1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • オランウータン

    オランウータンから見た尺骨

    オランウータンの腕は脚の2倍の長さがある。これは上腕骨ではなく橈骨と尺骨が長いことによるものである。指とつま先が曲がっていて、そのため枝を上手につかむことができる。大腿骨を骨盤に保持する股関節の靭帯がないため、ヒトや他の霊長類と異なり、オランウータンは足の動きに制約が少ない。ゴリラやチンパンジーとは異なり、オランウータンはナックルウォーク(軽く握った指の第1関節から2関節の間を地面につける)をしない。地面を歩くときは 第2関節から第3関節の間を地面につけ、腕で体全体を前後に振り子のように振りながら前に進む。この時、体の側面と手の甲は平行になっている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た繁殖

    フランジとアンフランジは繁殖戦略(メスとの関係)が大きく異なっている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た上腕骨

    オランウータンの腕は脚の2倍の長さがある。これは上腕骨ではなく橈骨と尺骨が長いことによるものである。指とつま先が曲がっていて、そのため枝を上手につかむことができる。大腿骨を骨盤に保持する股関節の靭帯がないため、ヒトや他の霊長類と異なり、オランウータンは足の動きに制約が少ない。ゴリラやチンパンジーとは異なり、オランウータンはナックルウォーク(軽く握った指の第1関節から2関節の間を地面につける)をしない。地面を歩くときは 第2関節から第3関節の間を地面につけ、腕で体全体を前後に振り子のように振りながら前に進む。この時、体の側面と手の甲は平行になっている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たマレー半島

    彼らの祖先はマレー半島とその周辺にも住んでいたが、度重なる寒冷化によって住処となる森を失った事と人類の狩猟の対象になった事から大陸では絶滅し、現在に至っている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たパンノキ

    食性は雑食で、主にイチジク属・ドリアン・パンノキ・マンゴスチン・ライチ・ランブータンなどの果実を食べるが植物の芽、葉、樹皮、昆虫、鳥類の卵、小型哺乳類なども食べる。食物を効率的に探すルートをとることから季節、食樹の位置を把握していると考えられ、他の動物の動きで食物の位置を察知することもある。樹洞に溜まった水を手ですくって飲む。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た人類

    彼らの祖先はマレー半島とその周辺にも住んでいたが、度重なる寒冷化によって住処となる森を失った事と人類の狩猟の対象になった事から大陸では絶滅し、現在に至っている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見た喉袋

    フランジのオスは大きな「のど袋」を持っていて、「ロング・コール(long call)」と呼ばれる独特の音声を発し、発情したメスがやってくるのを待つ。アンフランジのオスはメスと変わらない小さな体でこっそりメスに近づき、交尾を試みる。アンフランジの交尾に対してメスが抵抗することが多いため、研究者によってはこうした交尾を「レイプ」と呼んだりもする。オランウータン フレッシュアイペディアより)

  • オランウータン

    オランウータンから見たアジア

    アジアの熱帯のみに生息する。ヒト亜科とオランウータン亜科の分岐は約1,400万年前と推定されている。オランウータン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「オランウータン」のニューストピックワード