117件中 61 - 70件表示
  • モルグ街の殺人

    モルグ街の殺人から見たオランウータンオランウータン

    この事件に興味を抱いたデュパンは、警視総監のG...の伝手で自分と語り手を犯行現場に入れてもらい、独自に調査を行なった。語り手はこの調査で何も変わったところを見つけられないが、デュパンはすでに真相を見抜き、解決のための手はずを整えていた。まず、密室と見えた犯行現場は、実は窓の一つの釘が中で折れており、力を込めれば空けることができる上、ばね仕掛けで元に戻るようになっていた。警察はばね仕掛けの力を釘で打ち付けられているせいと誤認したのである。犯人は上階の避雷針に捕まって壁を伝い、この窓から侵入、逃走の際も同じ経路を使ったのだった。そして互いに食い違っている犯人の声の証言について、デュパンはそれがいずれも証言者たちの母国語以外の言語であったことを指摘する。続いてデュパンは現場に落ちていた毛の房、絞殺死体に残った手の跡を示し、それが明らかに人間のものではないことを示す。犯人はとある船乗りがボルネオで捕獲し、うっかり逃してしまったオランウータンであった。モルグ街の殺人 フレッシュアイペディアより)

  • 腐敗選挙区

    腐敗選挙区から見たオランウータンオランウータン

    トマス・ラブ・ピーコック(Thomas Love Peacock)の風刺小説『Melincourt, or Sir Oran Haut-Ton』(1817年)では、サー・オラン・ウート=トン(Sir Oran Haut-ton)という名のオランウータンが、「古より続く栄えある選挙区ワンボート」(Onevote =「1票」の意)から議会に選出される。サー・オランが選出されたのは、オランウータンは言葉を操れないだけで人類と同じ種族なのだと信じる主人公が、この考えを広めるために企てた計画の一環であった。「ワンボート選挙区は、荒れ地 (ヒース)の中にあって、1軒だけ農場があるが、土地は痩せ、耕作には向かず、ロットンバラ公爵(Duke of Rottenburgh = Rottenburgh は rotten borough の意)が、栄えある選挙区を存続させるためにわざわざ金を支払って店子たちを住まわせていなければ、誰も耕作しようとはしなかったことだろう。この選挙区の唯一の選挙人はクリストファー・コーポレイト氏(Mr Christopher Corporate)といい、彼の投票で議員2人が選ばれていたが、議員はそれぞれ「コーポレイト氏の半分だけを代表していると見なされた。」腐敗選挙区 フレッシュアイペディアより)

  • 西カリマンタン州

    西カリマンタン州から見たオランウータンオランウータン

    WWF Heart of Borneo conservation initiative - ボルネオ島中心部の情報 - 220,000 km?に及ぶ高原の熱帯雨林に住むオランウータン、サイ、コビトゾウなどが絶滅の危機に瀕している。西カリマンタン州 フレッシュアイペディアより)

  • タイムパトロール隊オタスケマン

    タイムパトロール隊オタスケマンから見たオランウータンオランウータン

    オランウータン型メカで木曜日に位置づけられる。森林地帯での戦闘を得意とする。武器は両手のシンバルで、車輪としても使える。タイムパトロール隊オタスケマン フレッシュアイペディアより)

  • ピグミー

    ピグミーから見たオランウータンオランウータン

    ルネサンス期以降、ピグミーの実在についての論争があったが結論はでなかった。しかし17世紀以降、アフリカやアジアの情報が増えると、ピグミー実在説が強くなった。解剖学者のタイソンはチンパンジーの標本にピグミーと名付け、一方では博物学者のエドワーズはオランウータンを「森の人、もしくはピグミー」とみなしたために、 ボルネオオランウータンの学名であるPongo pygmaeusに痕跡が残っている。また博物学者のビュフォンは鳥類の博物誌において、「ピグミーは明白にサルであり、知識がなかったり、(略)、観察者が人とみなしてしまった」という記述を残している。ピグミー フレッシュアイペディアより)

  • 動物の権利

    動物の権利から見たオランウータンオランウータン

    大型類人猿(オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ)については、人間に近い精神構造、複雑なコミュニケーション技術や社会構成、そして、人の言語を理解しうる能力があることが証明されてきたという背景などから、特に積極的に権利を与えようという動きが活発化した。動物の権利 フレッシュアイペディアより)

  • 北澤功

    北澤功から見たオランウータンオランウータン

    動物園時代は、チンパンジー、オランウータン、レッサーパンダ、ゾウ、キリンなどの飼育・治療業務に加え、生態を考えた獣舎(日本の森、レッサーパンダ舎)を日本で初めて設計する。北澤功 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市フェニックス自然動物園

    宮崎市フェニックス自然動物園から見たオランウータンオランウータン

    現在、カドリー・ドミニオン所属のアニマルトレーナーの宮沢厚が以前所属して、オランウータンのさくら(TBSのテレビ番組「どうぶつ奇想天外」に出演していた)を担当した事で有名。で1997年に北海道で放送された「水曜どうでしょう」での企画「宮崎リゾートの旅」でさくらと共に登場している。当時は番組に出演する機会がなかった為、かなり貴重な映像である。(DVDにも収録されている)宮崎市フェニックス自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • アウストラロピテクス・アファレンシス

    アウストラロピテクス・アファレンシスから見たオランウータンオランウータン

    しかし、アウストラロピテクス・アファレンシスが直立二足歩行をしていたことを強く示唆する証拠もいくつもある。骨格全体を見ると骨盤の形は類人猿のものよりもヒトのものに近く、腸骨は太くて短く、仙骨は幅広くて股関節と大腿直筋に直結している。さらに、大腿骨の角度も尻から膝の方に向いている。このことによって、体の中心線に沿って足を下ろすことが可能となり、直立二足歩行を行っていたことが強く示唆される。現存する動物の中ではヒトの他に、オランウータンとクモザルだけがこの特徴を持っている。また足の爪先は大きく、後肢で枝を掴むのは困難であったという指摘もある。踵の関節の形状も、ヒトと非常に近い。アウストラロピテクス・アファレンシス フレッシュアイペディアより)

  • キナバタンガン川

    キナバタンガン川から見たオランウータンオランウータン

    川の上流の生態環境は、農園のための過度の伐採と土地の開墾によって大幅に破壊されている。しかし、岸辺に近い従来の低地林やマングローブ湿地の大部分は残され、イリエワニ (Crocodylus porous) の比較的適正な個体数の保護区を備えるとともに、ボルネオ島の野生生物のいくつかは最高の密度を有する。特筆すべきはボルネオ島固有のテングザルやオランウータン、アジアゾウ(ボルネオゾウ)、スマトラサイである。そのほかカニクイザル、ブタオザル (Southern pig-tailed macaque)、シルバールトン (Silvery lutung) などのほか、バンテン、爬虫類ではミズオオトカゲ、ヨロイハブ、マングローブヘビ (Boiga dendrophila) なども生息し、また、その領域は多様な野鳥でも知られている。キナバタンガン川 フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示

「オランウータン」のニューストピックワード