117件中 31 - 40件表示
  • 直立二足歩行

    直立二足歩行から見たオランウータンオランウータン

    直立二足歩行の進化要因については、さまざまな仮説がある。たとえば、移動効率、両手を自由にして食料を運ぶことができたこと、長距離を見通すこと、性淘汰、体温調節、水中を歩くため(水生類人猿説)などがあるが、決定的なものはない。オランウータンの観察から、ヒトの二足歩行は地上に進出するより前に、樹上での移動において起源したとする説もある。直立二足歩行 フレッシュアイペディアより)

  • オレオ

    オレオから見たオランウータンオランウータン

    映画『ダーティファイター』で、クリント・イーストウッドのお供のオランウータンのクライドはオレオが大好きである。オレオ フレッシュアイペディアより)

  • ベイブ/都会へ行く

    ベイブ/都会へ行くから見たオランウータンオランウータン

    牧羊犬コンテストで優勝しベイブは一躍人気者になったが、相変わらず牧場でのんびりと過ごしていた。しかしある日、主人のホゲットはベイブのせいで大怪我をしてしまう。働けなくなったホゲットの代わりに借金を返済するために、ホゲット夫人のエズメとベイブは都会へ向かった。初めての都会で勝手のわからない夫人とベイブは、ある風変わりなホテルに泊まることになった。そこは犬やネコ、チンパンジーやオランウータンまでもが住む、さながら「都会の農場」であった。ベイブ/都会へ行く フレッシュアイペディアより)

  • チカちゃん

    チカちゃんから見たオランウータンオランウータン

    チカちゃん(1999年4月 - )は、インドネシア出身の雌のオランウータンである。日本のテレビ番組に出演、オランウータンの司会者として話題を呼んだが、手続き上の瑕疵から出演は2回にとどまった。チカちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 分子時計

    分子時計から見たオランウータンオランウータン

    1967年、ヴィンセント・サリッチとアラン・ウィルソンらは、分子時計の拡張を考える。彼らはヒト、ゴリラ、チンパンジー、オランウータン、テナガザルの抗原タンパク質などからその変異を調べた。彼らは、比較する二種類の生物のDNA鎖を混ぜたハイブリッドDNAを作り、このハイブリッドDNAの熱的安定性を調べることで、DNAの塩基配列の差を調べるという手法を採った。分子時計 フレッシュアイペディアより)

  • 宮沢厚

    宮沢厚から見たオランウータンオランウータン

    1993年から宮崎市のフェニックス自然動物園でオランウータンのサクラを担当し話題となる。宮沢厚 フレッシュアイペディアより)

  • ダヌムバレー保護地域

    ダヌムバレー保護地域から見たオランウータンオランウータン

    低地雨林は多くの鳥や哺乳動物の生息場所であり、新種のメガネハナドリ (Spectacled Flowerpecker) が記録された唯一の場所である。オランウータン、テナガザル、およびメガネザルを含むその他の霊長目のほか、シカ、ヤマネコ、希少なボルネオゾウ (Borneo Elephant) も観察される。その他注目すべき種として、マレーグマやスマトラサイが地域に生息する。ダヌムバレー保護地域 フレッシュアイペディアより)

  • オランゴ (オペラ)

    オランゴ (オペラ)から見たオランウータンオランウータン

    台本はトルストイとスタルチャコフによって書かれた。台本の素材として、医学実験によって人間と猿のハイブリッドが生まれるというスタルチャコフ自身の作品が選ばれている。半猿半人の主人公という筋は、ロシアの生物学者であるイリヤ・イワノフが行った人間と他の霊長類との融合の試みからインスピレーションを得たとされる。マクバーニーによると、オランゴという題名は、オランウータンという言葉を示唆しているとされる。オランゴ (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • 繁殖賞

    繁殖賞から見たオランウータンオランウータン

    ボルネオオランウータン(上野動物園:1961年)繁殖賞 フレッシュアイペディアより)

  • クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

    クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国から見たオランウータンオランウータン

    団羅座也 (オランウータン )- 茶風林クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国 フレッシュアイペディアより)

117件中 31 - 40件表示

「オランウータン」のニューストピックワード