2537件中 61 - 70件表示
  • ジュゼッペ・カンビーニ

    ジュゼッペ・カンビーニから見たオペラオペラ

    1765年頃にマンフレーディ、ルイジ・ボッケリーニ、ピエトロ・ナルディーニと共に弦楽四重奏団を組み、ヴィオラ奏者としてヨーロッパ中を演奏旅行して評判になった。1770年にナポリでオペラ作曲家としてデビューしたが成功せず、その後アフリカ旅行中に海賊に襲われ、数年間奴隷にされたと伝えられる。1773年パリに移り住み、同地で多くの作品を発表し、やがて最も人気のある作曲家の一人となった。ジュゼッペ・カンビーニ フレッシュアイペディアより)

  • セレナーデ

    セレナーデから見たオペラオペラ

    最も古い用法でありながら、こんにち口語に残っている「セレナーデ」は、親しい相手や、その他の称賛すべき人物のために、夕方しばしば屋外で演奏される音楽を指す。このような意味によるセレナーデは、中世もしくはルネサンスにさかのぼり、「セレネイド(serenade)」という英語は、通常はこの慣わしに関連して使われる。たいていは一人の歌い手が、携行可能な楽器(リュートやギターなど)を手ずから弾きつつ熱唱する、というパターンはあるが、特定の音楽形式が存在するわけではない。この意味でのセレナーデは、時代が下がってからも登場し、しばしば古い時代を舞台とするオペラのアリアに見受けられる(たとえばモーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》など)。また、シューベルトやリヒャルト・シュトラウスの歌曲に「セレナーデ」と題するものがあるが、明らかに恋人や女性に歌って聞かせる種類のものである。セレナーデ フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・マンスフィールド

    キャサリン・マンスフィールドから見たオペラオペラ

    短い一生の間にマンスフィールドは多くの愛を失っている。1906年に帰郷した際、恋愛関係をもち、その後も音楽家のガーネット・トローウェル (Garnett Trowell) と恋に落ち子供を宿すが、流産してしまう。1909年にはジョージ・ブラウン (George Brown) と結婚したものの、結婚生活は数日間で破局に至った。マンスフィールドはオペラのエキストラとして各地を巡った。1910年、ロンドンに帰ってきた時には性病に感染しており、この病は以後彼女の身体を苛んだ。ジョージ・ブラウンと離婚し同棲していたマリーと結婚したのは1918年。新しい夫が浮気に走った1921年には浮気自体よりも、夫宛のラブレターに噛み付いている。「私が主人と一緒のあいだに、こんな恋文を送るのはやめることね。そんなの、この世ですることじゃありませんから。」 ("I am afraid you must stop writing these love letters to my husband while he and I live together. It is one of the things which is not done in our world." (Princess Bibescoへの手紙より, 1921)。また第一次世界大戦がマンスフィールドから弟を奪ったのは1915年のことだった。ただ一人の弟の死はマンスフィールドに大きな影響を与え、以後の作風にも変化が見られた。弟の死を夢で見たのち、マンスフィールドは次のような奇怪な詩を書いている。キャサリン・マンスフィールド フレッシュアイペディアより)

  • 新ロマン主義音楽

    新ロマン主義音楽から見た楽劇オペラ

    またワーグナーは、ベートーヴェンが最後の交響曲に声楽を導入したことを根拠として、オペラの時代の到来を叫ぶとともに、交響楽と歌劇を高度に融合させた楽劇の創出を強弁するようになる。新ロマン主義音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・アレグザンダー・マクファーレン

    ジョージ・アレグザンダー・マクファーレンから見たオペラオペラ

    1844年9月27日、マクファーレンはリューベック生まれのクラリーナ・タリア・アンドレ(Clarina Thalia Andrae)と結婚した。彼女はオペラのコントラルト、ピアニストであり、その後ナタリア・マクファーレン(Natalia -)(1827年 - 1916年)として知られるようになる。彼女は王立音楽アカデミーで研鑽を積んだのち、歌手、歌唱指導者または作家としても成功し、翻訳家としては多くのドイツ語の詩や歌曲、オペラの台本を英語に翻訳した。彼女はまた、ピアノ曲を作曲もした。ジョージの弟のウォルター(1826年 - 1905年)はピアニスト、作曲家、王立音楽アカデミーの教授であった。他の兄弟のジョンの妻であるエマ・マリア・マクファーレンもピアニストそして作曲家として活躍した。ジョージ・アレグザンダー・マクファーレン フレッシュアイペディアより)

  • コレペティートル

    コレペティートルから見たオペラオペラ

    コレペティートル( / )は、歌劇場などでオペラ歌手やバレエダンサーに音楽稽古をつけるピアニストを言う。ドイツ語圏では実際には「コレペティートア」と発音され、「レペティートア」()「ゾーロレペティートア」()とも呼ぶ。日本では「コレペティトール」と呼称、表記されることが多い。英語圏ではフランス語に由来する「レペティトゥール」(繰り替えす人)という言い方が用いられる。給料の面ではソリスト扱いである。コレペティートル フレッシュアイペディアより)

  • セミラーミデ

    セミラーミデから見たオペラオペラ

    『セミラーミデ』(Semiramide)は、ロッシーニがヴォルテールの悲劇「セミラミス」を基に、1823年に作曲したオペラ・セリアで、ロッシーニのイタリア時代最後の作品。同年2月3日、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場で初演された。台本はガエターノ・ロッシによる。セミラーミデ フレッシュアイペディアより)

  • カヴァレリア・ルスティカーナ

    カヴァレリア・ルスティカーナから見たオペラオペラ

    『カヴァレリア・ルスティカーナ』(Cavalleria Rusticana )は、イタリアの小説家ジョヴァンニ・ヴェルガによる小説(1880年出版)、同人による戯曲(1884年初演)、およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。題名は「田舎の騎士道」といった意味である。今日、特にイタリア語圏以外では最後のオペラ作品が有名となっており、本項でもオペラを中心に記述する。カヴァレリア・ルスティカーナ フレッシュアイペディアより)

  • 栂井丈治

    栂井丈治から見たオペラオペラ

    演出家としても活躍。1990年に、地元大阪で結成されたイタリアオペラのサークル『ポコ ア ポコ リリカ・クラブ』が出演した、『大阪府立労働センター』で行われたオペラ『椿姫』では演出を手掛けた。2006年に公演された劇音楽『さやま池物語』では脚本・演出の両方を担当。栂井丈治 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジェット・ルブラン

    ジョルジェット・ルブランから見たオペラオペラ

    オペラ歌手として名を揚げ、とりわけジュール・マスネの諸作品やビゼーの《カルメン》の解釈で知られた。ベルギー象徴主義の劇作家で詩人のモーリス・メーテルランクとは長年にわたって愛人関係にあり、メーテルランクの戯曲のいくつかは彼女のために書かれている。メーテルランクの戯曲『アリアーヌと青髭』(1899年)と、それを原作とするポール・デュカスの抒情劇《アリアーヌと青髭》(1907年)の両方においてヒロインを演じた。1924年の『人でなしの女』(L'Inhumaine)でも知られているように、映画俳優の先駆者でもあった。晩年は作家に転向して、商業的に成功した2つの自叙伝のほか、児童書や紀行文も手懸けた。両性愛者だったとされている。ジョルジェット・ルブラン フレッシュアイペディアより)

2537件中 61 - 70件表示

「オペラ」のニューストピックワード

  • ドイツ人ビオラ奏者

  • 眠れる美女〜House of the Sleeping Beauties〜

  • 臨海部を活性化する上で有効だ