38件中 11 - 20件表示
  • オランウータン

    オランウータンから見たアルゼンチン

    アルゼンチンの動物園で約20年間飼育されていたオランウータンについて、アルゼンチンの地方の裁判所は世界で初めてオランウータンに「人権」を認める判決を出している。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たイチジク属

    食性は雑食で、主にイチジク属・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た雑食

    食性は雑食で、主にイチジク属・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たランブータン

    食性は雑食で、主にイチジク属・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たライチ

    食性は雑食で、主にイチジク属・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た狩猟

    彼らの祖先はマレー半島とその周辺にも住んでいたが、度重なる寒冷化によって住処となる森を失った事と人類の狩猟の対象になった事から大陸では絶滅し、現在に至っている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た果実

    食性は雑食で、主にイチジク属・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たフランジ

    オスの顔の両脇にある張り出し(でっぱり)は「フランジ(Flange)」と呼ばれている(別名Cheek-Pad、頬だこ)。フランジは強いオスの「しるし」で、弱いオスは何歳になってもフランジが大きくならない。しかしひとたび強いオス(フランジがあるオス)がいなくなると、フランジのないオス(アンフランジ)が急激にフランジを発達させて、1年以内にフランジのあるオスに変わってしまう。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たドリアン

    食性は雑食で、主にイチジク属・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た橈骨

    オランウータンの腕は脚の2倍の長さがある。これは上腕骨ではなく橈骨と尺骨が長いことによるものである。指とつま先が曲がっていて、そのため枝を上手につかむことができる。大腿骨を骨盤に保持する股関節の靭帯がないため、ヒトや他の霊長類と異なり、オランウータンは足の動きに制約が少ない。ゴリラやチンパンジーとは異なり、オランウータンはナックルウォーク(軽く握った指の第1関節から2関節の間を地面につける)をしない。地面を歩くときは 第2関節から第3関節の間を地面につけ、腕で体全体を前後に振り子のように振りながら前に進む。この時、体の側面と手の甲は平行になっている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「オランウータン」のニューストピックワード