117件中 91 - 100件表示
  • ピルトダウン人

    ピルトダウン人から見たオランウータンオランウータン

    加えて1953年には、オークリー率いるオックスフォード大学の研究者らによるいっそう精密な年代測定と調査・分析が行われ、その結果、下顎骨はオランウータンのものであり、臼歯の咬面は人類のそれに似せて整形されていたこと、古く見えるよう薬品と思われるものにより石器などとともに着色されていたこと、伴出した獣骨は他の地域の産であることなどが突き止められた。ピルトダウン人 フレッシュアイペディアより)

  • サル目

    サル目から見たオランウータンオランウータン

    狭鼻下目と広鼻下目の分岐からさらに時代を下って、直鼻猿類の狭鼻下目であるヒト上科がオナガザル上科から分岐したのは、2800万年から2400万年前頃であると推定されている。ヒト上科(テナガザル、オランウータン、チンパンジー、ゴリラ、ヒト)の共通の祖先が旧世界のサルから分枝した際に、尿酸オキシダーゼ活性が消失したものと推定される。尿酸オキシダーゼ活性の消失の意味付けは、尿酸が抗酸化物質として部分的にビタミンCの代用となるためである。しかし、ヒトを含むヒト上科では、尿酸オキシダーゼ活性の消失により難溶性物質である尿酸をより無害なアラントインに分解できなくなっている。サル目 フレッシュアイペディアより)

  • 類人猿

    類人猿から見たオランウータン属オランウータン

    大型類人猿のうち、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ(とヒト)はアフリカ類人猿と呼ばれる。オランウータンはアジア類人猿と呼ばれる。アジア類人猿で現生するのはオランウータンだけであるが、絶滅種のギガントピテクスなども含まれる。以前の分類では、オランウータン科にはオランウータン属・ゴリラ属・チンパンジー属を含めた。しかし、DNAの進化分析を考慮した新しい分類では、オランウータン科はオランウータンのみとなり、ゴリラ属・チンパンジー属はヒト科に分類される。さらに、オランウータンもヒト科に含めると考え、ヒト上科はテナガザル科とヒト科に、ヒト科はオランウータン亜科とヒト亜科に、ヒト亜科はゴリラ族とヒト族に、ヒト族はチンパンジー亜族とヒト亜族に分類するのが一般的となり、この学説の場合にはオランウータン科は消滅する。類人猿 フレッシュアイペディアより)

  • 類人猿

    類人猿から見たオランウータンオランウータン

    大型類人猿(great ape):オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ(+ヒト)類人猿 フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン科

    オランウータン科から見たオランウータン属オランウータン

    オランウータン科 (Pongidae) は、霊長目ヒト上科に属する科のひとつでオランウータン属を含むもの。以下のような分類学上の立場の相違から「オランウータン科」の分類を認めるものと、「オランウータン科」を認めずに「オランウータン亜科」とする説がある。オランウータン科 フレッシュアイペディアより)

  • チンパンジー

    チンパンジーから見たオランウータンオランウータン

    チンパンジーは知能が高く、人間の真似が行えるため、1989年には、京都大学霊長類研究所のアイとアキラが檻の鍵を開けて脱走する事故があり、その際にはオランウータンも逃がしてやった。また、人間の代わりに、チンパンジーは宇宙にも行った。米国のロケットにチンパンジーが乗った。1961年のハムや「エノス」の活躍が知られ、チンパンジーも宇宙で行動可能なのを実証した。チンパンジー フレッシュアイペディアより)

  • Y染色体

    Y染色体から見たオランウータンオランウータン

    この領域はヘテロクロマチン構造をとり、細胞分裂間期でも観察可能である。この構造物を、X染色体のヘテロクロマチン構造である「Xクロマチン」(=バー小体)と対比して、Yクロマチンと呼ぶ。Yクロマチンは、ヒトおよびゴリラに特異的であり、比較的近縁なチンパンジーやオランウータンでも観察されない。Y染色体 フレッシュアイペディアより)

  • 世界自然保護基金

    世界自然保護基金から見たオランウータンオランウータン

    RSPOはグリーンウォッシングの一種ではないかと疑問視する250を越えるNGOなどの組織からの反応がある。RSPOに懐疑的なNGOによれば、パーム油の開発はきわめて広大なプランテーションを必要とし、熱帯雨林などの生態系の破壊など環境負荷が大きく、そのほかにも地域共同体の生活の破壊、オランウータンの棲息地が脅かされるなど、根本的に持続可能なパーム油の開発は不可能との見解が示されている。世界自然保護基金 フレッシュアイペディアより)

  • ボルネオ島

    ボルネオ島から見たオランウータンオランウータン

    気候は熱帯気候であり、降雨量は年平均4000mmで乾季はない。熱帯雨林が発達しており、北部にはスマトラサイ、ボルネオゾウ (E. m. borneensis) が生息し、その他、オランウータン、テナガザルなどの中大型哺乳類や、ワニ、ニシキヘビなどの爬虫類が生息している。また、ウツボカズラの種類が多く、特にキナバル山には特産種が多く知られる。「グルンムル国立公園」ではコウモリ・アカエリトリバネアゲハ・ビワハゴロモ・ナナフシが生息し、鍾乳洞の湿度は99%である。ボルネオ島 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たオランウータンオランウータン

    1961年 - 国内で初めてオランウータン、カリフォルニアアシカの繁殖に成功する。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

117件中 91 - 100件表示

「オランウータン」のニューストピックワード