168件中 51 - 60件表示
  • フー・マンチュー (オランウータン)

    フー・マンチュー (オランウータン)から見たスマトラオランウータンオランウータン

    フー・マンチュー(, 1959年?–1992年5月4日)は、アメリカの動物園で飼育されていたオランウータンである。1968年に施錠された扉を自分で開けて囲いから脱出し、話題を集めた。フー・マンチュー (オランウータン) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)

    アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)から見たオランウータンオランウータン

    D・W・グリフィスの1915年の映画『國民の創生』はクー・クラックス・クランの2度目の勃興を世に広め、「科学的人種差別」理論が以前の差別主義者の偏見や白人至上主義の提唱者に新しく正当性を与えた。19世紀に白人が他の全てに対して優れているという概念が科学的思考の主流になった。かくして素人の人類学者かつ優生学者で、ニューヨーク動物学協会の会長であるマディソン・グラントは、1906年にニューヨーク市のブロンクス動物園でコンゴ・ピグミー族のオタ・ベンガを猿やその他の動物と共に展示した。グラントの命令で動物園の支配人はオタ・ベンガをオランウータンと同じ檻に入れて「失われた環」と表示し、進化論の中でオタ・ベンガのようなアフリカ人はヨーロッパ人よりも猿に近いという仮説を演出した。アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918) フレッシュアイペディアより)

  • クチン

    クチンから見たオランウータンオランウータン

    オランウータンを野生に戻すための保護区。8時半と14時半の毎日2回餌付けの時間になると森の奥からオランウータンがやってくる様子を観察できる。クチン フレッシュアイペディアより)

  • 黒田裕樹

    黒田裕樹から見たオランウータンオランウータン

    京都市立大宮小学校に入学し、京都市立加茂川中学校、京都市立紫野高等学校を経て、樫の実学園にて1年間の浪人生活を送り、名古屋大学理学部に進学。大学在学中にインドネシアに野生のオランウータンを求めて旅をするなどした。大学3年次よりは分子生物学科に所属。名古屋大学卒業後は東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系の大学院に進学。中胚葉誘導物質の発見などで知られる浅島誠の指導を受けた。大学院時代には脊索細胞の集合する機構について調べ、Axial Protocadherinと呼ばれる分子が脊索細胞が集合する上で必要不可欠な分子であることを突き止めた。黒田裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • ピルトダウン人

    ピルトダウン人から見たオランウータンオランウータン

    加えて1953年にはオークリー率いるオックスフォード大学の研究者らによるいっそう精密な年代測定と調査・分析が行われ、その結果、下顎骨はオランウータンのものであり、臼歯の咬面は人類のそれに似せて整形されていたこと、古く見えるよう薬品と思われるものにより石器などとともに着色されていたこと、伴出した獣骨は他の地域の産であることなどが突き止められた。ピルトダウン人 フレッシュアイペディアより)

  • 動物ものがたり

    動物ものがたりから見たオランウータンオランウータン

    1962年5月27日 オランウータンの初子動物ものがたり フレッシュアイペディアより)

