前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示
  • 自動改札機

    自動改札機から見たオムロンオムロン

    同方式の実用的な自動改札機が導入されたのは1967年のことである。京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)千里線の北千里駅で立石電機(現・オムロン)が開発した定期券専用自動改札機で本格的に採用された。しかし、全駅に導入されたわけではなく、また定期券専用であったため導入駅でも普通乗車券用に磁気バーコード式やその他の乗車券用に有人改札との併用であった。自動改札機 フレッシュアイペディアより)

  • 石動信用金庫

    石動信用金庫から見たオムロンオムロン

    オムロンのJX-ATMまたはLeadusのAK-1(オムロン仕様)を採用している。石動信用金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見たオムロンオムロン

    改札機のメーカーは、大阪線系・南大阪線系がオムロン、奈良線・京都橿原線系が東芝、名古屋線系が日本信号製と分けられている。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 大連経済技術開発区

    大連経済技術開発区から見たオムロンオムロン

    富士ファイン、三島食品、池宮印刷、東芝大連、大連東芝電視、大連フレッシュ食品、サンケン、日本微型電機、原田工業、北興ハーネス、北村閥門、スター精密、大連大陽日酸気体、富士電機、山営化成、岩谷産業、キヤノン、トステム、YKK、YKK AP、セイコー、TOTO、三菱電機、一広タオル、ROHM、三井森包装、三洋制冷、コニカミノルタ、光洋精工、日本電産、大連三協、旭計器、富士塑料、紀伊塑料、大連富士発英、グンゼ、親和測定、オムロン、大連中村精密、TDK、リョービ、大連三越精密部品、オムロン、大連藤洋鋼材、出光、栗田工業、最上世紀、マブチモーター、ミツバ(旧:自動車電機工業)、日清製油、アイリスオーヤマ、クリエートメディック、JMS、KISCOなど。大連経済技術開発区 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田文江

    柴田文江から見たオムロンオムロン

    OMRON  けんおんくん( 電子体温計、上腕血圧計、体組成計、婦人体温計)柴田文江 フレッシュアイペディアより)

  • 御室

    御室から見たオムロンオムロン

    企業・オムロンの創業地としても知られる。御室 フレッシュアイペディアより)

  • J:COM 京都みやびじょん

    J:COM 京都みやびじょんから見たオムロンオムロン

    株式会社京都ケーブルコミュニケーションズ(きょうとケーブルコミュニケーションズ)は、富士通、オムロン、京都新聞社などにより設立。筆頭株主だった富士通は、役員も送り込んでいた。J:COM 京都みやびじょん フレッシュアイペディアより)

  • SOBAプロジェクト

    SOBAプロジェクトから見たオムロンオムロン

    SOBAプロジェクト(ソーバプロジェクト)は、京都大学およびオムロン株式会社とで始められた研究目的の共同プロジェクト。および同プロジェクトを基盤として設立された株式会社。2000年に発足後、京都大学に加えて東京大学・東京工業大学・早稲田大学・慶應義塾大学の4大学(全部で5大学)と、オムロン株式会社・NTTコムウェア株式会社の2企業が参画し、産学協同プロジェクトとなった。2002年には文部科学省の委託研究として認定されたため産官学共同プロジェクトとなり、母体を京都市の第3セクターである財団法人京都高度技術研究所としながら研究活動が行われた。2004年度で本研究プロジェクトは終了したが、その後、その研究成果は企業化された株式会社SOBAプロジェクト(本社・京都市下京区)に引き継がれている。SOBAプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • オムロン太陽

    オムロン太陽から見たオムロンオムロン

    オムロン株式会社の特例子会社であり、電子機器に使用する部品(リレー部品、センサ部品、スイッチなど)を製造している。オムロン太陽 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリオン

    ユーリオンから見たオムロンオムロン

    ユーリオンの元となる偽造検出技術は、日本のオムロンが1994年に設計・開発したものであり、同社が特許権を有している。技術面の詳細は非公開であり、同社は各国の印刷局やソフトウエア・複写機メーカーなどの特許利用者に限って公開している。ユーリオン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示

「オムロン」のニューストピックワード