6799件中 31 - 40件表示
  • 2007年ロッテルダム・ワールドポート・トーナメント

    2007年ロッテルダム・ワールドポート・トーナメントから見たオランダオランダ

    2007年ロッテルダム・ワールドポート・トーナメントは、2007年8月2日から8月12日にかけてオランダ・ロッテルダム市にて開催された国際野球大会。参加国はオランダ、日本、アメリカ、キューバ、台湾の5カ国で、東都大学野球リーグ選抜が日本代表として出場した。2007年ロッテルダム・ワールドポート・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • ティンバーゲン

    ティンバーゲンから見たオランダオランダ

    ヤン・ティンバーゲン (Jan Tinbergen) - 1969年にラグナル・フリッシュとともに世界最初のノーベル経済学賞を受賞したオランダの経済学者。ティンバーゲン フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・フィリップス

    フレデリック・フィリップスから見たオランダオランダ

    フレデリック・フィリップス(、1905年4月16日 - 2005年12月5日)は、オランダの実業家。同国に本社を置く総合電器メーカー「フィリップス」の共同創業者であるアントン・フィリップスの長男で、自身も1961年から1971年まで同社の社長を務めた。フレデリック・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • フリードリッヒ・フォン・デア・ハイテ

    フリードリッヒ・フォン・デア・ハイテから見たオランダオランダ

    1934年の時点でフォン・デア・ハイテはオーストリアの市民権を取得しており、それと同時にドイツ/バイエルン州の市民権も持ち続けていた。彼は ナチスを信奉する学生達との口論に何度か巻き込まれるようになり、ゲシュタポから逃れるためには古巣の騎兵連隊に戻るしかなかった。この期間中に彼はカーネギー平和協会から奨学金を受けていた。1934年にフォン・デア・ハイテはドイツ陸軍へ戻り、1935年には第15騎兵連隊に異動になりドイツ国防軍少尉に昇進した。彼は再び1時的に軍務から離れオランダに行きハーグで更に勉学に励んだ。フリードリッヒ・フォン・デア・ハイテ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエラ・クライチェク

    ミハエラ・クライチェクから見たオランダオランダ

    ミハエラ・クライチェク(Michaëlla Krajicek, 1989年1月9日 - )は、オランダ・デルフト出身の女子プロテニス選手。1996年のウィンブルドン男子シングルス優勝者、リカルド・クライチェクの妹である。これまでにWTAツアーでシングルス3勝、ダブルス4勝を挙げている。身長177cm、体重68kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ミハエラ・クライチェク フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合のナンバープレート

    欧州連合のナンバープレートから見たオランダオランダ

    ユーロプレートは横長であり、白地か黄色地に黒色の文字の組み合わせである。黄色のプレートは、オランダとルクセンブルクで採用されている。イギリスでは、フロントのプレートが白色、リアのプレートが黄色となる。イギリスのプレートはすべてプラスチック製である。アイルランド、フランス、ドイツでは、鉄製とプラスチィック製のどちらかが選択できる。黄色いプレートは、デンマークでは商用車、ギリシアではタクシー用である。ベルギーのプレートの文字は赤色である。ノルウェーでは、フロントシートのみの貨物車は、緑地に黒文字のプレートとなる。デンマークのプレートでは、青色のEUストライプの右側にホログラフの帯が入っている。欧州連合のナンバープレート フレッシュアイペディアより)

  • ベティ・ストーブ

    ベティ・ストーブから見たオランダオランダ

    ベティ・ストーブ(Betty Stöve, 1945年6月24日 - )は、オランダ・ロッテルダム出身の元女子プロテニス選手。1977年のウィンブルドン準優勝者で、4大大会女子ダブルス6勝・混合ダブルス4勝を挙げた名選手である。身長180cm、体重70kg、右利き。WTAツアーでシングルス2勝、ダブルス11勝を挙げた。「オランダ貴婦人」を意味する“Dutchess”(ダッチェス)という敬称で呼ばれた。ストーブのテニスは、強力なサーブとボレーを大きな武器にした。ベティ・ストーブ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・クライチェク

    リカルド・クライチェクから見たオランダオランダ

    リカルド・クライチェク(Richard Krajicek, 1971年12月6日 - )は、オランダ・ロッテルダム出身の元男子プロテニス選手。フルネームは Richard Peter Stanislav Krajicek (リカルト・ペーター・スタニスラフ・クライチェク)という。1996年のウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者である。シングルス自己最高ランキングは4位。ATPツアーでシングルス17勝、ダブルス3勝を挙げた。強力な弾丸サーブを最大の武器にする“ビッグ・サーバー”タイプの選手として知られる。妹のミハエラ・クライチェクもプロテニス選手である。(日本では「リカルド」と表記されているが、現地オランダ語での発音は「リシャルト」が近くなる。)リカルド・クライチェク フレッシュアイペディアより)

  • スペインによるアメリカ大陸の植民地化

    スペインによるアメリカ大陸の植民地化から見たオランダオランダ

    コンキスタドーレスの初期のアメリカ大陸での基本方針は、レコンキスタ終焉後の宗教的熱狂から来るキリスト教の布教と、入植することよりもまず黄金や財宝をかき集めることにあった。コンキスタドーレスはマヤ文明、アステカ文明、インカ文明といったアメリカの文明を破壊して金や銀を奪い、莫大な富をスペインにもたらした。この過程で多くのインディオが虐殺され、キリスト教への改宗事業が進み、また、インディオ女性に対する強姦が横行し、さらに、ヨーロッパ由来の疫病が免疫のない多数のインディオの命を奪った。スペインにもたらされた富はスペインの王侯貴族による奢侈や、オスマン帝国やオランダ、イギリスといった勢力との戦費に使用されてその多くがスペインから流出した。これは後の重商主義による奴隷制プランテーションや大西洋三角貿易、ポトシやグアナファト、サカテカス、ミナスジェライスの鉱山からの金や銀の流出に先駆けて、オランダやイギリスにおける資本の本源的蓄積の原初を担った。スペインによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所の歴史

    国際刑事裁判所の歴史から見たオランダオランダ

    国際刑事裁判所の設立構想は国際連合の創設にまで遡り、実は国連と同じ年月をかけて発展してきた。1998年7月17日、この構想は遂に実を結び、常設となる国際刑事裁判所 (ICC) を設立するための条約が、国連の外交会議で139カ国の賛同を得て採択された。この条約は4年後の2002年7月1日に発効し、2003年3月11日、史上初の国際刑事裁判所がオランダのハーグにて正式に発足した。国際刑事裁判所の歴史 フレッシュアイペディアより)

6799件中 31 - 40件表示

「オランダ」のニューストピックワード