297件中 91 - 100件表示
  • オペラ

    オペラから見たアンブロワーズ・トマ

    19世紀前半に圧倒的人気を誇ったグランド・オペラも、その内容の希薄な大袈裟さが次第に飽きられ、1850年頃により内面的な叙情性をもったが現れる。グノー(1818年 - 1893年)とトマ(1811年 - 1896年)がその代表である。典型的な例としては、グノーは『ファウスト』(1859年)、トマには『ミニョン』(1866年)などがある。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見たジャーコモ・マイアーベーア

    19世紀前半になると、台詞による語りのないフランス・オペラは、5幕形式でバレエを含む大規模な形式の、グランド・オペラと呼ばれる様式となった。代表的な作曲家はマイアベーア(1791年 - 1864年)である。ヴァーグナーやヴェルディもパリで自作を上演する際にはバレエを追加した(『タンホイザー』と『ドン・カルロ』)。この様式の大家としてはマイアベーアが人気を博し、『アフリカの女』(1842年)『ユグノー教徒』(1836年)など、今日でも上演される作品を残している。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見たフリードリッヒ・フォン・フロトー

    ドイツ語オペラの流れは、19世紀に入ってベートーヴェン(1770年 - 1827年)の『フィデリオ』(1814年)を生むが、真にドイツ・オペラをオペラ界の主要ジャンルとして確立させたのはヴェーバー(1786年 - 1826年)で、『オベロン』(1826年)や『魔弾の射手』(1821年)といった作品は、E.T.A.ホフマン(1776年 - 1822年)、シュポーア(1784年 - 1859年)やマルシュナー(1795年 - 1861年)の作品とともに、イタリアのセリアともブッファとも異なるロマンティック・オペラの特質を表しており、これはやがてヴァーグナーの楽劇へと至ることになる。一方、ロルツィング(1801年 - 1851年)やフロトー(1812年 - 1883年)らはフランスでさらに発展したオペラ・コミックをジングシュピールの伝統と融合させた、ドイツ式オペラ・コミックを創り上げた。また同じくフランスで生まれたオペレッタはウィーンで大衆的な支持を得て発展した。一方でヴァーグナーの登場もあり、ドイツ語圏のオペラは硬軟両面で急速に興隆していく。ヴァーグナーを除くと意外なほど喜劇やハッピーエンド作品の比率が高いのも、モーツァルト(彼はオペラ・セリアですらハッピーエンドを好んだ)以来のドイツオペラの特徴である。また、ファンタスティックな要素への傾斜も強く、イタリアオペラには滅多に登場しない魔法が、『魔笛』『魔弾の射手』『ヘンゼルとグレーテル』『影のない女』、ワーグナーの諸作と目白押しである。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見たジョン・ケージ

    数々の演奏家が別々に個別の音楽を奏でる「ミュジ・サーカス」というアイデアが存分に生かされた、ジョン・ケージ(1912年 - 1992年)の『ユーロペア1-5』は過去のオペラの断片の集合体という組み合わせである。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見たハインリヒ・マルシュナー

    ドイツ語オペラの流れは、19世紀に入ってベートーヴェン(1770年 - 1827年)の『フィデリオ』(1814年)を生むが、真にドイツ・オペラをオペラ界の主要ジャンルとして確立させたのはヴェーバー(1786年 - 1826年)で、『オベロン』(1826年)や『魔弾の射手』(1821年)といった作品は、E.T.A.ホフマン(1776年 - 1822年)、シュポーア(1784年 - 1859年)やマルシュナー(1795年 - 1861年)の作品とともに、イタリアのセリアともブッファとも異なるロマンティック・オペラの特質を表しており、これはやがてヴァーグナーの楽劇へと至ることになる。一方、ロルツィング(1801年 - 1851年)やフロトー(1812年 - 1883年)らはフランスでさらに発展したオペラ・コミックをジングシュピールの伝統と融合させた、ドイツ式オペラ・コミックを創り上げた。また同じくフランスで生まれたオペレッタはウィーンで大衆的な支持を得て発展した。一方でヴァーグナーの登場もあり、ドイツ語圏のオペラは硬軟両面で急速に興隆していく。ヴァーグナーを除くと意外なほど喜劇やハッピーエンド作品の比率が高いのも、モーツァルト(彼はオペラ・セリアですらハッピーエンドを好んだ)以来のドイツオペラの特徴である。また、ファンタスティックな要素への傾斜も強く、イタリアオペラには滅多に登場しない魔法が、『魔笛』『魔弾の射手』『ヘンゼルとグレーテル』『影のない女』、ワーグナーの諸作と目白押しである。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見た團伊玖磨

