前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • オランウータン

    オランウータンから見た恩賜上野動物園

    1837年にロンドン動物園で初めて飼育された。日本には1792年と1800年に長崎に輸入された記録がある。1898年に恩賜上野動物園で初めて飼育されたが、すぐに死亡している。1961年に恩賜上野動物園で飼育下繁殖に成功したが、父親はスマトラオランウータン、母親はボルネオオランウータンの種間雑種であったことが後に判明している。1970年代に血液検査により種別(当時は亜種別)に分けて、飼育・管理が試みられるようになった。日本国内での2004年における飼育個体数は53頭(スマトラオランウータン16頭、ボルネオオランウータン33頭、種間雑種4頭)で、飼育下繁殖個体の割合が大きい。一方で単一の飼育施設(スマトラオランウータンは東山動植物園、ボルネオオランウータンは多摩動物公園)での繁殖個体あるいはそれらに由来する個体の割合が大きく血統が偏っていること・流産や死産・10 - 20代の個体の死亡例が多いという問題もあり、1990年をピークに個体数は減少している。日本ではポンゴ属(オランウータン属)単位で特定動物に指定されている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た脂肪

    東南アジアの熱帯雨林では一斉開花と呼ばれる現象があり、数年に1度だけ森の木々が一斉に開花・結実する。一斉開花の年以外は果実生産は低調で、イチジクをのぞくと、ほとんど果実がない時期もある。特にボルネオ島ではこの果実がない期間が長く、一斉開花の年に「食いだめ」をして体内の脂肪を蓄え、果実が少ない時期はこの脂肪を消費しながら耐えている。一斉開花の年の1日の摂取カロリーはオトナのオスで8000kcal以上になるが、非果実季には4000kcal未満と半分以下に激減する。非果実季には、樹皮や新葉などを食べながらため込んだ脂肪を消費してしのいでいる。スマトラ島では非果実季でもイチジクの実が豊富にあるので、樹皮や葉を採食することは少ない。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たアルビノ

    体長オス97センチメートル、メス78センチメートル。体重オス60 - 90キログラム、メス40 - 50キログラム。全身は長く粗い体毛で被われる。毛衣は赤褐色や褐色。顔には体毛がなく、皮膚は黒い。なお、若齢個体は頭頂部の体毛が逆立ち毛衣が明橙色で、眼や口の周囲がピンク色である。ただし、非常に稀な例ではあるものの、アルビノの個体も確認されたことがある。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たチンパンジー

    オランウータンの腕は脚の2倍の長さがある。これは上腕骨ではなく橈骨と尺骨が長いことによるものである。指とつま先が曲がっていて、そのため枝を上手につかむことができる。大腿骨を骨盤に保持する股関節の靭帯がないため、ヒトや他の霊長類と異なり、オランウータンは足の動きに制約が少ない。ゴリラやチンパンジーとは異なり、オランウータンはナックルウォーク(軽く握った指の第1関節から2関節の間を地面につける)をしない。地面を歩くときは 第2関節から第3関節の間を地面につけ、腕で体全体を前後に振り子のように振りながら前に進む。この時、体の側面と手の甲は平行になっている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たボルネオ島

    インドネシア(スマトラ島北部、ボルネオ島)、マレーシア(ボルネオ島)オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た多摩動物公園

    1837年にロンドン動物園で初めて飼育された。日本には1792年と1800年に長崎に輸入された記録がある。1898年に恩賜上野動物園で初めて飼育されたが、すぐに死亡している。1961年に恩賜上野動物園で飼育下繁殖に成功したが、父親はスマトラオランウータン、母親はボルネオオランウータンの種間雑種であったことが後に判明している。1970年代に血液検査により種別(当時は亜種別)に分けて、飼育・管理が試みられるようになった。日本国内での2004年における飼育個体数は53頭(スマトラオランウータン16頭、ボルネオオランウータン33頭、種間雑種4頭)で、飼育下繁殖個体の割合が大きい。一方で単一の飼育施設(スマトラオランウータンは東山動植物園、ボルネオオランウータンは多摩動物公園)での繁殖個体あるいはそれらに由来する個体の割合が大きく血統が偏っていること・流産や死産・10 - 20代の個体の死亡例が多いという問題もあり、1990年をピークに個体数は減少している。日本ではポンゴ属(オランウータン属)単位で特定動物に指定されている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た東山動植物園

    1837年にロンドン動物園で初めて飼育された。日本には1792年と1800年に長崎に輸入された記録がある。1898年に恩賜上野動物園で初めて飼育されたが、すぐに死亡している。1961年に恩賜上野動物園で飼育下繁殖に成功したが、父親はスマトラオランウータン、母親はボルネオオランウータンの種間雑種であったことが後に判明している。1970年代に血液検査により種別(当時は亜種別)に分けて、飼育・管理が試みられるようになった。日本国内での2004年における飼育個体数は53頭(スマトラオランウータン16頭、ボルネオオランウータン33頭、種間雑種4頭)で、飼育下繁殖個体の割合が大きい。一方で単一の飼育施設(スマトラオランウータンは東山動植物園、ボルネオオランウータンは多摩動物公園)での繁殖個体あるいはそれらに由来する個体の割合が大きく血統が偏っていること・流産や死産・10 - 20代の個体の死亡例が多いという問題もあり、1990年をピークに個体数は減少している。日本ではポンゴ属(オランウータン属)単位で特定動物に指定されている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たゴリラ

    オランウータンの腕は脚の2倍の長さがある。これは上腕骨ではなく橈骨と尺骨が長いことによるものである。指とつま先が曲がっていて、そのため枝を上手につかむことができる。大腿骨を骨盤に保持する股関節の靭帯がないため、ヒトや他の霊長類と異なり、オランウータンは足の動きに制約が少ない。ゴリラやチンパンジーとは異なり、オランウータンはナックルウォーク(軽く握った指の第1関節から2関節の間を地面につける)をしない。地面を歩くときは 第2関節から第3関節の間を地面につけ、腕で体全体を前後に振り子のように振りながら前に進む。この時、体の側面と手の甲は平行になっている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たスマトラ島

    インドネシア(スマトラ島北部、ボルネオ島)、マレーシア(ボルネオ島)オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た寒冷化

    彼らの祖先はマレー半島とその周辺にも住んでいたが、度重なる寒冷化によって住処となる森を失った事と人類の狩猟の対象になった事から大陸では絶滅し、現在に至っている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「オランウータン」のニューストピックワード