2537件中 41 - 50件表示
  • シジズモンド・ディンディア

    シジズモンド・ディンディアから見たオペラオペラ

    ディンディアはオペラ誕生の地フィレンツェや、モンテヴェルディが仕官していたマントヴァにいたことが知られている。ナポリではおそらくジェズアルドに会っており、1610年までにパルマやピアチェンツァに滞在していた。翌1611年、サヴォイア公国に指揮者として雇われ、1623年までトリノに過ごした。この頃が最も創造力旺盛で、1600年から1610年までに聞き知り、吸収した様々な種類の音楽を融合させ、ディンディア独自の統一のとれた様式を編み出していった。シジズモンド・ディンディア フレッシュアイペディアより)

  • カメラータ

    カメラータから見たオペラオペラ

    カメラータとは、16世紀後半のフィレンツェの人文主義者や音楽家、詩人、その他の知識人が、ジョヴァンニ・デ・バルディ伯爵の邸宅に集って結成した音楽サークルの名称を指す。この参加者の議論によって、「古代ギリシャ音楽」の復興、ひいてはオペラの創出が目論まれた。主に1570年代から1580年代にかけてカメラータの集会がもたれ、フィレンツェ中のあらゆる著名人が常客として招かれたことで有名であった。バルディ以外の主要な同人は、ジュリオ・カッチーニ、ピエトロ・ストロッツィ、(ガリレオ・ガリレイの父)ヴィンチェンツォ・ガリレイである。カメラータ フレッシュアイペディアより)

  • ウジェーヌ・ボザ

    ウジェーヌ・ボザから見たオペラオペラ

    ボザはニースにイタリア人とフランス人の両親の間に生まれ、幼少期からヴァイオリンを学んだ後、パリ音楽院でアンリ・ビュッセル、ジャック・イベールらに師事、作曲・指揮およびヴァイオリンを学んだ。彼の作品には5つの交響曲、オペラ「レオニーダス Leonidas」(1947年)、バレエ「海原の戯れ Jeux de plage」(1950年)、および多数の管楽アンサンブル曲があるが、作品の大部分は母国フランスで演奏されることは希である。1934年には、カンタータ「ルクマニの伝説 La légende de Roukmāni」でローマ大賞を受賞した。ウジェーヌ・ボザ フレッシュアイペディアより)

  • ペレアスとメリザンド (シェーンベルク)

    ペレアスとメリザンド (シェーンベルク)から見たオペラオペラ

    交響詩『ペレアスとメリザンド』作品5("Pelleas und Melisande" Symphonische Dichtung, op.5)は、アルノルト・シェーンベルクが1902年から1903年にかけて作曲したオーケストラ作品で、シェーンベルク唯一の交響詩である。なお、最初の構想ではドビュッシー同様オペラを書く予定でいたが、彼が先に書いて大成功してしまったので、最終的には交響詩に落ち着いた。ドビュッシーの同名のオペラ、フォーレ、シベリウスの劇付随音楽(ともに組曲に編曲)と同様に、メーテルランクの『ペレアスとメリザンド』に基づく。ペレアスとメリザンド (シェーンベルク) フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ

    アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリから見たオペラオペラ

    グレトリはリエージュの貧しい音楽家の家に生まれ、サン・ドニ教会で聖歌隊員を務めた。その後はリエージュの教会オルガニストや楽長に師事して鍵盤楽器や作曲を学んだ。しかしグレトリにより大きな影響を与えたのは、イタリア・オペラ団の公演に出演した際に受けた実践的指導であった。この時に彼はガルッピやペルゴレージらのオペラを耳にし、すぐに自分自身の勉強をイタリアで完成させたいという希望を抱いた。そのために必要な資金を稼ぐため、彼は1759年にリエージュ大聖堂の司教たちに献呈するミサ曲を作曲し、ユルレ司教(Canon Hurley)が自腹を切ってくれた資金でグレトリは同年3月にイタリアへ向かった。ローマに着いたグレトリはこの地で5年間を過ごし、ジョヴァンニ・バッティスタ・カザーリに師事して音楽教育を貫徹した。しかしながら彼の和声や対位法の面での進歩は、彼自身の信念のゆえに、常にゆっくりとしたものであった。アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ フレッシュアイペディアより)

  • 清水金太郎

    清水金太郎から見たオペラオペラ

    日本オペラの黎明期から第一線で活躍した、日本オペラ界の開祖の一人とも言える存在で、大正期の浅草オペラを代表するスターとして、田谷力三と双璧と謳われた。だが、昭和初期に若くして亡くなっている為、現在の知名度においては活躍期間の長かった田谷に劣る。清水金太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン国立歌劇場管弦楽団

    ウィーン国立歌劇場管弦楽団から見たオペラオペラ

    ウィーン国立歌劇場管弦楽団(Wiener Staatsoper Orchester)は、ウィーン国立歌劇場の専属オーケストラ。ヨーロッパの著名オペラオーケストラである。定員150名(六管編成)。毎年9月1日から翌6月30日までのシーズンに約300(正確には297回)のオペラ・バレエ公演を行う。このウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバーが、自主運営団体としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を組織してコンサート活動を行っている。ウィーン国立歌劇場管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 志村年子

    志村年子から見たオペラオペラ

    志村 年子(しむら としこ)は、日本のオペラ歌手(メゾソプラノ)。二期会会員。桐朋学園大学音楽学部、フランクフルト国立音楽大学卒業。畑中良輔と畑中更予に師事。志村年子 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・コルンドルフ

    ニコライ・コルンドルフから見たオペラオペラ

    1965年より1970年までモスクワ音楽院でセルゲイ・バラサニアンに作曲法を師事。この期間に1幕オペラ《…についての物語()》(セミヨン・キルサノフ原作)を作曲し、大学院課程在籍中の1973年には、アレクサンドル・プーシキンの原作により歌劇《黒死病の時代の饗宴》を作曲した。1967年から1979年までレフ・ギンズブルクに指揮法を師事するかたわら、1972年から1991年までモスクワ音楽院で作曲法と管弦楽法の教師を務めた。1973年にソ連作曲家同盟に入会し、その後は同同盟のモスクワ支部最高会議幹部会の理事となった。ソ連現代音楽協会(ACM)が再興されるにあたって、共同設立者に名を連ね、会長代理に就任している。ニコライ・コルンドルフ フレッシュアイペディアより)

  • ジロー・オペラ賞

    ジロー・オペラ賞から見たオペラ歌手オペラ

    第二国立劇場オープンこそが、藤原義江から中山悌一らに受け継がれた日本人のオペラ歌手の活動の発展と希望の象徴であった。ジロー・オペラ賞 フレッシュアイペディアより)

2537件中 41 - 50件表示

「オペラ」のニューストピックワード