8723件中 81 - 90件表示
  • ユニバーサルヘルスケア

    ユニバーサルヘルスケアから見たオランダオランダ

    70年代以降では、西ヨーロッパ諸国ではオーストラリア、ベルギー、フランス、ドイツ、ルクセンブルグなどで社会保険制度によるユニバーサルヘルスケアが制定され、擬似的なシステムだがオランダ(1985・2006年)、スイス(1996年)でも制定された。ユニバーサルヘルスケア フレッシュアイペディアより)

  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見たオランダオランダ

    2006年秋から現在にかけてセイヨウミツバチが一夜にして大量に失踪する現象が米国各地で発生、その数は米国で飼われているミツバチの約4分の1になった。ヨーロッパの養蜂家においても、スイス、ドイツでは小規模な報告ではあるが、他にもベルギー、フランス、オランダ、ポーランド、ギリシア、イタリア、ポルトガル、スペインにおいて同様の現象に遭遇している。また、CCDの可能性のある現象は台湾でも2007年4月に報告されている。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • オスマン帝国の対プロテスタント政策

    オスマン帝国の対プロテスタント政策から見たオランダオランダ

    1571年のレパントの海戦以降も、オスマン帝国はフランスを支援し続けようとしたし、1580年以降はオランダやイギリスを同様に支援した。プロテスタントやカルヴァン派への支援はヨーロッパにおけるハプスブルクの勢力拡大に対する対抗策であった。カトリックのハプスブルク家という共通の敵と戦っているプロテスタントに、オスマン帝国からさまざまな働きかけが行われた。スレイマン大帝は少なくとも一通の手紙をフランドルのルター派に送ったことで知られている。その中で、もし望むなら軍隊を送ると記している。ムラト3世も、エリザベス1世にイギリスとオスマン帝国の間に同盟を結ぶことを提案していることで有名である。。オスマン帝国の対プロテスタント政策 フレッシュアイペディアより)

  • 神聖ローマ帝国

    神聖ローマ帝国から見たオランダオランダ

    神聖ローマ帝国の領域は今日のドイツ(南シュレスヴィヒを除く)、オーストリア(ブルゲンラント州を除く)、チェコ共和国、スイスとリヒテンシュタイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクそしてスロベニア(プレクムリェ地方を除く)に加えて、フランス東部(主にアルトワ、アルザス、フランシュ=コンテ、サヴォワとロレーヌ)、北イタリア(主にロンバルディア州、ピエモンテ州、エミリア=ロマーニャ州、トスカーナ、南チロル)そしてポーランド西部(主にシレジア、ポメラニア、およびノイマルク)に及んでいた。神聖ローマ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • アンネ・フランク

    アンネ・フランクから見たオランダオランダ

    ドイツ国のフランクフルト・アム・マインに生まれたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の政権掌握後、迫害から逃れるため、一家で故国ドイツを離れてオランダのアムステルダムへ亡命した。しかし第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、1942年7月6日に一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた(フランク一家の他にヘルマン・ファン・ペルス一家やフリッツ・プフェファーもこの隠れ家に入り、計8人のユダヤ人が隠れ家で暮らした)。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家でのことを日記に書き続けた。アンネ・フランク フレッシュアイペディアより)

  • 2014年

    2014年から見たオランダオランダ

    ベルギー下院、同国で12年前に合法化されていた安楽死の適用年齢制限を廃止し、末期症状の子どもにも死を選ぶ権利を認める法案を可決。隣国オランダに次いで子どもにも安楽死を容認する2つ目の国となると同時に、年齢制限を完全になくし12歳未満でも安楽死を選択可能とした世界初の国家となる。2014年 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たオランダオランダ

    イギリス発祥の紳士のスポーツとして知られるが、その起源についてはスコットランドを筆頭に、オランダ、中国など世界各地に発祥説があり、定説がない。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • トム・パーカー (マネージャー)

    トム・パーカー (マネージャー)から見たオランダオランダ

    パーカー大佐(パーカーたいさ、Colonel Parker)と通称される、トマス・アンドリュー・"トム"・パーカー大佐(Colonel Thomas Andrew "Tom" Parker、出生名:アンドレアス・コルネリス・("ドリエス")・ファン・カウク、Andreas Cornelis ("Dries") van Kuijk、1909年6月26日 - 1997年1月21日)は、オランダ生まれの芸能インプレサリオで、エルヴィス・プレスリーのマネージャーだったことで広く知られている。パーカーによるプレスリーのマネジメント手法は、プレスリーの生活のあらゆる側面に関与するものであり、タレントのマネジメントを統括する役割のあり方を決定づけるとともに、プレスリーの驚異的な成功に中心的な役割を果たしたものと考えられている。「大佐(カーネル)」は、クライアントの利益のためには容赦なく相手から搾り取り、その稼ぎの中から、一般的な10%から15%という水準以上の自分の取り分を得ていた。その額は、プレスリーの晩年には、最大50%に達していたという。プレスリーはパーカーについて、「彼がいなかったらこんなにビッグになっちゃいないよ。彼はとても賢い男さ。(I don't think I'd have ever been very big if it wasn't for him. He's a very smart man.)」と述べている。長年に渡り、パーカーはアメリカ合衆国生まれであると詐称していたが、実際にはオランダのブレダ生まれであることが後に明らかになった。また、音楽プロデューサーとしても活動していた。トム・パーカー (マネージャー) フレッシュアイペディアより)

  • オランダ統治時代 (台湾)

    オランダ統治時代 (台湾)から見たオランダオランダ

    台湾のオランダ統治時代は、オランダの東インド会社が台湾島南部を制圧した1624年から、鄭成功の攻撃によってオランダ東インド会社が台湾から完全撤退した1662年までの37年間を指す。オランダ統治時代 (台湾) フレッシュアイペディアより)

  • 多重国籍

    多重国籍から見たオランダオランダ

    出生した子の国籍取得の形式には、血統主義と出生地主義がある。血統主義とは、親が自国民であれば子も自国民であるとする方式で、父親が自国民であることを要件とする場合は父系優先血統主義と、父母どちらかが自国民であれば子も自国民となる場合は父母両系血統主義という。日本、中華人民共和国、大韓民国、イタリア、ノルウェー、フィンランドなどの国々で採用されている。原則として血統主義であるが出生地主義を認める例外規定を設けている国にはイギリス、オーストラリア、オランダ、ドイツ、フランス、ロシアなどがある。多重国籍 フレッシュアイペディアより)

8723件中 81 - 90件表示

「オランダ」のニューストピックワード