前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示
  • ペトルス・カンパー

    ペトルス・カンパーから見たオランウータンオランウータン

    ペトルス・カンパー(Petrus Camper、1722年5月11日 - 1789年4月7日)は、オランダの医学者、博物学者である。オランウータンの解剖学研究を行い、顔面角をヒトと比較した。名はペーテル(Peter)またはピーテル(Pieter)とも。ペトルス・カンパー フレッシュアイペディアより)

  • 古人類学

    古人類学から見たオランウータンオランウータン

    1932年、インドでラマピテクスの下顎の骨が発見された。上顎骨と下顎骨の一部分しかない不完全なものであったが、推定される歯列は放物線形であった。類人猿の歯列はU字形であるが人類のそれは放物線を描く。この事から、ラマピテクスは類人猿からヒトへとつながる生物と考えられた。さらに調査の結果、ラマピテクスの生息年代は1400万年前と判断され、この時期がヒトと他の類人猿との分岐と考えられるようになった。すなわち、ヒトは早くから現生類人猿とは別の系統を歩んでいたという事である。しかし1982年に完全な頭骨が新たに発見されオランウータンの系統であることが明らかになり、歯列の形の推定も誤っていた事がわかった。古人類学 フレッシュアイペディアより)

  • ヒト上科

    ヒト上科から見たオランウータンオランウータン

    ヒト上科 () は、ヒトの仲間と大型類人猿をくくるサル目(霊長目)の分類群である。ヒト上科にはヒト科(ヒト科 :ヒト、チンパンジー、ゴリラ、オランウータンが含まれる)とテナガザル科が含まれる。ヒト上科 フレッシュアイペディアより)

  • ギガントピテクス

    ギガントピテクスから見たオランウータンオランウータン

    長らく、中新世の始原的類人猿であるドリオピテクス () に近縁の大型類人猿と考えられてきたが、2000年前後からは、ヒト科にチンパンジー亜科を認めない見地からゴリラやチンパンジーと同じくヒト科 ヒト亜科に分類されることが多く、いずれにしても、進化系統上オランウータンよりヒト属に近縁で、ゴリラほど近縁ではない位置にある絶滅種と捉えられている。ギガントピテクス フレッシュアイペディアより)

  • 森由民

    森由民から見たオランウータンオランウータン

    2007年に、日本の動物園「千葉市動物公園」などが持っているオランウータンのための吊り橋を製作する技術を、野生のボルネオオランウータン保全に役に立てたエピソードを、動物園に詳しい森が解説している。森由民 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック&エレナシリーズ

    ジャック&エレナシリーズから見たオランウータンオランウータン

    24世紀の春。動物たちが発情期を迎える中、オランウータンのアイコが妊娠する。同時期にルイスまで妊娠し、ロボットのエレナは嫉妬する。そんな中、ジャックの探偵事務所に「媚薬のラン」を採取してほしいとの依頼が来る。そのランは「E・L・G(環境庁自然保護局)」の資格がないと入れない星「タランダ」に生息しており、資格保持者のルイスに同行してもらうことになる。ジャックとエレナは、ルイスとアイコとその子供たちを連れてタランダへと出発した。ジャック&エレナシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール動物園

    シンガポール動物園から見たオランウータンオランウータン

    シンガポール動物園(英語:Singapore Zoo、中国語:新加坡?物园、マレー語:Zoo Singapura)はシンガポールの中央集水自然保護区にある動物園。地元ではマンダイ・ズー(Mandai Zoo)と呼ばれることも多い。面積は東京の恩賜上野動物園の約2倍にあたる28ヘクタールを誇り、1973年にシンガポール政府が900万シンガポールドルを投じて建設した。現在は年間140万人が訪れるシンガポール有数の観光名所の一つとなり絶滅危惧種を含む300種以上の動物が展示されており、開業以来堀など用い動物が逃げ出さないようにするための障壁を観客から隠す「開かれた展示」を行っている。また世界最大のオランウータンの群れを飼育していて、1977年には霊長類学のFrancine Neagoが6ヶ月間に渡るオランウータンの生態研究を行っている。シンガポール動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 笑い

    笑いから見たオランウータンオランウータン

    笑うのは動物の中でもヒトだけであると考えられてきた。しかし、進化論の提唱者であるチャールズ・ダーウィンは、オランウータンやチンパンジーといった類人猿をくすぐると笑い声をあげると書いている。笑い フレッシュアイペディアより)

  • ボルネオ島

    ボルネオ島から見たオランウータンオランウータン

    気候は熱帯気候であり、降雨量は年平均4000mm。雨季は10月から3月頃であるが、サバ州ではキナバル山の影響で年の前半はあまり雨が降らない。熱帯雨林が発達しており、北部にはスマトラサイ、ボルネオゾウが生息し、その他、オランウータン、テナガザルなどの中大型哺乳類や、ワニ、ニシキヘビなどの爬虫類が生息している。また、ウツボカズラの種類が多く、特にキナバル山には特産種が多く知られる。グヌン・ムル国立公園ではコウモリ・アカエリトリバネアゲハ・ビワハゴロモ・ナナフシが生息する。グヌン・ガディン国立公園は大きなラフレシアが見られることで有名。他にオランウータンの保護で有名なセメンゴ野生生物保護センター等も著名である。ボルネオ島 フレッシュアイペディアより)

  • 人類の進化

    人類の進化から見たオランウータンオランウータン

    カール・リンネの頃から類人猿と現生人類は非常に似ているように見えるために、科学者たちは類人猿は人類の最も近い親類かもしれないと考えていた。19世紀にはゴリラ、チンパンジー、オランウータンのいずれが現生人類にもっとも近縁か論争があった。ダーウィンはチンパンジーかゴリラと考え、人類の祖先の化石が見つかるとしたらアフリカだろうと予測した。エルンスト・ヘッケルはオランウータンを人類にもっとも近縁と見なし、東南アジアから人類の祖先の化石が発見されるだろうと予測した。アフリカからは多くの化石人類が発掘された。一方ヘッケルの東南アジアの予測を信じたウジェーヌ・デュボワは東南アジアのインドネシアジャワ島トリニールでジャワ原人の化石を発見し、後にこれがヒト属のホモ・エレクトゥスの亜種であるホモ・エレクトス・エレクトスに分類されている。人類の進化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示

「オランウータン」のニューストピックワード