30件中 11 - 20件表示
  • オランウータン

    オランウータンから見た雑食

    食性は雑食で、主に果実(イチジク、パンノキ、ドリアン、マンゴスチン、ライチ、ランブータンなど)を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たランブータン

    食性は雑食で、主に果実(イチジク、パンノキ、ドリアン、マンゴスチン、ライチ、ランブータンなど)を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た熱帯

    アジアの熱帯のみに生息する。約1,300万年前に、ヒト亜科とオランウータン亜科が分岐した。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たライチ

    食性は雑食で、主に果実(イチジク、パンノキ、ドリアン、マンゴスチン、ライチ、ランブータンなど)を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た体長

    体長オス97センチメートル、メス78センチメートル。体重オス60-90キログラム、メス40-50キログラム。全身は長く粗い体毛で被われる。毛衣は赤褐色や褐色。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たヒト科

    オランウータン(英:Orangutan)は、哺乳綱サル目(霊長目)ヒト科オランウータン属(Pongo)に分類される構成種の総称である。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たマレーシア

    インドネシア(スマトラ島北部、ボルネオ島)、マレーシア(ボルネオ島)オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た果実

    食性は雑食で、主に果実(イチジク、パンノキ、ドリアン、マンゴスチン、ライチ、ランブータンなど)を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たフランジ

    オスの顔の両脇にある張り出し(でっぱり)は「フランジ(Flange)」と呼ばれている(別名Cheek-Pad、頬だこ)。フランジは強いオスの「しるし」で、弱いオスは何歳になってもフランジが大きくならない。しかしひとたび強いオス(フランジがあるオス)がいなくなると、フランジのないオス(アンフランジ)が急激にフランジを発達させて、1年以内にフランジのあるオスに変わってしまう。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たドリアン

    食性は雑食で、主に果実(イチジク、パンノキ、ドリアン、マンゴスチン、ライチ、ランブータンなど)を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「オランウータン」のニューストピックワード