168件中 71 - 80件表示
  • 冒険ダン吉

    冒険ダン吉から見たオランウータンオランウータン

    ダン吉が日本にいた時の親友で、乗っていた船が難破し、漂着した無人島で猩猩(オランウータン)に囲まれて暮らしていたところを、ダン吉に助けられた。海賊から「ゾウの墓」の地図を奪ったり、ダン吉の遠征中にダン吉島を守るなどの活躍をする。ジラフ黒人帝国を救援した際に、幼帝を補佐するために同地に残り、ダン吉と別れる。冒険ダン吉 フレッシュアイペディアより)

  • 市川市動植物園

    市川市動植物園から見たオランウータンオランウータン

    さらにオランウータンがいて、レッサーパンダ2号舎がある。市川市動植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 尿酸

    尿酸から見たオランウータンオランウータン

    霊長類の狭鼻下目であるヒト上科がオナガザル上科から分岐したのは、2800万年から2400万年前頃であると推定されている。5種のヒト上科(テナガザル、オランウータン、チンパンジー、ゴリラ、ヒト)の肝臓から尿酸オキシダーゼ活性は検出されなかったが、ヒト上科以外の旧世界のサルと新世界のサルでは尿酸オキシダーゼ活性が検出された。ヒト上科の共通の祖先が旧世界のサルから分枝した際に、尿酸オキシダーゼ活性が消失したものと推定される。尿酸オキシダーゼ活性の消失の意味付けは、尿酸が抗酸化物質として部分的にビタミンCの代用となるためである。しかし、ヒトを含むヒト上科では、尿酸オキシダーゼ活性の消失により難溶性物質である尿酸をより無害なアラントインに分解できなくなっている。尿酸が体内に蓄積すると結晶化して関節に析出して痛風発作を誘発する。尿酸 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・リーキー

    ルイス・リーキーから見たオランウータンオランウータン

    リーキーのもっとも大きな遺産の一つは霊長類を自然の生息地で観察するフィールドワーク研究を促したことである。彼は人類の進化の謎を解く近道であると考えていた。リーキーは個人的に三人の女性、ジェーン・グドール、ダイアン・フォッシー、ビルーテ・ガルディカスを選んだ。彼女らはそれぞれチンパンジー、ゴリラ、オランウータン研究の重要な研究者となり、「リーキーの天使」とあだ名された。ルイス・リーキー フレッシュアイペディアより)

  • 序章 (X-ファイルのエピソード)

    序章 (X-ファイルのエピソード)から見たオランウータンオランウータン

    モルダーとスカリーはスウェンソンの事件を捜査するために、ベルフルールへと向かった。2人が乗った自動車が、町の近くの森の中を走っていると、カーラジオが原因不明の機能不全を起こした。モルダーはラジオに異常が起きた地点にスプレーで「X」とマーキングした。その後、町に到着したモルダーは、郡の検視官であるジェイ・ネンマン医師の反対を押し切って、3人目の犠牲者であるレイ・ソームズの死体を墓から出すことにした。ソームズの棺を開けると、中には腐乱死体が入っていた。スカリーはその死体がソームズのものではなく、オランウータンの死体だと判断した。また、死体の鼻腔からは金属製のインプラントが発見された。序章 (X-ファイルのエピソード) フレッシュアイペディアより)

  • ジャングル・ブック (1967年の映画)

    ジャングル・ブック (1967年の映画)から見たオランウータンオランウータン

    ジャングルのサルの王をつとめるオランウータン。書籍などによっては名前をキング・ルイとしているものもある。人間になるのが望みで、バナナと引き換えに火の使い方をモーグリに教わろうとする。双子がいて、彼の名はキング・ラリー。キング・ルーイは原作には登場しないキャラクター。ジャングル・ブック (1967年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • モリー (オランウータン)

    モリー (オランウータン)から見たオランウータンオランウータン

    モリー(1952年?–2011年4月30日)は、上野動物園、後に多摩動物公園で飼育されていたオランウータンである。オランウータン飼育の実績に乏しかった日本において、日本最初の事例となる出産をこなし、飼育下のオランウータンでは世界最高齢となる59歳まで生きた。晩年はクレヨンを使って絵を描くようになり、「モリー画伯」と親しまれた。「モリ」「モーリー」の表記もある。モリー (オランウータン) フレッシュアイペディアより)

  • 世界自然保護基金

    世界自然保護基金から見たオランウータンオランウータン

    RSPOはグリーンウォッシングの一種ではないかと疑問視する250を越えるNGOなどの組織からの反応がある。RSPOに懐疑的なNGOによれば、パーム油の開発はきわめて広大なプランテーションを必要とし、熱帯雨林などの生態系の破壊など環境負荷が大きく、そのほかにも地域共同体の生活の破壊、オランウータンの棲息地が脅かされるなど、根本的に持続可能なパーム油の開発は不可能との見解が示されている。世界自然保護基金 フレッシュアイペディアより)

  • 直立二足歩行

    直立二足歩行から見たオランウータンオランウータン

    直立二足歩行の進化要因については、さまざまな仮説がある。たとえば、移動効率、両手を自由にして食料を運ぶことができたこと、長距離を見通すこと、性淘汰、体温調節、水中を歩くため(水生類人猿説)などがあるが、決定的なものはない。オランウータンの観察から、ヒトの二足歩行は地上に進出するより前に、樹上での移動において起源したとする説もある。直立二足歩行 フレッシュアイペディアより)

  • クラーク・エーベル

    クラーク・エーベルから見たオランウータンオランウータン

    スマトラ島にオランウータンの生息することを初めて報じたヨーロッパ人でスマトラオランウータンの学名、'''' に献名されている. 。クラーク・エーベル フレッシュアイペディアより)

168件中 71 - 80件表示

「オランウータン」のニューストピックワード