6799件中 41 - 50件表示
  • ハメンクブウォノ9世

    ハメンクブウォノ9世から見たオランダオランダ

    ハメンクブウォノ8世がまだ皇太子の時代に妃のランディンアジェンクスティラとの間にジョクジャカルタ特別州ンガセム、ソンピランに生まれた。3歳の時に父がスルタンになると同時に皇太子となる。4歳の時にオランダの家庭に預けられ、1931年、オランダのライデン大学に入学し、インドネシアの研究と経済学を専攻し、1939年にインドネシアに戻った。ハメンクブウォノ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ボルボ (乗用車)

    ボルボ (乗用車)から見たオランダオランダ

    オランダで製造された後輪駆動小型車で、3ドアハッチバックの343と5ドアハッチバックの345、4ドアセダンの360(1983-1991年)からなる。1988年頃の英国では、よく見られた、ごく一般的な車種の一つで、フランスではファミリーカーと分類される。ボルボ (乗用車) フレッシュアイペディアより)

  • コルネリス・ファン・ドールン

    コルネリス・ファン・ドールンから見たオランダオランダ

    コルネリス・ヨハネス・ファン・ドールン(Cornelis Johannes van Doorn、1837年2月9日 - 1906年2月24日)はオランダの土木技術者で、明治時代のお雇い外国人。コルネリス・ファン・ドールン フレッシュアイペディアより)

  • ミッシェル・ウェーデル

    ミッシェル・ウェーデルから見たオランダオランダ

    ミッシェル・ウェーデル(Michel Wedel、男性、1958年 - )は、オランダの元空手家である。現役時代の体格は、身長197センチメートル、体重104キログラム。欧州最強の男の異名を持っていた。ミッシェル・ウェーデル フレッシュアイペディアより)

  • イギリスにおける1946-1947年の冬

    イギリスにおける1946-1947年の冬から見たオランダオランダ

    3月中旬になると、英国に暖気が訪れ、国中に積もった雪を融かした。この雪解け水は、凍土を流れて真っすぐ河川に向かい、大規模洪水を引き起こした。10万以上の土地が影響を受け、軍や対外援助諸機関は人道援助の提供を余儀なくされた。寒波が治まり地表の雪が融けるにつれて、天候の問題は終息していった。この冬、英国産業は深刻な影響を受けた。この年の工業生産は約10%減少した。穀物とジャガイモの生産は10?20%落ち込み、羊の4分の1が失われた。与党労働党は支持を失い始め、1950年の選挙では多数の議席を保守党に奪われた。英国はポンドを4.03ドルから2.80ドルにたり、超大国の地位から転落したり、大戦で荒廃した欧州への支援策であるマーシャル・プランを受け入れたりしたが、これらの一因もこの厳冬にあるとされている。他の欧州諸国への影響も深刻で、ベルリンでは寒さと飢えで150人が死亡した。オランダでは内政が混乱し、アイルランドでは企業の操業停止が生じた。イギリスにおける1946-1947年の冬 フレッシュアイペディアより)

  • 万国公法

    万国公法から見たオランダオランダ

    日本最初の翻刻である開成所版『万国公法』は、西周が訓点を施したものである。その西周はオランダに留学して国際法を学び、1865年に帰国している。こののち幕府開成所教授の職に就いていたが、1867年に改革案として「議題草案」・「別紙 議題草案」を提出した。この後者において「万国公法」という字句が登場している。これら改革案は徳川家中心の政体案であり、且つ三権分立を取り入れたもので、大政奉還後の展望を示したものである。ただ翌月には王政復古の大号令が発せられ、草案が日の目を見ることはついになかった。万国公法 フレッシュアイペディアより)

  • アチェ独立運動

    アチェ独立運動から見たオランダオランダ

    この政治運動の歴史は、インドネシアがオランダの植民地支配に組み込まれていく過程で生じたアチェ戦争にまで、その起源をさかのぼると考えられる。アチェ独立運動 フレッシュアイペディアより)

  • マシュミ

    マシュミから見たオランダオランダ

    軍政当局によってマシュミは法的地位をあたえられ、合法的な活動をおこなう制度的基盤を築き、マシュミ関係者は各級の行政機関でポストを得た。村落レベルでのムスリム指導者層も、公的な発言力を強めていった。また、軍政当局はムスリム青年層の武装化をすすめ、マシュミ傘下の軍事組織ヒズブラ()を結成した。その数は日本の敗戦時には約5万人、独立戦争期にはさらにその規模は拡大し、オランダとの武力闘争を担う武装勢力の一つとなった。マシュミ フレッシュアイペディアより)

  • 世界大学ランキング

    世界大学ランキングから見たオランダオランダ

    イギリスの高等教育専門週刊誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション』が2004年から毎年秋に公表している世界の大学ランキング。元々はイギリス「タイムズ紙」が、付録冊子『The Times Higher Education Supplement(THES)』として公表していた。その後タイムズから分離し、独立した専門誌となった。2004年から2009年までは、イギリスの大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)」と共同でランキングを作っていたが、集計手法に対する批判等から、2010年からは「トムソン・ロイター社(Thomson Reuters :TR)」と共同でランキングを作っている。それぞれ両方の機関の名前を取って、2009年までのランキングを『The Times Higher Education - Quacquarelli Symonds(THE-QS)』2010年以降を『The Times Higher Education - Thomson Reuters(THE-TR)』と呼んでいる。評価の特徴は、学問分野別の研究者によるピア・レビュー(同一分野の研究者による客観的判断を仰ぐ評価方法)に重点を置いてる。論文引用データベースはトムソン・ロイター社の「Web of Science(WoS)」を使用しているが、2008年は、オランダエルゼビア社の提供する「Scopus」を使用。「社会科学」「医学」「自然科学」「工学・情報工学」「人文科学」といった分野別のランキングも2004年から上位50大学発表している。2010年からは、大学関係者から聞いた教育研究面の評判を元にした評判ランキングも発表している。総合ランキングの発表は上位200大学。世界大学ランキング フレッシュアイペディアより)

  • ニコル・アレント

    ニコル・アレントから見たオランダオランダ

    ニコル・アレント(Nicole Arendt, 1969年8月26日 - )は、アメリカ・ニュージャージー州ソマービル出身の元女子プロテニス選手。キャリアを通じてダブルスに優れ、1997年のウィンブルドン女子ダブルス準優勝、1996年の全豪オープン・全仏オープン混合ダブルス準優勝を記録した。女子ダブルスでは、オランダのマノン・ボーラグラフと組んで多くの好成績を出した。自己最高ランキングはシングルス49位、ダブルス3位。WTAツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで16勝を挙げた。身長177cm、体重68kg、左利き。ニコル・アレント フレッシュアイペディアより)

6799件中 41 - 50件表示

「オランダ」のニューストピックワード