  • 雄

    から見たオランウータンオランウータン

    (1)一般に、卵子は精子よりも大きく、つくり出すのに時間がかかる。そのため雌は一回の繁殖を終えてから次の繁殖に取りかかるようになれるまでの期間が長い。(2)また、雌は妊娠中は次の繁殖に取りかかることができない。これに比べて雄は妊娠しないため、常に次の繁殖に取りかかることができる。よって、「現在生殖相手を探している雌」の数は、「現在生殖相手を探している雄」の数より常に少なくなることになり、実効性比は雄に偏り、雄の間に雌をめぐっての戦いが生じる。(3)また、雌が主に抱卵・授乳など"子育て"を担う種では、その期間の雌はやはり「現在生殖相手を探している雌」ではなくなるため、実効性比は雄に偏り、同様に雄が雌をめぐって戦うという状況が生じる。特に、胎生を採用しているために雌側の繁殖スピードが極めて遅くなる哺乳類にいたってはその傾向が顕著である。そして雄による雌獲得争いの結果、多くの生物で、雄はその種がその環境で生きていくのに最低限必要な体格よりも大きめの体格になることが多い。また先述のような二次性徴として雌の気をひきつけるための角や鰭、羽毛や体毛、派手な色彩や模様などをもつことが多く、それらが先述の婚姻色のように繁殖期になってから発現するもの、さらには個体の成熟具合や経験値によって発現の仕方が異なるものもある(例えば、オオルリの青い羽が生え揃うまでに生後から3年前後の年月を要し、ライオンの鬣の黒さやオランウータンの頬だこの大きさなどは過去の勝敗経験が関係する)。同様の理由で、特殊な鳴き声や羽音のような音声を発したり、儀式的な求愛行動をとったりするものも非常に多くなっている。(逆に稀な例ではあるが、タマシギという鳥は雄のみが抱卵するので、「現在生殖相手を探している雄」の方が常に雌よりも少なくなるため、雌の方が攻撃性が強く、派手な外観を持っており、求愛行動に関して積極的である。タツノオトシゴやヨウジウオのように、雄が育児嚢で卵を育てて産卵する種でも、同様に雌の方が派手な外観をしている。) フレッシュアイペディアより)

  • ベイブ/都会へ行く

    ベイブ/都会へ行くから見たオランウータンオランウータン

    牧羊犬コンテストで優勝しベイブは一躍人気者になったが、相変わらず牧場でのんびりと過ごしていた。しかしある日、主人のホゲットはベイブのせいで大怪我をしてしまう。同じ頃、銀行が借金の返済を求めて農場を差し押さえてしまう。働けなくなったホゲットの代わりに借金を返済するために、ホゲットの妻エズメとベイブは招待されていたイベントに出席して出演料をもらうため都会へ向かった。しかし、空港に着いたエズメは麻薬の運び屋と間違えられて取り調べを受けることになり、イベントに出席できなくなってしまった。途方に暮れるエズメとベイブは親切な空港の清掃員の紹介で、ペット宿泊可能なホテルに泊まることになった。そこは犬や猫、チンパンジーやオランウータンなどが住んでいた。ベイブ/都会へ行く フレッシュアイペディアより)

  • Ashes and Snow

    Ashes and Snowから見たオランウータンオランウータン

    グレゴリー・コルベールは、1992年以来、インド、ミャンマー、スリランカ、エジプト、ドミニカ、エチオピア、ケニア、トンガ、ナミビア、南極大陸などの地へ60回以上に及ぶ探検旅行を重ね、人間と動物のすばらしい交流を映像と写真に収めてきた。作品に登場する動物は、ゾウ、クジラ、マナティ、コシグロトキ、オオヅル、イヌワシ、シロハヤブサ、ツノサイチョウ、チーター、ヒョウ、リカオン、カラカル、ヒヒ、オオカモシカ、ミーアキャット、テナガザル、オランウータン、イリエワニなど。また、人間の被写体には、ミャンマーの僧侶、トランス・ダンサー、サン族の人々、そのほか世界各地の土着の民族などが含まれている。これまでにコルベールがコラボレーションを実現させた動物は、130種以上に上っている。Ashes and Snow フレッシュアイペディアより)

  • 耳

    から見たオランウータンオランウータン

    以前から、ヒトだけでなくオランウータンやチンパンジーなど霊長類は、耳にあまり発達しておらず機能も持たないが識別するに充分な大きさがある筋肉を持つ事が知られている。この未発達の筋肉はに当る。理由はどうあれ耳介を動かせないこの筋肉は、生物学的機能を失ってしまったと言う事ができる。これは、近縁種間にある相同の証拠とみなされる。なお、ヒトの中でも変異性があり、この筋肉を使って実際に耳介を動かせる者や、訓練を積んで動かせるようになる者もいる。一般の霊長類が耳介を動かす能力をほとんど失っているが、その目的は一般的なサルが持たない首を水平に回す能力で代替されている。これは、ある器官が備えた機能がのちに別な器官の機能に移ってしまう例に当る。 フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「オランウータン」のニューストピックワード