3101件中 81 - 90件表示
  • ユージン・グーセンス

    ユージン・グーセンスから見たオペラオペラ

    ロンドンで、ベルギー出身の指揮者でヴァイオリン奏者のユージン・グーセンスの子として生まれる。ブルッヘ、リヴァプールで音楽を学んだ後、ロンドンの王立音楽大学でチャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォードに師事した。1912年から1915年までクイーンズホール管弦楽団でヴァイオリン奏者を務めた後、1916年にスタンフォードのオペラ「批評家」を指揮した。1921年にはストラヴィンスキーの「春の祭典」のイギリス初演を行った。ユージン・グーセンス フレッシュアイペディアより)

  • アフマド・ペジマン

    アフマド・ペジマンから見たオペラオペラ

    ファールス州ラール出身。幼いころから南イランの音やリズムに親しんだ。ホセイン・ナセーヒーにヴァイオリンを、ヘシュマト・サンジャリに音楽理論を学んだ後、テヘラン交響楽団のヴァイオリニストとなった。その後、奨学金を得てウィーン音楽院に留学し、アルフレート・ウールやハンス・イェリネクに師事した。在学中から彼の作品はウィーン室内管弦楽団やウィーン放送交響楽団で演奏され、3年次には彼の作曲したオペラ『田舎の祭り』がテヘラン歌劇場のこけら落としに上演された。卒業後の1969年にイランに戻り、管弦楽曲・オペラ・バレエ・映画音楽・テレビ音楽を作曲した。アフマド・ペジマン フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・セローフ

    アレクサンドル・セローフから見たオペラオペラ

    作曲家としても、1861年から1865年にかけて二つのオペラ『ユディト』および『ログネーダ』の上演を成功させ、名声を獲得した。アレクサンドル・セローフ フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・ボルトニャンスキー

    ドミトリー・ボルトニャンスキーから見たオペラオペラ

    1751年、ヘーチマン国家・フルーヒウ市のウクライナ人聖職者の家に生まれる。7歳のときにロシア帝国のサンクトペテルブルクの宗務局宮廷礼拝堂に送られる。同地でイタリア人の宮廷楽長で、1765年から1768年まで宗務局礼拝堂の指揮者であった、バルダッサーレ・ガルッピに音楽を学ぶ。宮廷で教育を受けたため、母語のウクライナ語やロシア語のほか、イタリア語、フランス語、ドイツ語にも堪能であった。1769年にボルトニャンスキーはガルッピを追ってイタリア入りし、オペラ創作を学ぶ。同地でオペラ作曲家としてかなりの成功を重ね、《クレオンテ Creonte 》(初演:ヴェネツィア、1776年)や《5人目のファビウス Quinto Fabio 》(初演:モデナ、1778年)、《アルチーデ Alcide》(初演:ヴェネツィア、1778年)などの歌劇が上演された。1779年にサンクトペテルブルクに戻り、1779年に生粋のロシア帝国出身者として初めて宮廷楽長職に採用された。サンクトペテルブルクでは少なくとも4度、フランス語オペラを作曲しており、クラヴサンのためのソナタや室内楽曲も作曲した。ドミトリー・ボルトニャンスキー フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・グルーエンバーグ

    ルイス・グルーエンバーグから見たオペラオペラ

    1933年から1934年までメトロポリタン歌劇場において、ユージン・オニール原作の表現主義的オペラ《皇帝ジョーンズ》が2シーズンにわたって上演されるも、『タイム』誌においてかなり酷評された。1933年から1936年まで、シカゴ音楽大学(現在はルーズベルト大学の一部)の作曲科の主任教授を務める。その後は家族連れでカリフォルニア州のビバリーヒルズに転居し、映画音楽の作曲も担当している。シカゴのスラム街における出産を描いたドキュメンタリー映画“The Fight for Life”(ペア・ロレンツ監督)の音楽は、アカデミー賞最優秀映画音楽部門にノミネートされた。ルイス・グルーエンバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 新ロマン主義音楽

    新ロマン主義音楽から見た楽劇オペラ

    またワーグナーは、ベートーヴェンが最後の交響曲に声楽を導入したことを根拠として、オペラの時代の到来を叫ぶとともに、交響楽と歌劇を高度に融合させた楽劇の創出を強弁するようになる。新ロマン主義音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 芸術断想

    芸術断想から見たオペラオペラ

    『芸術断想』(げいじゅつだんそう)は、三島由紀夫の評論・随筆。三島が鑑賞した能、歌舞伎、戯曲、映画、オペラ、バレエなどの様々な評論と、それにまつわる芸術論を綴った随筆である。時にはその鋭い美的鑑賞眼で、俳優の演技や演出について辛辣に批評している。最後の章では、劇場めぐりをつづける観客および劇評家の心境として、安楽な椅子に座り最上の待遇にもかかわらず、〈示されるもの、見せられるもの〉を見るというその受動的な状況に、人間の本来の在り方から反する不自然さを感受し、〈観客〉などと十把一からげに呼称される〈芸術の享受者〉の立場の中には〈何か永遠に屈辱的なもの〉があると随想している。芸術断想 フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ボノンチーニ

    ジョヴァンニ・バッティスタ・ボノンチーニから見たオペラオペラ

    ボローニャでチェロを学び、この楽器のための最初の作品を1685年に発表し、1688年にモンテ・サン・ジョヴァンニ教会の楽長となった。その後、オペラの作曲を手掛けるようになり、ミラノ、ローマ、ヴェネツィア、ベルリンを経て、1698年から1711年までウィーンの神聖ローマ皇帝の宮廷に滞在した。1714年にローマに戻り、イタリア各地でオペラの上演を行った。ジョヴァンニ・バッティスタ・ボノンチーニ フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉美和子

    稲葉美和子から見たオペラオペラ

    稲葉 美和子(いなば みわこ、1956年 - )は、日本のオペラ・ソプラノ歌手。稲葉美和子 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ジェルメッティ

    ジャンルイジ・ジェルメッティから見たオペラオペラ

    ローマの生まれ。イタリア国内でセルジュ・チェリビダッケやフランコ・フェラーラ、ウィーンの音楽大学でハンス・スワロフスキーらに指揮を学ぶ。1967年にフィレンツェ国際指揮者コンクールで優勝。イタリア各地で活躍する。レパートリーは古典派から現代音楽まで幅広く、オペラにもその手腕を発揮している。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団でヘンツェの第7交響曲を初演してから注目され、程無くしてネヴィル・マリナーの後任としてシュトゥットガルト放送交響楽団の常任に就任。ラヴェルなどのフランス物やストラヴィンスキー、ヴァレーズなどの現代物も手がけ、またシュヴェツィンゲン音楽祭ではモーツァルトやロッシーニのオペラの上演などもしている。ローマ歌劇場に移ってからは安定した楽団の運営を見せ、傍ら夏にはボローニャなどに客演し、パルマのトスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団と合同でヴェルディのレクイエムの無料コンサートを指揮したりしている。棒はコンクール出身者らしく美しいが、均衡の取れた明るい正統的な音楽が特徴であり、古典派から現代音楽まで万遍なく演奏する。クラウディオ・アバドやアルベルト・ゼッダと並んでイタリアの「ロッシーニ指揮者」とも言われる。ジャンルイジ・ジェルメッティ フレッシュアイペディアより)

3101件中 81 - 90件表示

「オペラ」のニューストピックワード