前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8723件中 1 - 10件表示
  • マシュー・ブーツ

    マシュー・ブーツから見たオランダオランダ

    マシュー・ブーツ(Mattheus Boots、1975年6月23日 - )は、オランダ出身のサッカー選手。マシュー・ブーツ フレッシュアイペディアより)

  • ベネルクス多国籍企業

    ベネルクス多国籍企業から見たオランダオランダ

    ベネルクス多国籍企業はオランダ・ベルギー・ルクセンブルクベネルクス多国籍企業 フレッシュアイペディアより)

  • ケープ地方

    ケープ地方から見たオランダオランダ

    1652年、オランダが植民地としたが、ナポレオン戦争でイギリスに奪われ、1814年、ケープ植民地(ケープコロニー)となった。ケープ地方 フレッシュアイペディアより)

  • 富野幸緒

    富野幸緒から見たオランダオランダ

    富野 幸緒(とみの ゆきお、6月28日生)は、埼玉県新座市出身で、オランダ在住の日本のコンテンポラリー・ダンスの振付家、演出家、ダンサー。富野幸緒 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパの道路標識

    ヨーロッパの道路標識から見たオランダオランダ

     ヨーロッパにおける条約批准国はアルバニア,オーストリア,ベラルーシ,ベルギー,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ブルガリア,クロアチア,チェコ,デンマーク,エストニア,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,ハンガリー,イタリア,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,マケドニア,モンテネグロ,オランダ,ノルウェー,ポーランド,ポルトガル,ルーマニア,ロシア,サンマリノ,セルビア,スロバキア,スウェーデン,スイス,トルコ,ウクライナである。ヨーロッパの道路標識 フレッシュアイペディアより)

  • オランダ鉄道

    オランダ鉄道から見たオランダオランダ

    オランダ鉄道(オランダてつどう、オランダ語:NS, Nederlandse Spoorwegen)は、オランダの鉄道を運営する鉄道事業者で、旧オランダ国鉄を継承した、全国組織の鉄道事業者である。オランダ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ヤッコ・エルティン

    ヤッコ・エルティンから見たオランダオランダ

    ヤッコ・エルティン(Jacco Eltingh, 1970年8月29日 - )は、オランダ・ヘルダーラント州ヘールデ出身の元男子プロテニス選手。ダブルスの名手として活躍し、同じオランダのポール・ハーフースとペアを組んで、4大大会の男子ダブルス部門ですべてのタイトルを獲得する「キャリア・グランドスラム」を達成した。彼らのライバルにはオーストラリアペアの「ウッディーズ」(マーク・ウッドフォードとトッド・ウッドブリッジのこと)がいて、オランダペアの2人と「ウッディーズ」は1990年代の男子テニス界を代表するダブルスコンビとして数々の名勝負を繰り広げた。1996年のウィンブルドン男子シングルス優勝者になったリカルド・クライチェクも、同世代のオランダ人選手である。エルティンの自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス44勝を挙げた。身長187cm、体重80kg、右利き。ヤッコ・エルティン フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパにおける政教分離の歴史

    ヨーロッパにおける政教分離の歴史から見たオランダオランダ

    カルヴァン派はまた、ネーデルラント(低地地方)とくにオランダでは著しい影響を及ぼし、それは外国支配からの解放運動の大きな原動力となった(詳細後述)。スコットランドにおいては、1540年代にこの国で最初にカルヴァン主義を奉じた聖職者が火刑に処せられ、カルヴァン派貴族が蜂起したものの、それも制圧された。一時ジュネーヴに亡命し、カルヴァンの影響を強く受けたジョン・ノックスが1559年に帰国、プロテスタントのスコットランド貴族を動かしてスコットランド教会(スコットランド長老派教会)を設立し、1560年にはノックスらの信仰告白(スコットランド信条)がスコットランド議会に承認されて「国教」の地位を獲得した。のちにそのなかでイギリス国教会を批判する勢力がピューリタン(清教徒)を形成した。ジョン・ノックスの改革派教会では信仰上の原理が政治上の規律とされるなどジュネーヴ的な改革がなされ、神政政治が一時実現した。スコットランド各地ではこのとき多くの聖堂が破壊され、偶像崇拝は徹底的に否定されている。信徒が牧師を選出している点では、この国の教会制度はむしろジュネーヴのそれよりも民主的であった。ヨーロッパにおける政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋戦争

    太平洋戦争から見たオランダオランダ

    太平洋戦争(たいへいようせんそう、)は第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国や満州帝国、ドイツ国など枢軸国と、連合国(主にイギリス帝国、アメリカ合衆国、オランダなど)の戦争である。日本側の名称は1941年(昭和16年)12月12日に東条内閣が閣議で「大東亜戦争」と決定し、支那事変も含めるとされた。太平洋戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 自由海論

    自由海論から見たオランダオランダ

    『自由海論』(じゆうかいろん、)は、フーゴー・グロティウスによってラテン語で書かれ1609年に初版が刊行された本。『海洋自由論』、『海洋の自由』と翻訳されることもある。正確な題名は『自由海論、インド貿易に関してオランダに帰属する権利について』(Mare Liberum, sive de jure quod Batavis competit ad Indicana commercia dissertatio)という。『戦争と平和の法』(ラテン語:De jure belli ac pacis)と並び「国際法の父」といわれるグロティウスが著わした代表的な法学書のひとつである。母国オランダの立場を擁護する観点から海洋の自由を論じ、それを論拠としてすべての人が東インドとの通商に参加する権利を有するとして、オランダは東インドとの通商を継続すべきであることを主張した。『捕獲法論』(ラテン語:De jure praedae)がグロティウスの死後の1864年に発見されたことにより、この『自由海論』は『捕獲法論』の第12章として書かれたものに修正を加えたものであったことが明らかになった。『自由海論』は学術的論争の発端となり、その後の近代的な海洋法秩序形成を促すこととなった。現代の公海に関する制度にはこの『自由海論』で論じられた理論に起源をもつものもある。自由海論 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8723件中 1 - 10件表示

「オランダ」のニューストピックワード