168件中 91 - 100件表示
  • オランガタン

    オランガタンから見たオランウータンオランウータン

    河を挟んだ、青色の幸せがある島と赤色の幸せがある島に住むオランウータンが、お互いに張り合っていたが、やがて洪水が起こって赤と青が混ざり合う様子を描いている。「みんなのうた」では、青と赤が合わさり、紫になり仲良くなるところで終わっているが、省略されている部分では、結局、元に戻ると言った内容になっている。オランガタン フレッシュアイペディアより)

  • 海賊 (ONE PIECE)

    海賊 (ONE PIECE)から見たオランウータンオランウータン

    名前の由来はオランウータンを意味する「猩猩」。海賊 (ONE PIECE) フレッシュアイペディアより)

  • 人外魔境

    人外魔境から見たオランウータンオランウータン

    奥アマゾンでは、大蛇が木にはさまれて木質化する「化木蛇」がまれに発見されているが、数年前、アマゾン流域ので、木質化した人間らしき生物の遺体が発見された。これはゴリラ、チンパンジー、ギボン、オーラン・ウータンのいずれとも異なる、新種の「第五類人猿」であるらしい。その掌紋は現存する南米人種のいかなるものとも異なっており、滅びたインカ族との関連が疑われる。人外魔境 フレッシュアイペディアより)

  • あにゃまる探偵 キルミンずぅ

    あにゃまる探偵 キルミンずぅから見たオランウータンオランウータン

    大関の部下で、ともにアニマル課に配属される刑事。26歳。大柄でオランウータンに似ている。鈍いところがあるが、大関に対しての突っ込みも行う。あにゃまる探偵 キルミンずぅ フレッシュアイペディアより)

  • Y染色体

    Y染色体から見たオランウータンオランウータン

    この領域はヘテロクロマチン構造をとり、細胞分裂間期でも観察可能である。この構造物を、X染色体のヘテロクロマチン構造である「Xクロマチン」(=バー小体)と対比して、Yクロマチンと呼ぶ。Yクロマチンは、ヒトおよびゴリラに特異的であり、比較的近縁なチンパンジーやオランウータンでも観察されない。Y染色体 フレッシュアイペディアより)

  • 色

    から見たオランウータンオランウータン

    霊長類の狭鼻下目(ヒトのほか、チンパンジー、オランウータン、ニホンザルなどを含む)が広鼻下目から分岐したのは3000-4000万年前と言われている。ほとんどの哺乳類は錐体細胞を2タイプ(2色型色覚)しか持たない。哺乳類の祖先は4タイプ全ての錐体細胞を持っていたが、初期の哺乳類は主に夜行性であったため、色覚は生存に必須ではなかった。結果、4タイプのうち2タイプの錐体細胞を失い、青を中心に感知するS錐体と赤を中心に感知するL錐体の2錐体のみを保有するに至った。これは赤と緑を十分に区別できないいわゆる「赤緑色盲」の状態である。ヒトを含む旧世界の霊長類(狭鼻下目)の祖先は、約3000万年前、X染色体にL錐体から変異した緑を中心に感知する新たなタイプの錐体(M錐体)視物質の遺伝子が出現し、X染色体を2本持つメスのみの一部が3色型色覚を有するようになり、さらにヘテロ接合体のメスにおいて相同組換えによる遺伝子重複の変異を起こして同一のX染色体上に2タイプの錐体視物質の遺伝子が保持されることとなりX染色体を1本しか持たないオスも3色型色覚を有するようになった。3色型色覚は果実等の発見に有利だったと考えられる。狭鼻下目のマカクザルに色盲がヒトよりも非常に少ないことを考慮すると、ヒトの祖先が狩猟生活をするようになったことで3色型色覚の優位性が低くなり、2色型色覚の淘汰圧が下がったと考えられる。色盲の出現頻度は狭鼻下目のカニクイザルで0.4%、チンパンジーで1.7%である。広鼻下目のヨザルは1色型色覚でありホエザルは狭鼻下目と同様に3色型色覚を再獲得しているが、これらを除き残りの新世界ザル(広鼻下目)はX染色体を2本持つメスのみの一部が3色型色覚を有し、オスは全て色盲である。これは狭鼻下目のようなX染色体上での相同組換えによる遺伝子重複の変異を起こさなかったためである。ヒトは上記のような初期哺乳類と霊長目狭鼻下目の祖先のX染色体の遺伝子変異を受け継いでいるため、M錐体を欠損したX染色体に関連する赤緑色盲が伴性劣性遺伝をする。男性ではX染色体の赤緑色盲の遺伝子を受け継いでいると色盲が発現し、女性では2本のX染色体とも赤緑色盲の遺伝子を受け継いでいる場合に色盲が発現する。なお、日本人では男性の4.50%、女性の0.165%が先天赤緑色覚異常で、白人男性では約8%が先天赤緑色覚異常であるとされる。 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見たオランウータンオランウータン

