8723件中 61 - 70件表示
  • 台北の歴史

    台北の歴史から見たオランダオランダ

    て著された『裨海記遊』では、17世紀以前は台北全域がケタガラン族の活動範囲であったと明確に記載されている。伝承ではケタガラン族の祖先は台湾島最東端の三貂角に上陸しこの地に移住したと伝わり、1694年に発生した康熙大地震の後に移住を余儀なくされその人数は減少したが、尚も台北地区の主要な民族となっていた。この時期台湾南部はオランダや清により統治されていたが、台北地区は平埔族が散居する未開の平野であった。1632年に80余名のスペインによる探検隊が現在の北投社や里族社に進出したが、安撫と布教を行った以外の開発は行われず、台北における平埔族の時代は1709年に陳頼章による入植まで続いた。台北の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たオランダオランダ

    原産地はトルコのアナトリア地方とされ、トルコ国内の宮殿(トプカプ宮殿等)やモスク(ブルーモスク等)に貼られたタイルに描かれている。生産地ではオランダが非常に有名で、各国へ輸出されている。トルコからオランダにチューリップが伝わったのは16世紀頃。日本のホームセンターや園芸品店で販売されている球根は、ほとんどがオランダからの輸入である。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ハーフース

    ポール・ハーフースから見たオランダオランダ

    ポール・ハーフース(Paul Haarhuis, 1966年2月19日 - )は、オランダ・アイントホーフェン出身の男子プロテニス選手。長年にわたりダブルスの名手として活躍し、同じオランダのヤッコ・エルティンとペアを組んで、男子ダブルス4大大会すべて優勝する「キャリア・グランドスラム」を達成した。彼らのライバルにはオーストラリアペアの「ウッディーズ」がいて、2人と「ウッディーズ」は1990年代の男子テニス界を代表するダブルスペアとして数々の名勝負を繰り広げた。1996年ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者になったリカルト・クライチェクも、同世代のオランダ人選手である。ハーフースの自己最高ランキングはシングルス18位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルスは1勝と少ないが、ダブルスで54勝を挙げた。身長187cm、体重80kg、右利き。“Haarhuis”という名前の読み方が分かりづらく、日本語表記も「ハールフース」などの揺れが多い。実際にオランダ語の"ui"は""という音韻を表し、これを日本語に正確に転写することはできない。ポール・ハーフース フレッシュアイペディアより)

  • クリスティ・ボーグルト

    クリスティ・ボーグルトから見たオランダオランダ

    クリスティ・ボーグルト(Kristie Boogert, 1973年12月16日 - )は、オランダ・ロッテルダム出身の元女子プロテニス選手。1994年の全仏オープン混合ダブルス部門で、同じオランダのメノ・オースティングとペアを組んで優勝した。2000年シドニー五輪の女子ダブルスで、ミリアム・オレマンスとペアを組んだ銀メダル獲得もある。WTAツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで3勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス29位、ダブルス16位。身長178cm、体重64kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。クリスティ・ボーグルト フレッシュアイペディアより)

  • ミリアム・オレマンス

    ミリアム・オレマンスから見たオランダオランダ

    ミリアム・オレマンス(Miriam Oremans, 1972年9月9日 - )は、オランダ・北ブラバント州出身の元女子プロテニス選手。シドニー五輪の女子ダブルスで銀メダルを獲得した選手である。1992年のウィンブルドン混合ダブルス部門で、同じオランダのヤッコ・エルティンとペアを組んだ準優勝もある。キャリアを通じてウィンブルドン選手権を最も得意にした。WTAツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで3勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス25位、ダブルス19位。ミリアム・オレマンス フレッシュアイペディアより)

  • ハメンクブウォノ9世

    ハメンクブウォノ9世から見たオランダオランダ

    ハメンクブウォノ8世がまだ皇太子の時代に妃のランディンアジェンクスティラとの間にジョクジャカルタ特別州ンガセム、ソンピランに生まれた。3歳の時に父がスルタンになると同時に皇太子となる。4歳の時にオランダの家庭に預けられ、1931年、オランダのライデン大学に入学し、インドネシアの研究と経済学を専攻し、1939年にインドネシアに戻った。ハメンクブウォノ9世 フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉大

    藤倉大から見たオランダオランダ

    1977年、大阪生まれ。1993年、15歳で単身イギリスに渡りドーヴァーの高校を出たあと、トリニティ・カレッジ・オブ・ミュージックでダリル・ランズウィックに師事。イギリスのハダースフィールド国際音楽祭でオランダのオルケスト・デル・ヴォルハーディングによって作品が初演、のちロンドン・シンフォニエッタによりロンドン初演。2000年に修士課程をロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックでエドウィン・ロックスバラに師事(PRS奨学生)。2003年1月から博士課程をキングス・カレッジ・ロンドンでジョージ・ベンジャミンに師事。2006年、BBCのプロムスでBBC委嘱の「クラッシング・ツィスター」がBBCコンサート・オーケストラ、チャールズ・ヘイズルウッド指揮によって初演。2010年、2月21日 毎日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」で特集された。2012年にNMCレーベルより作品集CD《Secret Forest》リリース。2014年に初のオペラ「ソラリス」を脱稿。現在は全作品が「リコルディ・ベルリン」から出版および貸与。2009年3月以降は妻子とともにロンドン在住で、母校で教鞭をとっている。藤倉大 フレッシュアイペディアより)

  • ニコル・アレント

    ニコル・アレントから見たオランダオランダ

    ニコル・アレント(Nicole Arendt, 1969年8月26日 - )は、アメリカ・ニュージャージー州ソマービル出身の元女子プロテニス選手。キャリアを通じてダブルスに優れ、1997年のウィンブルドン女子ダブルス準優勝、1996年の全豪オープン・全仏オープン混合ダブルス準優勝を記録した。女子ダブルスでは、オランダのマノン・ボーラグラフと組んで多くの好成績を出した。自己最高ランキングはシングルス49位、ダブルス3位。WTAツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで16勝を挙げた。身長177cm、体重68kg、左利き。ニコル・アレント フレッシュアイペディアより)

  • 幕末期の文化

    幕末期の文化から見たオランダオランダ

    幕府はまた文久元年(1862年)には竹内保徳を正使、松平康英を副使とする第1回遣欧使節(文久遣欧使節)33名を派遣した。これは、ヨーロッパに向けた開港・開市延期交渉のための使節であり、「夷情探索」の命を受けた傭医師兼翻訳方の箕作秋坪、松木弘安(のちの寺島宗則)、通詞として福澤諭吉、福地源一郎さらに幕府から柴田剛中、長州藩から杉孫七郎らが従者として加わった。一行はマルセイユからパリに入ってナポレオン3世と会見、オランダ、プロイセン、ロシア、ポルトガルを歴訪した。幕末期の文化 フレッシュアイペディアより)

  • エクストリーム・メイクオーヴァー (吹奏楽曲)

    エクストリーム・メイクオーヴァー (吹奏楽曲)から見たオランダオランダ

    楽譜はいずれの編成ともオランダのアムステル・ミュージック(Amstel Music BV)から出版され、オランダのデ・ハスケ(De Haske Publications BV)およびアメリカのハル・レナード(Hal Leonard Corporation/アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアのみ)を通じて販売されている。エクストリーム・メイクオーヴァー (吹奏楽曲) フレッシュアイペディアより)

8723件中 61 - 70件表示

「オランダ」のニューストピックワード