3101件中 41 - 50件表示
  • ホパーク

    ホパークから見たオペラオペラ

    19世紀にホパーク風の舞踊は農奴と農民の劇場で演じられるようになり、それが人気を博すとプロの劇団もそれを自らのレパートリーに採り入れるようになった。1832年にその舞踊は『ナタールカ・ポルターウカ』においてオペラの中で初めて披露された。これをきっかけにウクライナの伝統舞踊への関心が高まり、20世紀初頭にウクライナの音楽学者、ヴァスィーリ・ヴェルホヴィーネツィがコサック・ホパークの復元を試みた。ホパーク フレッシュアイペディアより)

  • 前奏曲 (フォーレ)

    前奏曲 (フォーレ)から見たオペラオペラ

    なお、「前奏曲」と題したフォーレの作品として、このほかピアノのための『前奏曲とフーガ』(作品84-6、1869年作曲)、『前奏曲』ハ長調(作品番号なし、1897年作曲)、オーケストラ作品では『ペレアスとメリザンド』、オペラ『ペネロープ』、悲歌劇『プロメテ』の各前奏曲がある。前奏曲 (フォーレ) フレッシュアイペディアより)

  • グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ サウンドトラック

    グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ サウンドトラックから見たオペラオペラ

    ゲームの舞台となる1998年を背景として、ドラムンベースやソフトロック、オペラなどのジャンルが盛り込まれている。グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ サウンドトラック フレッシュアイペディアより)

  • 国民劇場 (プラハ)

    国民劇場 (プラハ)から見たオペラオペラ

    今日では、国民劇場はオペラ、バレエ、演劇を提供している。いずれも、著名なクラシックなどに限定せず、地域のものや現代のものも上演している。国民劇場 (プラハ) フレッシュアイペディアより)

  • チェロソナタ第1番 (フォーレ)

    チェロソナタ第1番 (フォーレ)から見たオペラオペラ

    曲はチェリスト、指揮者のルイ・アッセルマン(:fr:Louis Hasselmans, 1878年 - 1957年。表記はアッセルマンスとも)に献呈された。ルイは、パリ音楽院のフォーレの同僚でハープ科教授だったアルフォンス・アッセルマン(1845年 - 1912年)の息子であり、1913年にフォーレのオペラ『ペネロープ』(:en:Pénélope)をパリで初演していた。チェロソナタ第1番 (フォーレ) フレッシュアイペディアより)

  • 郭芝苑

    郭芝苑から見たオペラオペラ

    1946年、台湾に戻った。1950年、台湾省音楽コンクールで作曲部門第一位を獲得。1966年、作曲を学びなおすために東京芸術大学に入学。1969年に卒業作品としてエドワード・エルガーの『威風堂々』を模した行進曲『大台北』を作曲した。1986年、青少年のためのオペラ『牛郎織女』を作曲し、パリで上演された。1994年に国家文芸奨を受章し、1999年に台湾文化栄誉博士の称号を得た。2001年には静宜大学から名誉博士号を贈られた。郭芝苑 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・コルンドルフ

    ニコライ・コルンドルフから見たオペラオペラ

    1965年より1970年までモスクワ音楽院でセルゲイ・バラサニアンに作曲法を師事。この期間に1幕オペラ《…についての物語()》(セミヨン・キルサノフ原作)を作曲し、大学院課程在籍中の1973年には、アレクサンドル・プーシキンの原作により歌劇《黒死病の時代の饗宴》を作曲した。1967年から1979年までレオ・ギンズブルクに指揮法を師事するかたわら、1972年から1991年までモスクワ音楽院で作曲法と管弦楽法の教師を務めた。1973年にソ連作曲家同盟に入会し、その後は同同盟のモスクワ支部最高会議幹部会の理事となった。ソ連現代音楽協会(ACM)が再興されるにあたって、共同設立者に名を連ね、会長代理に就任している。ニコライ・コルンドルフ フレッシュアイペディアより)

  • パヴェル・ブベリニコフ

    パヴェル・ブベリニコフから見たオペラオペラ

    レニングラードに生まれる。レニングラード音楽院でイリヤ・ムーシンに学び、1968年から1993年までレニングラード国立歌劇場管弦楽団(旧マールイ劇場のオーケストラ)の指揮者をつとめる。1987年には舞台演出家のアレクサンドル・ペトロフとともにZazerkalye国立児童音楽劇場を創設し、その首席指揮者に就任して現在に至る。また2004年から2005年にかけてマリインスキー劇場の客演指揮者としてアメリカ、イギリス、カナダ、日本等で公演。2006年3月にはモスクワのガリーナ・ヴィシネフスカヤ・オペラ・センターでチャイコフスキーのオペラ「イオランタ」を指揮、サンクトペテルブルクのエルミタージュ劇場でも同じ公演を行う。ゲンナジー・バンシチコフのオペラ「メルポメネーの恋人」を初演したことで知られる。ロシア国民芸術家の称号を得ている。パヴェル・ブベリニコフ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ミニョーネ

    フランシスコ・ミニョーネから見たオペラオペラ

    フランシスコ・パウロ・ミニョーネ(Francisco Paulo Mignone、1897年9月3日 - 1986年2月2日)はブラジル・クラシック音楽を代表する作曲家。ヴィラ=ロボス以降では最も重要な作曲家の一人とされる。1968年には「ブラジリアン・コンポーザー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。サンパウロ音楽院とミラノ音楽院を卒業したミニョーネは1929年にサンパウロに帰還し、和声の教鞭を執り始める。1933年にはリオ・デ・ジャネイロに所在する国立音楽院に移動。彼は大変な多作家であり、作曲方面は歌曲を始め、ピアノ曲、室内楽曲、合唱曲など多岐に渡る。更に5曲のオペラと8曲のバレエ曲を残した。フランシスコ・ミニョーネ フレッシュアイペディアより)

  • 舟歌 (フォーレ)

    舟歌 (フォーレ)から見たオペラオペラ

    声楽曲ではシューベルトの歌曲が有名であり、ウェーバーやロッシーニ、オッフェンバックらのオペラ作品にも舟歌の様式を持つ音楽が用いられた。舟歌 (フォーレ) フレッシュアイペディアより)

3101件中 41 - 50件表示

「オペラ」のニューストピックワード