8723件中 71 - 80件表示
  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たオランダオランダ

    このアルバムの大成功により、2003年11月に初のソロツアー「デンジャラスリィ・イン・ラブ・ツアー」(Dangerously in Love Tour) を行い、イギリス、アイルランド、オランダの3か国を廻った。11月10日のロンドンのウェンブリー・アリーナでのコンサートの模様は、翌年2004年のライブアルバム『ライヴ・アット・ウェンブリー』(Live at Wembley) に収録された。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たオランダオランダ

    病原体(病原微生物)について、それを人類が初めて見たのは、形態的には1684年のオランダのアントニ・ファン・レーウェンフックの光学顕微鏡による細菌の観察だといわれる。レーウェンフックの顕微鏡の改良により、細菌を肉眼で容易に観察できるようになった。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ケープタウン

    ケープタウンから見たオランダオランダ

    ケープタウンはもともと東アフリカ・インド・東アジア貿易に携わるオランダ船の食料基地として建設されており、それはスエズ運河が1869年に建設される200年以上も前のことであった。ヤン・ファン・リーベックが1652年4月6日に到着して南アフリカで初めてのヨーロッパ植民地を設立するのであるが、ケープタウンは急速に成長してヨーロッパ初の前哨基地(キャッスル・オブ・グッドホープ)という元々の目的を超えてしまった。ヨハネスブルグやダーバンが成長するまでは南アフリカ最大の都市であったのである。南アフリカに始めて白人が入植した土地であり、のちの内陸部へのすべての開拓の起点ともなった。そのため、南アフリカの白人からは「マザー・シティー」(母なる都市)との愛称で呼ばれる。ケープタウン フレッシュアイペディアより)

  • 大東亜戦争

    大東亜戦争から見たオランダオランダ

    大東亜戦争(だいとうあせんそう、、)は、大日本帝国と、イギリスやアメリカ合衆国、オランダ、中華民国、オーストラリアなどの連合国との間に発生した戦争に対する呼称。1941年(昭和16年)12月12日に東條内閣が、支那事変(日中戦争)も含めて「大東亜戦争」とすると閣議決定した。大東亜戦争 フレッシュアイペディアより)

  • フランス革命戦争

    フランス革命戦争から見たオランダオランダ

    フランス革命戦争は、オーストリアによるフランス革命への干渉を契機として、1792年4月20日にフランス革命政府(ジロンド派内閣)のオーストリアへの宣戦布告によって開始された。フランス北部および東部、オランダ、ベルギー、ドイツ、北イタリア、エジプト、一部の植民地などが主要な戦場となった。1793年にはイギリスを中心として第一次対仏大同盟が結成され、国内での反乱も相まってフランスは危機に陥った。だが革命の熱気によってもたらされた国民的な戦争への参画と、国家総動員体制の整備や師団編成の導入をはじめとする軍事的革新をばねとして反撃に転じた。1797年にはカンポ・フォルミオの和約によってオーストリアが一旦戦争から脱落した。フランス革命戦争 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

    マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットから見たオランダオランダ

    マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(、1953年 - )は、オランダ出身のアニメーション作家、アニメーター、イラストレーターである。主にイギリスを拠点として、短編アニメーション映画を中心に活動している。マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット フレッシュアイペディアより)

  • 万国公法

    万国公法から見たオランダオランダ

    日本最初の翻刻である開成所版『万国公法』は、西周が訓点を施したものである。その西周はオランダに留学して国際法を学び、1865年に帰国している。こののち幕府開成所教授の職に就いていたが、1867年に改革案として「議題草案」・「別紙 議題草案」を提出した。この後者において「万国公法」という字句が登場している。これら改革案は徳川家中心の政体案であり、且つ三権分立を取り入れたもので、大政奉還後の展望を示したものである。ただ翌月には王政復古の大号令が発せられ、草案が日の目を見ることはついになかった。万国公法 フレッシュアイペディアより)

  • PLUTO

    PLUTOから見たオランダオランダ

    ゲジヒトはダリウス14世が収監中のカラ・テバ刑務所に向かう。既に公判は始まっていたものの不遜な態度により裁判が進まず、ダリウス14世は人権団体からクレヨンを受け取っていた。トラキアが管理する刑務所での間接接見は埒があかず、ゲジヒトはダリウス14世本人の独居房に出向いて接見する。事件への関与をダリウスは婉曲に否定。そして獄中にクレヨンで描かれた花畑こそがプルートゥの本質だと指摘し、舌を噛む。通信途絶で直接出向いたエプシロンからヘラクレスの遺品とキャッチした花畑に立つ青年の映像を受け取る。ペルシアのサマルカンドに出向いたゲジヒトは戦争で壊れた花売りの少年ロボットモハメド・アリと出会い、花をしつこく薦められる。アブラー博士と対面して話を聞いたゲジヒトはアブラーがロボットではないと結論づける。ロボットは嘘をつけないが、アブラーは青年を知らないと嘘をついていた。アリから映像の青年がサハドだと聞き出したゲジヒトはサハドの留学先であるオランダに向かう。植物の研究に没頭するサハドは純朴で心優しい青年ロボットだと皆に慕われていた。サハドが品種改良で作り出しその力を恐れた新種のチューリップ、それが「プルートゥ」。他の花をすべて枯らしても孤高に咲くプルートゥの力を恐れたサハドは鉢植えに隔離した。その後、父親の死でサハドは故郷に帰国した。入居申請時の写真からサハドの産みの親はアブラー博士だと判明する。PLUTO フレッシュアイペディアより)

  • スペインによるアメリカ大陸の植民地化

    スペインによるアメリカ大陸の植民地化から見たオランダオランダ

    イスパノアメリカのポトシやグアナファト、サカテカスの鉱山では銀が、ベネズエラではプランテーション農業でカカオなどが、インディオや黒人の奴隷労働によって生産され、生産された富はスペインでは蓄積されずに戦費や奢侈に使われ、西ヨーロッパ諸国に流入して価格革命や商業革命を引き起こした。この重商主義的過程は、大西洋三角貿易によるイギリス領バルバドスやジャマイカ、フランス領サン=ドマングでの砂糖プランテーションによる収益や、18世紀のゴールドラッシュによりからイギリスに大量に流出した金と共に、西ヨーロッパ諸国の資本の本源的蓄積を担い、オランダやイギリスにおける産業資本主義の成立と、それに伴うヘゲモニーの拡大を支えた。スペインによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾の歴史

    台湾の歴史から見たオランダオランダ

    台湾が注目されるようになったのは16世紀の明朝時代になってからである。倭寇の活動が活発化するにつれて、台湾は倭寇の根拠地の一つとして使用されるようになり、やがて漢民族、日本人が恒久的に居住し始めるまでに至った。また、この時代になると、大航海時代にあったヨーロッパ各国から多くの人々が来航するようになり、台湾の戦略的重要性に気がついたオランダやスペインが台湾島を「領有」し、東アジアにおける貿易・海防の拠点としていった。そのために、日本への鉄砲やザビエルによるキリスト教伝来も、おそらくは台湾を経由してきたのだと思われる。台湾の歴史 フレッシュアイペディアより)

8723件中 71 - 80件表示

「オランダ」のニューストピックワード