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。植物においては、人工授精に相当する行為を人工授粉(じんこうじゅふん)。体外受精に相当する行為を試験管内受粉(しけんかんないじゅふん)などと呼ぶ。これらは実生性野菜や果実の生産、育種(自家不和合性を回避する)などの目的で行われる。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • ダヌムバレー保護地域

    ダヌムバレー保護地域から見たオランウータンオランウータン

    低地雨林は多くの鳥や哺乳動物の生息場所であり、2009年に新種のメガネハナドリ(英名: Spectacled Flowerpecker)が記録された唯一の場所である。哺乳類は125種が記録されており、オランウータン、テナガザル、およびメガネザルを含むその他の霊長目のほか、シカ(スイロク)、ヤマネコ、希少なボルネオゾウ (Elephas maximus borneensis) も観察される。その他注目すべき種として、マレーグマやスマトラサイが地域に生息する。ダヌムバレー保護地域 フレッシュアイペディアより)

  • キナバタンガン川

    キナバタンガン川から見たオランウータンオランウータン

    川の上流の生態環境は、農園のための過度の伐採と土地の開墾によって大幅に破壊されている。しかし、岸辺に近い従来の低地林やマングローブ湿地の大部分は残され、イリエワニ (Crocodylus porous) の比較的適正な個体数の保護区を備えるとともに、ボルネオ島の野生生物のいくつかは最高の密度を有する。特筆すべきはボルネオ島固有のテングザルやオランウータン、アジアゾウ(ボルネオゾウ)、スマトラサイである。そのほかカニクイザル、ブタオザル (Southern pig-tailed macaque)、シルバールトン (Silvery lutung) などのほか、バンテン、爬虫類ではミズオオトカゲ、ヨロイハブ、マングローブヘビ (Boiga dendrophila) なども生息し、また、その領域は多様な野鳥でも知られている。キナバタンガン川 フレッシュアイペディアより)

  • ダーティファイター

    ダーティファイターから見たオランウータンオランウータン

    喧嘩とビールとカントリー音楽を愛するトラック運転手ファイロはなじみの店で新入りの歌手のリンに惚れてしまう。彼女にちょっかいを出してきた暴走族・ブラックウィドーのメンバーを叩きのめす。しかし、リンはプロになるといっていきなり去ってしまう。飲み屋にいたロス市警の警官たちをショックから殴り倒す。ファイロと相棒のオーヴィルとオランウータンのクライドを連れてリンの後を追ったのを知ると警官も追いかける。道中、オーヴィルが惚れた娘エコーも加わる。ファイロを捜しにきた暴走族を母親がショットガンで撃退。ファイロは行く先々で賭けファイトに連勝し、旅の資金を稼ぐ。コロラドで警官や暴走族は協力し合って撃退するが、一晩ヨリを戻したリンに「追っかけてきたバカな男」と言われる。炭坑夫とのファイトで死にもの狂いに向かってくる男に、自分の姿を見るようでわざと負ける。故郷に戻るファイロたちの顔は晴れやかだった。ダーティファイター フレッシュアイペディアより)

168件中 91 - 100件表示

「オランウータン」のニューストピックワード