしたヒーリング音楽を世界に向けて発信している。2015年岩手県久慈市のふるさと大使に任命される。柏田ほづみ フレッシュアイペディアより)

  • ホレイショ・パーカー

    ホレイショ・パーカーから見たオペラオペラ

    パーカーは、ラテン語のオラトリオ「最後の審判Hora novissima」の作曲家として以外はほとんど忘れられているが、ドイツ保守派の伝統を汲む多作で辣腕の作曲家であり、2つのオペラや歌曲、オルガン曲、舞台音楽、おびただしい数の管弦楽伴奏の合唱曲を作曲した。「最後の審判」は、父親と幼い息子の相次ぐ死に衝撃を受けて作曲された哀悼音楽であり、アメリカだけでなく、イギリスにおいても好評を博したが、エルガーには斥けられた。存命中は、非常に高度な作曲様式に通じた職人的芸術家として、アメリカで最高の作曲家と見なされていた。多数の歌曲と合唱曲、ピアノ曲のほか、オペラ「モナ」、ニールセン風の発展的調性を取り入れた交響詩「北国のバラード」、「オルガンと弦楽合奏、打楽器のための協奏曲変ホ短調」などの作品がある。ホレイショ・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルヘルム・ゲーリケ

    ヴィルヘルム・ゲーリケから見たオペラオペラ

    シュタイアーマルクのシュヴァンベルクに生まれる。ウィーンに学んだ後、リンツやウィーンでオペラ指揮者として活躍。ワーグナーの楽劇《タンホイザー》のウィーン初演を指揮し、さらにイタリア・オペラやフランス・オペラをウィーンで上演するのに尽力した。ヴィルヘルム・ゲーリケ フレッシュアイペディアより)

  • ペトロニオ・フランチェスキーニ

    ペトロニオ・フランチェスキーニから見たオペラオペラ

    ボローニャ出身。ボローニャ、次いでローマで音楽を学んだ。ボローニャに戻った後、アカデミア・フィラルモニカの創設メンバーとなり、1673年には会長に選出された。1675年から1680年まで聖ペトロニオ教会オーケストラの首席チェロ奏者を務めた。その後ヴェネツィアでオペラの作曲を行ったが、ほどなくして死去した。弟子にジャコモ・アントニオ・ペルティやドメニコ・ガブリエッリらがいる。ペトロニオ・フランチェスキーニ フレッシュアイペディアより)

3101件中 31 - 40件表示

「オペラ」のニューストピックワード