273件中 71 - 80件表示
  • 機械遺産

    機械遺産から見たオムロンオムロン

    43 オムロン自動改札機(初期の自動改札機)(京都府)機械遺産 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーターピック

    ウォーターピックから見たオムロンオムロン

    オムロン口腔洗浄器エレピック(オムロンウォーターピック フレッシュアイペディアより)

  • 和台

    和台から見たオムロンオムロン

    全域が、1981年(昭和56年) - 1986年(昭和61年)に開発された、開発総面積140,800m²の「筑波北部工業団地」である。筑波研究学園都市の都市育成充実を図る先端技術産業の導入地区として位置づけられており、医薬品、紙、パルプ、情報通信電子材料、放射光、集積回路等の研究施設がある。オムロンは2003年(平成15年)に、三菱ガス化学は2005年(平成17年)に、グラクソ・スミスクラインは2007年(平成19年)に撤退した。和台 フレッシュアイペディアより)

  • SH-02B

    SH-02Bから見たオムロンオムロン

    オムロン健康管理ソフト BI-LINK ウォーキング編SH-02B フレッシュアイペディアより)

  • 三本松駅 (奈良県)

    三本松駅 (奈良県)から見たオムロンオムロン

    自動改札機は、オムロン製が設置されている。赤い自動改札機は出場時2枚一括処理、PiTaPa・ICOCAに対応している。三本松駅 (奈良県) フレッシュアイペディアより)

  • 二上山駅

    二上山駅から見たオムロンオムロン

    自動改札機は、オムロン製が設置されている。赤い自動改札機(U-PG)は、出場時2枚一括処理、PiTaPa・ICOCA対応。二上山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北城恪太郎

    北城恪太郎から見たオムロンオムロン

    旭硝子やオムロンの社外取締役も兼務北城恪太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田寿男

    寺田寿男から見たオムロンオムロン

    寺田は勤務中のあるとき、雨の日にトラックが引っ越しの荷物を積んでいる光景をみて、引っ越し業への参入を着想した。当時、引っ越しは運送業者の副業として行わ れていたが、作業中に荷物を盗難されたり、家財道具が雨風にさらされたりするなど、現在の引っ越し業に比べ、はるかに拙劣なものであった。寺田は、当時懇意にしていた立石電機(後のオムロン)が当時としては珍しい週休二日制を採用していたことを利用し、立石電機向けのアルミバンを週末の二日間だけ水性塗料で「引っ越し専用車」と上塗りするという妙案を思い付く。寺田は、すぐさま資金繰りや陸運局の免許取得などの手続きに取り掛かり、紆余曲折の末、1977年6月にアート引越センター株式会社を設立した。寺田は、引っ越しなど家庭に関することは女性に決定権があることが多いという点に目をつけ、妻の千代乃を社長に就かせ、女性のニーズにきめ細かく対応できるようにした。寺田寿男 フレッシュアイペディアより)

  • MC88000

    MC88000から見たオムロンオムロン

    NeXTはMC88110を使ったマシンをいくつか試作したが、1993年にハードウェア事業から撤退すると同時にそれらもお蔵入りとなった。日本のオムロンが4プロセッサの luna88k を開発し、カーネギーメロン大学のMachプロジェクトで一時期使用された。ノーザンテレコムは1990年代初めごろ、MC88100とMC88110を採用したデジタル交換機 DMS SuperNode ファミリを開発している。MC88000 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉悦大学短期大学部

    嘉悦大学短期大学部から見たオムロンオムロン

    経営情報学科&ビジネスコミュニケーション学科:三菱東京UFJ銀行・富士通・りそな銀行・丸井・オムロン・リコー・オリエンタルランド・ディーシーカード・ニッポン放送・三菱製紙・三菱倉庫・鹿島建設・伊勢丹・野村證券などに就職している。嘉悦大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

273件中 71 - 80件表示

「オムロン」のニューストピックワード