3101件中 51 - 60件表示
  • ヨハン・フィリップ・クリーガー

    ヨハン・フィリップ・クリーガーから見たオペラオペラ

    ヨハン・フィリップ・クリーガー(Johann Philipp Krieger, *1649年2月26日 ニュルンベルク - †1725年2月6日 ヴァイセンフェルス)はドイツ盛期バロック音楽の作曲家・オルガン奏者。高名ではなかったが、17世紀末から18世紀最初の四半世紀において、鍵盤楽曲やトリオ・ソナタ、オペラなどに質の高い作品を遺した。ヨハン・フィリップ・クリーガー フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッピーナ・ストレッポーニ

    ジュゼッピーナ・ストレッポーニから見たオペラオペラ

    ジュゼッピーナ・ストレッポーニはローディ(当時オーストリア帝国領、現イタリア・ローディ県の県都)に生まれた。父親のフェリチアーノ(1797年-1832年)はモンツァ大聖堂のオルガン奏者であり、またいくつかのオペラも作曲した人物であった。ジュゼッピーナはミラノ音楽院でピアノと声楽を学び、うち声楽で優等の成績を収めた。ジュゼッピーナ・ストレッポーニ フレッシュアイペディアより)

  • ポントの王ミトリダーテ

    ポントの王ミトリダーテから見たオペラオペラ

    『ポントの王ミトリダーテ』(Mitridate, re di Ponto)K.87(74a) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した3幕からなるオペラ。モーツァルトの最初のオペラ・セリアである。ポントの王ミトリダーテ フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ三重奏曲 (フォーレ)

    ピアノ三重奏曲 (フォーレ)から見たオペラオペラ

    楽章冒頭のヴァイオリンとチェロによるオクターヴ・ユニゾン音型については、イタリアの作曲家レオンカヴァッロ(1857年 - 1919年)のオペラ『道化師』(1892年)で歌われるカニオのアリア「衣装を着けろ」の中の「さらば歌え、道化師(パリアッチ)よ」との類似がしばしば指摘されている。ピアノ三重奏曲 (フォーレ) フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市演奏協会

    神戸市演奏協会から見たオペラオペラ

    公益財団法人神戸市演奏協会(こうべしえんそうきょうかい)は、神戸在住あるいは関係する音楽家によるオペラ演奏会などを実施している公益法人。兵庫県知事認定の公益財団法人。神戸市演奏協会 フレッシュアイペディアより)

  • ヤコヴ・ゴトヴァツ

    ヤコヴ・ゴトヴァツから見たオペラオペラ

    スプリト出身。ザグレブで法律を学んでいたが、1920年に作曲に転向し、ウィーンに留学。帰国後の1922年にシベニクでフィルハーモニア協会を設立。翌年にサグレブに移動し、クロアチア国立劇場でオペラの指揮をしたりするなど、作曲家・指揮者として終生ウィーンで活動した。主な作品にオペラ「いたずら者エロ」があり、5つの大陸で演奏され、9つの言語に翻訳され、ヨーロッパだけでも80を超える劇場で上演された。他に「交響的コロ」などの管弦楽、ピアノ曲、歌曲など多数の作品がある。作風は民謡を創作の源とした後期国民楽派である。ヤコヴ・ゴトヴァツ フレッシュアイペディアより)

  • コンラディン・クロイツァー

    コンラディン・クロイツァーから見たオペラオペラ

    コンラディン・クロイツァー(Conradin Kreutzer、1780年11月22日(メスキルヒ(ジークマリンゲン郊外)) - 1849年12月14日(リガ))は、ドイツのビーダーマイヤー期を代表するオペラ作曲家・指揮者。コンラディン・クロイツァー フレッシュアイペディアより)

  • エッベ・ハメリク

    エッベ・ハメリクから見たオペラオペラ

    コペンハーゲン出身。作曲家アスガー・ハメリクの子。ソレの学校に在学中から作曲を行い、1916年に卒業した後は本格的に音楽を学ぶようになった。フランク・ヴァン・デア・シュトゥッケンに師事した後の1919年にアマチュアオーケストラの指揮者としてデビューした。やがて能力を認められ、1919年から1922年までコペンハーゲン王立劇場の合唱指揮者を務め、1920年にはクリストフ・ヴィリバルト・グルックのオペラ『オルフェオとエウリディーチェ』でカペルマイスターとしてデビューした。エッベ・ハメリク フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・ストラデッラ

    アレッサンドロ・ストラデッラから見たオペラオペラ

    1677年にヴェネツィア共和国に行き、さる高貴なる人物により、その愛人の音楽教師に雇われる。おおかたの予想通りに、またしてもその女性と関係を結び、しかもそれが露見したため、またもや逃亡生活に入る。件のヴェネツィア貴族は、殺し屋一味を雇い入れ、ストラデッラを追跡して殺害するように命じたが、ストラデッラは辛くも魔の手から逃げおおせ、今度はジェノヴァでオペラやカンタータの作曲家として活躍をするが、今度も懲りずに女遊びを始めたところを、とうとう暗殺者に押さえ込まれ、そしてあっけなく刺し殺された。アレッサンドロ・ストラデッラ フレッシュアイペディアより)

  • バルダッサーレ・ガルッピ

    バルダッサーレ・ガルッピから見たオペラオペラ

    最初のオペラの試作品《移り気な信頼、あるいは競い合う友人たちLa fede nell'incostanza ossia gli amici rivali 》(1722年)は、客席から野次り倒され上演が続かず、記録的な大失敗となった。その後アントニオ・ロッティに音楽を学び、フィレンツェでチェンバロ奏者として活動した後ヴェネツィアに戻って、再びオペラ創作を試みる。今度のオペラ・セリア《ドリンダDorinda 》(1729年)は成功し、劇場におけるガルッピの活動の出発点となった。バルダッサーレ・ガルッピ フレッシュアイペディアより)

3101件中 51 - 60件表示

「オペラ」のニューストピックワード