2537件中 81 - 90件表示
  • ユージン・グーセンス

    ユージン・グーセンスから見たオペラオペラ

    ロンドンで、指揮者でヴァイオリン奏者のユージン・グーセンスの子として生まれる。ブルッヘ、リヴァプールで音楽を学んだ後、ロンドンの王立音楽大学でチャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォードに師事した。1912年から1915年までクイーンズホール管弦楽団でヴァイオリン奏者を務めた後、1916年にスタンフォードのオペラ「批評家」を指揮した。1921年にはストラヴィンスキーの「春の祭典」のイギリス初演を行った。ユージン・グーセンス フレッシュアイペディアより)

  • 月に憑かれたピエロ

    月に憑かれたピエロから見た楽劇オペラ

    《月に憑かれたピエロ》には、数々のパラドックスが含まれる。たとえば器楽奏者は、独奏者であると同時にオーケストラを構成しており、ピエロは主人公(英雄)であると同時に道化師である。作品は、楽劇であると同時にコンサートピースであり、語られる歌(または歌われる朗読)つきのハイカルチャーのショー(またはサブカルチャーでもありうる芸術音楽)である。男役の道化師を演ずるのは女声で、道化師は第1人称と第3人称の間を揺れ動く。月に憑かれたピエロ フレッシュアイペディアより)

  • コンラディン・クロイツァー

    コンラディン・クロイツァーから見たオペラオペラ

    コンラディン・クロイツァー(Conradin Kreutzer, 1780年11月22日 メスキルヒ(ジークマリンゲン郊外) - 1849年12月14日 リガ)はドイツのビーダーマイヤー期を代表するオペラ作曲家・指揮者。コンラディン・クロイツァー フレッシュアイペディアより)

  • 澤村翔子

    澤村翔子から見たオペラオペラ

    2012年には創立60周年を迎える「二期会」の記念公演オペラ「子どもと魔法」(作曲:モーリス・ラヴェル)のタイトルロールに抜擢され、またその2,621名(2012年10月1日現在)を越える二期会メンバーの中から選ばれた声楽アンサンブル・グループ「二期会マイスタージンガー」の女性声部四名の中にも選出されている。この他、《二期会創立60周年記念公演》東京二期会オペラ劇場 「カヴァレリア・ルスティカーナ」ローラ役、日生劇場50周年記念公演「フィガロの結婚」ケルビーノ役(公演予定日2012年11月23日)など、国内の主要なオペラ劇場の記念公演に連続して出演が決定していたが「フィガロの結婚」は2012年10月1日に降板が発表された。理由は公表されていない。澤村翔子 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・カッチーニ

    ジュリオ・カッチーニから見たオペラオペラ

    1579年には、カッチーニはメディチ家の宮廷で歌手をしていた。彼の声域はテノールであり、また自分自身でヴィオールの伴奏を付けることができた。彼は婚礼や国事など様々な宴会で歌い、当時の壮麗なインテルメディオ(オペラの先駆の一つとされる、精密な音楽・劇・映像的見せ物)で役目を果たした。またこの時期に、彼は人文学者、作家、音楽家、考古学者達の活動に加わった。彼らはジョヴァンニ・デ・バルディ(Giovanni de' Bardi)伯爵の邸宅に集まり、失われたと思われている古代ギリシャの劇音楽の栄光を復活させようとする団体、「カメラータ」を結成した。カッチーニの歌手、楽器奏者、作曲家としての才能によって、カメラータはモノディ様式を確立し、それはルネッサンス末期のポリフォニー音楽の慣習からの革命的な新発展となった。ジュリオ・カッチーニ フレッシュアイペディアより)

  • フランコ・ゼフィレッリ

    フランコ・ゼフィレッリから見たオペラオペラ

    フランコ・ゼフィレッリ(Franco Zeffirelli, 1923年2月12日 - )は、イタリア・フィレンツェ出身の映画監督・脚本家・オペラ演出家、政治家である。フランコ・ゼフィレッリ フレッシュアイペディアより)

  • セリオン (バンド)

    セリオン (バンド)から見たオペラオペラ

    1987年、ストックホルムでクリストフェル・ユンソンによって結成された。当初はデスメタルバンドであったが、次第にメロディーを取り入れ、メロディックデスメタルへと変化した。そして、5thアルバム『Theli』からはクラシックやオペラを取り入れ、デスメタル色は消え去っていった。その後、シンフォニックメタルというジャンルに大きく貢献するバンドにまで成長する。オーケストラやコーラスなどを楽曲に使用するため、アルバム一枚に参加するスタッフ、ミュージシャンはかなりの大人数である。セリオン (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 皇太子裕仁親王の欧州訪問

    皇太子裕仁親王の欧州訪問から見たオペラオペラ

    4月20日に裕仁親王はカイロを発ち、4月24日にマルタ島に到着した。マルタ島では当時海軍士官として勤務していたケント公ジョージとも面会し、かつて地中海の闘いで戦没した第二特務艦隊隊員の墓を拝礼している。また夜には総督の案内でオペラを観劇している。皇太子裕仁親王の欧州訪問 フレッシュアイペディアより)

  • コリン・デイヴィス

    コリン・デイヴィスから見たオペラオペラ

    1952年にロイヤル・フェスティバル・ホールに勤め、1950年代後半からBBCスコティッシュ交響楽団を指揮する。1959年に病身のオットー・クレンペラーの代理でモーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』を指揮して一躍名声を馳せる。翌年にはグラインドボーン音楽祭で、モーツァルトの『魔笛』を指揮してトーマス・ビーチャムの代役を果たした。コリン・デイヴィス フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・スーズダリ大公国

    ウラジーミル・スーズダリ大公国から見たオペラオペラ

    1176年、時のキエフ大公国の大公ユーリー・ドルゴルーキー(手長公)は、息子のフセヴォロド3世(大巣公)に己の旧領ウラジーミル・スーズダリ公の位を与え、そこに国を建設させた。これがウラジーミル大公国の起源である。フセヴォロド3世は大公国の権力強化に専念し、1195年にはルーシ諸公からウラジーミル大公として認められたのである。ちなみに、ボロディンのオペラ『イーゴリ公』として有名な「イーゴリ遠征物語」の主人公であるイーゴリ公が活躍したのは、フセヴォロド3世の時代である。これは、イーゴリ公とその2番目の妻ヤロスラヴナの愛と嘆きがオペラにされていることで有名である。1212年、フセヴォロド3世は死去し、子のユーリー2世が後継した。ウラジーミル・スーズダリ大公国 フレッシュアイペディアより)

2537件中 81 - 90件表示

「オペラ」のニューストピックワード

  • ドイツ人ビオラ奏者

  • 眠れる美女〜House of the Sleeping Beauties〜

  • 臨海部を活性化する上で有効だ