    第二次世界大戦後の1952年には、東京音楽学校の出身者たちによって二期会が設立され、以後、藤原歌劇団と共に戦後の日本オペラの中心的存在として、欧米の歌劇場に肩を並べるような本格的なオペラ上演の活動を展開していくことになる。また、二期会の設立と同じ1952年に、團伊玖磨(1924年 - 2001年)の『夕鶴』が初演され、以後日本の人気オペラとなり上演が重ねられた。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見たルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

    ドイツ語オペラの流れは、19世紀に入ってベートーヴェン(1770年 - 1827年)の『フィデリオ』(1814年)を生むが、真にドイツ・オペラをオペラ界の主要ジャンルとして確立させたのはヴェーバー(1786年 - 1826年)で、『オベロン』(1826年)や『魔弾の射手』(1821年)といった作品は、E.T.A.ホフマン(1776年 - 1822年)、シュポーア(1784年 - 1859年)やマルシュナー(1795年 - 1861年)の作品とともに、イタリアのセリアともブッファとも異なるロマンティック・オペラの特質を表しており、これはやがてヴァーグナーの楽劇へと至ることになる。一方、ロルツィング(1801年 - 1851年)やフロトー(1812年 - 1883年)らはフランスでさらに発展したオペラ・コミックをジングシュピールの伝統と融合させた、ドイツ式オペラ・コミックを創り上げた。また同じくフランスで生まれたオペレッタはウィーンで大衆的な支持を得て発展した。一方でヴァーグナーの登場もあり、ドイツ語圏のオペラは硬軟両面で急速に興隆していく。ヴァーグナーを除くと意外なほど喜劇やハッピーエンド作品の比率が高いのも、モーツァルト(彼はオペラ・セリアですらハッピーエンドを好んだ)以来のドイツオペラの特徴である。また、ファンタスティックな要素への傾斜も強く、イタリアオペラには滅多に登場しない魔法が、『魔笛』『魔弾の射手』『ヘンゼルとグレーテル』『影のない女』、ワーグナーの諸作と目白押しである。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見たリゲティ・ジェルジュ

    リゲティ(1923年 - 2006年)は自作の唯一のオペラ『』(1977年、第2稿1996年)で「地球最後の日」というSF的な素材を現代風の歌劇にアレンジすることに成功した。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見たドメニコ・チマローザ

    これに対し、もっと世俗的な内容の作品がオペラ・ブッファ(喜劇オペラ)である。もともとは、3幕もののセリアの幕間劇として演じられたコメディが独立し、規模拡大したものである。初期の幕間劇で今日まで残るものとして、ペルゴレージ(1710年 - 1736年)の『奥様女中』(1733年)がある。18世紀には独立されたジャンルとして発展し、パイジエッロ(1740年 - 1816年)、チマローザ(1749年 - 1801年)、サリエリ(1750年 - 1825年)などが多数の作品を残した。中でも、モーツァルト(1756年 - 1791年)がダ・ポンテの台本に作曲した『フィガロの結婚』(1786年)、『ドン・ジョヴァンニ』(1787年)、『コジ・ファン・トゥッテ』(1790年)が有名である。オペラ フレッシュアイペディアより)

  • オペラ

    オペラから見た菅原明朗

    また、1940年には山田耕筰(1886年 - 1965年)の代表作『黒船』が初演されている。一方、永井荷風はフランス留学時にオペラに親炙したこともあり、オペラを日本に積極的に紹介していたが、その成果として1939年、菅原明朗作曲によるオペラ『葛飾情話』を創作している。オペラ フレッシュアイペディアより)

297件中 91 - 100件表示

「オペラ」のニューストピックワード