117件中 81 - 90件表示
  • アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)

    アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)から見たオランウータンオランウータン

    D・W・グリフィスの1915年の映画『國民の創生』はクー・クラックス・クランの2度目の勃興を世に広め、「科学的人種差別」理論が以前の差別主義者の偏見や白人至上主義の提唱者に新しく正当性を与えた。19世紀に白人が他の全てに対して優れているという概念が科学的思考の主流になった。かくして素人の人類学者かつ優生学者で、ニューヨーク動物学協会の会長であるマディソン・グラントは、1906年にニューヨーク市のブロンクス動物園でコンゴ・ピグミー族のオタ・ベンガを猿やその他の動物と共に展示した。グラントの命令で動物園の支配人はオタ・ベンガをオランウータンと同じ檻に入れて「失われた環」と表示し、進化論の中でオタ・ベンガのようなアフリカ人はヨーロッパ人よりも猿に近いという仮説を演出した。アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918) フレッシュアイペディアより)

  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

    絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約から見たオランウータンオランウータン

    天才!志村どうぶつ園(オランウータンの「チカ」を起用していたがワシントン条約に抵触し降板)絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 耳

    から見たオランウータンオランウータン

    以前から、ヒトだけでなくオランウータンやチンパンジーなど霊長類は、耳にあまり発達しておらず機能も持たないが識別するに充分な大きさがある筋肉を持つ事が知られている。この未発達の筋肉はに当る。理由はどうあれ耳介を動かせないこの筋肉は、生物学的機能を失ってしまったと言う事ができる。これは、近縁種間にある相同の証拠とみなされる。なお、ヒトの中でも変異性があり、この筋肉を使って実際に耳介を動かせる者や、訓練を積んで動かせるようになる者もいる。一般の霊長類が耳介を動かす能力をほとんど失っているが、その目的は一般的なサルが持たない首を水平に回す能力で代替されている。これは、ある器官が備えた機能がのちに別な器官の機能に移ってしまう例に当る。 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ダーウィン

    チャールズ・ダーウィンから見たオランウータンオランウータン

    ウィリアム・ヒューウェルは地質学会の事務局長にダーウィンを推薦した。一度は辞退したが、1838年3月に引き受けた。ビーグル号の報告書の執筆と編集に苦しんでいたにもかかわらず、種の変化に関して注目に値する前進をした。プロの博物学者からはもちろん、習慣にとらわれずに農民やハトの育種家などからも実際の経験談を聞く機会を逃さなかった。親戚や使用人、隣人、入植者、元船員仲間などからも情報を引き出した。最初から人類を推論の中に含めており、1838年3月に動物園でオランウータンが初めて公開されたとき、その子どもに似た振る舞いに注目した。6月まで何日も胃炎、頭痛、心臓の不調で苦しんだ。残りの人生の間、胃痛、嘔吐、激しい吹き出物、動悸、震えなどの症状でしばしば何もすることができなくなった。この病気の原因は当時何も知られておらず、治癒の試みは成功しなかった。現在、シャーガス病かいくつかの心の病が示唆されているが明らかになっていない。6月末にはスコットランドに地質調査のために出かけた。平行な「道」が山の中腹に三本走っていることで有名なグレン・ロイを観察した。後にこれは海岸線の痕だと発表したが、氷河期にせき止められてできた湖の痕だと指摘され自説を撤回することになった。この出来事は性急に結論に走ることへの戒めとなった。体調が完全に回復すると7月にシュールズベリーに戻った。チャールズ・ダーウィン フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア語

    インドネシア語から見たオランウータンオランウータン

    修飾・被修飾の関係をあらわす語順は、修飾される語の後に修飾する語を置く。 は、saya(私)+ tamu(客)で「私は客です」という文(名詞文)、 は、被修飾語+修飾語で「私の客」という句(名詞句)である。同様に は「日本人」、(オランウータン)は、orang(人)+ hutan(森)で「森の人」を意味する。インドネシア語 フレッシュアイペディアより)

  • 猿の惑星

    猿の惑星から見たオランウータンオランウータン

    地球の類人猿と同じように、猿の惑星にもゴリラ・オランウータン・チンパンジーがいて、ゴリラは行動的で単純。オランウータンは記憶力等に優れ、決まりきった仕事には有能であるが創造性に乏しい。チンパンジーは知的で発展的である、などの性格が描かれ、地球上の人種に対するステレオタイプな見方がパロディのように投影されている。猿の惑星 フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤドーム

    ナゴヤドームから見たオランウータンオランウータン

    ドムラ(Domra)が本ドームのマスコットキャラクターとして存在。ひょうきんなオランウータンと、優しくて力強いゴリラをイメージし、本ドームのスケールを表したキャラクターとしており、練習中のライブビジョンで放映される告知用VTR、グッズなどで登場することがあり、開場当時は外野上部看板の2番目と3番目の間にドムラのイラストを設置していた。ナゴヤドーム フレッシュアイペディアより)

  • ジャンプ放送局

    ジャンプ放送局から見たオランウータンオランウータン

    コミックス10〜17巻の間の担当で、担当編集者であった期間が歴代で最長。本名は大塚久永、通称は「攻めの大塚」。大きな口を誇張して描かれており、ウータンとはオランウータンのもじり。8巻あたりから本誌ではイラスト上、局員達が特定のテーマに沿った扮装(時代劇、ファンタジー、F1レースなど)をするのだが、彼以降の編集者キャラはその扮装をして、本誌で局員達と積極的に絡むようになった。その際に「〜だぞよー」という語尾を使うこともある。15巻の巻末マンガで一コマだけペン入れしたらしい。「桃太郎電鉄シリーズ」の「静岡のおもちゃ工場長」のモデル。ジャンプ放送局 フレッシュアイペディアより)

  • 海賊 (ONE PIECE)

    海賊 (ONE PIECE)から見たオランウータンオランウータン

    名前の由来はオランウータンを意味する「猩猩」。海賊 (ONE PIECE) フレッシュアイペディアより)

  • バケツでごはん

    バケツでごはんから見たオランウータンオランウータン

    オランウータン。仕事で失敗したために家を出たホームレス。ロンがホームレスになった際に行動を共にした。家出直後に幼い息子が彼を捜して体を壊し死んだ為、ロンに帰る様に強く説得した。その後、息子の所へ旅立つ。バケツでごはん フレッシュアイペディアより)

117件中 81 - 90件表示

「オランウータン」のニューストピックワード