6799件中 81 - 90件表示
  • ジャガイモ

    ジャガイモから見たオランダオランダ

    南米アンデス山脈の高地が原産といわれる。16世紀、スペイン人によりヨーロッパにもたらされた。このとき運搬中の船内で芽が出たものを食べて、毒にあたった為「悪魔の植物」と呼ばれた。日本には、1600年ごろにオランダ船によりジャカルタ港より運ばれた。当時は、観賞用として栽培されたという。ジャガイモ フレッシュアイペディアより)

  • ジャワ島

    ジャワ島から見たオランダオランダ

    首都ジャカルタが存在する。人口は約1億2400万人で、インドネシア一のみならず、世界第一位の人口を有する島である。人口密度も981人/km?と高い。過剰人口や貧困問題はオランダ支配下の19世紀前半に始まる。ジャワは、古代から東南アジアにおいて人口分布の核心地であったと考えられる。ジャワ島の西部にスンダ人、中部と東部にジャワ人、東部の一部(マドゥラ島とその対岸)にマドゥラ人が住み、狭義の「ジャワ」はこれらのうちのジャワ人地域である。ジャワ島 フレッシュアイペディアより)

  • オードリー・ヘプバーン

    オードリー・ヘプバーンから見たオランダオランダ

    本名は、オードリー・キャスリーン・ファン・ヘームストラ・ヘプバーン=ラストン(Audrey Kathleen Van Heemstra Hepburn-Ruston)。日本においてはヘップバーンと表記する場合もある。各種資料の一部に本名を「エッダ・ファン・ヘームストラ」とするものもある。「エッダ」は、戦時中、ドイツ占領下にあったオランダで、「オードリー」という名がイギリス的であることを心配した母エッラが、自らの名前をもじって(EllaをEddaとした)一時的に変えたものである。オードリー・ヘプバーン フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・デ・フライ

    ステファン・デ・フライから見たオランダオランダ

    ステファン・デ・フライ(Stefan de Vrij, 1992年2月5日 - )は、オランダ・南ホラント州オウダーケルク・アーン・デン・エイセル出身のサッカー選手。オランダ・エールディヴィジのフェイエノールト所属。ポジションはセンターバック。ステファン・デ・フライ フレッシュアイペディアより)

  • YS-11

    YS-11から見たオランダオランダ

    中型輸送機開発を正式に決定すると、アメリカのコンベアや、オランダのフォッカー、イギリスのBACなどの欧米航空機メーカーが、自社との共同開発、もしくは自社機のライセンス生産への参画、つまり独自開発の計画中止を求めて殺到した。これらの企業はみなDC-3の後継となる機体の開発計画を持っており、競合機種が増えることを望まなかったからである。特にフォッカーは自社のF27 フレンドシップと日本の機体の規模が競合するためしつこく食い下がってきたが、通産省はこれらをすべて一蹴した。YS-11 フレッシュアイペディアより)

  • 愛新覚羅溥儀

    愛新覚羅溥儀から見たオランダオランダ

    1925年:イギリスやオランダ公使館へ庇護を要請するものの拒否され、天津日本租界内張園に移転愛新覚羅溥儀 フレッシュアイペディアより)

  • 広田弘毅

    広田弘毅から見たオランダオランダ

    1927年(昭和2年)、オランダ公使を拝命。1930年(昭和5年)から1932年(昭和7年)にかけて、駐ソビエト連邦特命全権大使を務めた。着任後、満州事変が勃発。政府は軍を直ちに撤兵させる旨を各国政府に通告するよう駐在大使・公使に訓令を出したが広田は慎重な態度をとり、ソ連に通告を出さなかった。関東軍は撤兵することなく永久占領の形でチチハルに居座り、駐在大使・公使が各国政府の信頼を失う中、モスクワだけが例外となった。広田弘毅 フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たオランダオランダ

    原産地はトルコのアナトリア地方とされ、トルコ国内の宮殿(トプカプ宮殿等)やモスク(ブルーモスク等)に貼られたタイルに描かれている。生産地ではオランダが非常に有名で、各国へ輸出されている。トルコからオランダにチューリップが伝わったのは16世紀頃。日本のホームセンターや園芸品店で販売されている球根は、ほとんどがオランダからの輸入である。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • アンネ・フランク

    アンネ・フランクから見たオランダオランダ

    ドイツのフランクフルト・アム・マインに生まれたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の政権掌握後、迫害から逃れるため、フランク一家は故国ドイツを離れてオランダのアムステルダムへ亡命した。しかし第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、1942年7月6日に一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた(フランク一家の他にヘルマン・ファン・ペルス一家やフリッツ・プフェファーもこの隠れ家に入り、計8人のユダヤ人が隠れ家で暮らした)。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家での事を日記に書き続けた。1944年8月4日にゲシュタポに隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。同収容所の不衛生な環境に耐えぬくことはできず、チフスを罹患して15歳にしてその命を落とした。1945年3月上旬頃のことと見られている。アンネ・フランク フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たオランダオランダ

    イギリス発祥の紳士のスポーツとして知られるが、その起源についてはスコットランドを筆頭に、オランダ、中国など世界各地に発祥説があり、定説がない。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

6799件中 81 - 90件表示

「オランダ」のニューストピックワード