117件中 71 - 80件表示
  • ルイス・リーキー

    ルイス・リーキーから見たオランウータンオランウータン

    リーキーのもっとも大きな遺産の一つは霊長類を自然の生息地で観察するフィールドワーク研究を促したことである。彼は人類の進化の謎を解く近道であると考えていた。リーキーは個人的に三人の女性、ジェーン・グドール、ダイアン・フォッシー、ビルーテ・ガルディカスを選んだ。彼女らはそれぞれチンパンジー、ゴリラ、オランウータン研究の重要な研究者となり、「リーキーの天使」とあだ名された。ルイス・リーキー フレッシュアイペディアより)

  • 地球史年表

    地球史年表から見たオランウータンオランウータン

    狭鼻下目のヒト上科(テナガザル、オランウータン、チンパンジー、ゴリラ、ヒトの共通祖先)がオナガザル上科から分岐し、同時にヒト上科で尿酸を分解する尿酸オキシダーゼ活性が消失した。尿酸が直鼻猿亜目で合成能が失われたビタミンCの抗酸化物質としての部分的な代用となった。地球史年表 フレッシュアイペディアより)

  • 尾

    から見たオランウータンオランウータン

    ヒトにおける尾の極端な退化は、直立姿勢を取り、草原で生活することからその利用がなくなったためとする説も存在するが、実際には類人猿はすべて外見上は尾を失っており、樹上性のオランウータンやテナガザルにおいても同様である。 フレッシュアイペディアより)

  • パイの物語

    パイの物語から見たオランウータンオランウータン

    インドで動物園を経営していた主人公一家は、新天地を求めて動物とともにカナダに移住を決断。しかし日本船籍の貨物船「ツシマ丸」で太平洋を北上中に海難事故に遭い、16歳の少年パイが人間では唯一の生存者となる。彼はライフボートでオランウータン、ハイエナ、シマウマ、ベンガルトラと過ごすことになる。パイの物語 フレッシュアイペディアより)

  • 性行為

    性行為から見たオランウータンオランウータン

    哺乳類のほとんどは雌の後ろから雄が覆い被さる後背位である。人間以外では、ピグミーチンパンジー(ボノボ)、オランウータンが正常位による交尾を行うことが知られている。性行為 フレッシュアイペディアより)

  • ジャングル・ブック (映画)

    ジャングル・ブック (映画)から見たオランウータンオランウータン

    ジャングルのサルの王をつとめるオランウータン。人間になるのが望みで、バナナと引き換えに火の使い方をモーグリに教わろうとする。双子がいて、彼の名はキング・ラリー。ジャングル・ブック (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 米長邦雄

    米長邦雄から見たオランウータンオランウータン

    大の将棋ファンであった山口瞳は米長のことを親しみを込めオランウータンというあだ名をつけた。このあだ名をもとに、大橋巨泉司会の「クイズダービー」に出演した際、「米長八段のあだ名は?」という問題が出て、正解は「オランウータン」だったが、米長は「いえ、あだ名はアラン・ドロンです」と切りかえした。米長邦雄 フレッシュアイペディアより)

  • Happy Tree Friends

    Happy Tree Friendsから見たオランウータンオランウータン

    師匠 - ブディストモンキーの師匠のオランウータン。すでに亡くなっていて、回想シーンにのみ登場する。Happy Tree Friends フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たオランウータンオランウータン

    珍しい動物を飼いたいという人がおり、この中には密猟によって捕獲された動物が安易に密売買されるケースも少なくない。野生のオランウータンはワシントン条約で商取引が禁じられているが、これすら売買していた事例もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • 色

    から見たオランウータンオランウータン

    霊長類の狭鼻下目(ヒトのほか、チンパンジー、オランウータン、ニホンザルなどを含む)が広鼻下目から分岐したのは3000-4000万年前と言われている。ほとんどの哺乳類は錐体細胞を2タイプ(2色型色覚)しか持たない。哺乳類の祖先は4タイプ全ての錐体細胞を持っていたが、初期の哺乳類は主に夜行性であったため、色覚は生存に必須ではなかった。結果、4タイプのうち2タイプの錐体細胞を失い、青を中心に感知するS錐体と赤を中心に感知するL錐体の2錐体のみを保有するに至った。これは赤と緑を十分に区別できないいわゆる「赤緑色盲」の状態である。ヒトを含む旧世界の霊長類(狭鼻下目)の祖先は、約3000万年前、X染色体にL錐体から変異した緑を中心に感知する新たなタイプの錐体(M錐体)視物質の遺伝子が出現し、X染色体を2本持つメスのみの一部が3色型色覚を有するようになり、さらにヘテロ接合体のメスにおいて相同組換えによる遺伝子重複の変異を起こして同一のX染色体上に2タイプの錐体視物質の遺伝子が保持されることとなりX染色体を1本しか持たないオスも3色型色覚を有するようになった。3色型色覚は果実等の発見に有利だったと考えられる。狭鼻下目のマカクザルに色盲がヒトよりも非常に少ないことを考慮すると、ヒトの祖先が狩猟生活をするようになり3色型色覚の優位性が低くなり、2色型色覚の淘汰圧が下がったと考えられる。色盲の出現頻度は狭鼻下目のカニクイザルで0.4%、チンパンジーで1.7%である。広鼻下目のヨザルは1色型色覚でありホエザルは狭鼻下目と同様に3色型色覚を再獲得しているが、これらを除き残りの新世界ザル(広鼻下目)はX染色体を2本持つメスのみの一部が3色型色覚を有し、オスは全て色盲である。これは狭鼻下目のようなX染色体上での相同組換えによる遺伝子重複の変異を起こさなかったためである。ヒトは上記のような初期哺乳類と霊長目狭鼻下目の祖先のX染色体の遺伝子変異を受け継いでいるため、M錐体を欠損したX染色体に関連する赤緑色盲が伴性劣性遺伝をする。男性ではX染色体の赤緑色盲の遺伝子を受け継いでいると色盲が発現し、女性では2本のX染色体とも赤緑色盲の遺伝子を受け継いでいる場合に色盲が発現する。なお、日本人では男性の4.50%、女性の0.165%が先天赤緑色覚異常で、白人男性では約8%が先天赤緑色覚異常であるとされる。 フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示

「オランウータン」のニューストピックワード