168件中 31 - 40件表示
  • ブタと箱

    ブタと箱から見たオランウータンオランウータン

    2009年1月には第2版の出版に漕ぎ着けている。同版は、表紙が新調され、子ども向けに適切な、すなわちやわらかい言葉遣いになっている点が特徴である。例えば、「あいつはもう少しで漏らすとこだった。」(“He nearly peed his pants”)を「あいつはオランウータンみたいに舞い上がるとこだった。」(“He nearly danced like an orang-utan.”)というように変えている。ブタと箱 フレッシュアイペディアより)

  • 分子時計

    分子時計から見たオランウータンオランウータン

    1967年、ヴィンセント・サリッチとアラン・ウィルソンらは、分子時計の拡張を考える。彼らはヒト、ゴリラ、チンパンジー、オランウータン、テナガザルの抗原タンパク質などからその変異を調べた。彼らは、比較する二種類の生物のDNA鎖を混ぜたハイブリッドDNAを作り、このハイブリッドDNAの熱的安定性を調べることで、DNAの塩基配列の差を調べるという手法を採った。分子時計 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ダーウィン

    ウィリアム・ダーウィンから見たオランウータンオランウータン

    ウィリアムはチャールズダーウィンの幼児心理学の対象となったことで有名である。ダーウィンはウィリアムを非常に愛していた。ウィリアムが生まれたとき、ダーウィンは彼を「美しさと知性の驚異」と呼び、祖父のエラズマスにちなんで命名した。ウィリアムが三歳の頃まで、父は彼の仕草や表情を日記に付けた。この観察は動物と人間の発達の比較研究の一部で、ロンドン動物園でオランウータンの赤ちゃんを観察した後に行われた。記録日誌には、生後9日でろうそくの明かりを目で追うことを学び、6週間と3日後にはほほえむことを覚え、11週後には状況に合わせた独特の叫び声を上げるようになったと記されている。父はまた分別のような深い性格の特徴、そして2歳半頃には良心が芽生えたことにも気付いた。この研究はチャールズ・ダーウィンの後の研究にも影響を与え、1872年に『人間と動物の感情表現について』と題されて発表された。観察記録は1877年に学術誌『Mind』に『幼児の伝記スケッチ』と題した論文で発表された。ダーウィンの研究は幼児発達と児童心理学の他の研究者にも感銘を与えた。例えばドイツの心理学者ウィリアム・プライヤーやアメリカのジェームズ・ボールドウィンは後にダーウィンの影響を認めた。ウィリアム・ダーウィン フレッシュアイペディアより)

  • ソコルスキー・オープニング

    ソコルスキー・オープニングから見たオランウータンオランウータン

    ソコルスキー・オープニング (Sokolsky Opening) は、チェスのオープニングの1つ。1.b4の1手のみに名前が付いているオープニングで、右図がその基本形である。ポーランド定跡或いはポーリッシュ・オープニング (Polish Opening) とも呼ばれるオープニングで、1.b4と指した形はオランウータンが手をだらんと下げている様子に似ていることからオランウータン・オープニング (Orangutan Opening) 或いは単にオランウータン (Orangutan) と呼ばれることもある。ソコルスキー・オープニング フレッシュアイペディアより)

  • 宮沢厚

    宮沢厚から見たオランウータンオランウータン

    1993年から宮崎市のフェニックス自然動物園でオランウータンのサクラを担当し話題となる。宮沢厚 フレッシュアイペディアより)

  • ヒト以外による選挙への立候補

    ヒト以外による選挙への立候補から見たオランウータンオランウータン

    動物(人間以外)が選挙にて当選し官職を得るという発想自体は、パロディや民間伝承のネタとなってきた。1972年、アメリカの歌手は動物が官職に当選した内容を歌った曲「」(The Monkey That Became President)でヒットを飛ばした。 が1817年に著した小説『』では、議会議員候補としてオランウータンが登場する。ヒト以外による選挙への立候補 フレッシュアイペディアより)

  • スカンク・エイプ

    スカンク・エイプから見たオランウータンオランウータン

    スカンク・エイプは名前が表す通り、大変な異臭を放つ。外見はオランウータンに近く、褐色の体毛に覆われている。人間のように二足歩行で歩くことができる。名前の由来は、スカンク(skunk)のように臭い類人猿(ape)からである。スカンク・エイプ フレッシュアイペディアより)

  • オラン・ペンデク

    オラン・ペンデクから見たオランウータンオランウータン

    1917年、以前からオラン・ペンデクに注目していた博物学者エドワルド・ヤコブソンが、オランダからインドネシアへ転居した。彼はオランダの科学雑誌に『オラン・ペンデク遭遇談』を寄稿した。その記事の内容は彼がスマトラ島の山麓でオラン・ペンデクを調査した記録が残されている。地元のガイドが「オラン・ペンデクが後ろ足で地面を蹴り、逃げた」と言う目撃談からヤコブソンは「もし、それがオランウータンだとすれば木の枝を伝って逃げるので、オランウータンの誤認ではない」と判断した。また、足跡も発見されており、形は幅広で長さも短いため人間やオランウータンのものではないとした。オラン・ペンデク フレッシュアイペディアより)

  • 浜松市動物園

    浜松市動物園から見たスマトラオランウータンオランウータン

    霊長類の展示は、国内の動物園としては最大級で、ニシローランドゴリラやスマトラオランウータン・ゴールデンライオンタマリンなどが居り、67種970匹(2014年6月現在)は日本モンキーセンターに次ぐ規模である。その他にも、ミニ・サファリ形式の大放牧場や動物ふれあい広場・こんちゅう館など、教育施設としても立派な動物園である。猛獣は、ライオンやトラを始め、クロヒョウ、ユキヒョウ、ジャガー、ヨーロッパオオカミがおり,地方都市の動物園としては充実しているとされる。2013年度の年間入場者数は32万人。2009年度の45万人から減少傾向となっているのは、レジャーの多様化、少子化、市街地から遠く子供だけで行きにくいことが原因とされている。浜松市動物園 フレッシュアイペディアより)

  • アイ (チンパンジー)

    アイ (チンパンジー)から見たオランウータンオランウータン

    1989年10月3日にアキラとともに檻の鍵を開けて脱走。オランウータンの檻の鍵まで開けて逃がしてやったという。この事件で一躍、天才チンパンジーとして話題になった。アイ (チンパンジー) フレッシュアイペディアより)

168件中 31 - 40件表示

「オランウータン」のニューストピックワード