前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
432件中 1 - 10件表示
  • オランダ

    オランダから見たフィリップス

    19世紀後半から20世紀初頭のオランダ社会は、政治的にはカトリック・プロテスタント・社会主義・自由主義という4つの柱で組み立てられていった。オランダは第一次世界大戦で中立を維持したが、そのときから1960年代まで存在していたオランダの社会システムは「柱状化verzuiling」社会と呼ばれた。政党を中心として、企業・労組・農民・大学・銀行・マスメディアその他にわたり、徹底的に4つの柱で住み分けと縦割りがなされた。たとえばフィリップスは旧教で、ロイヤル・ダッチ・シェルとユニリーバが新教勢力である。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たロイヤル・ダッチ・シェル

    19世紀後半から20世紀初頭のオランダ社会は、政治的にはカトリック・プロテスタント・社会主義・自由主義という4つの柱で組み立てられていった。オランダは第一次世界大戦で中立を維持したが、そのときから1960年代まで存在していたオランダの社会システムは「柱状化verzuiling」社会と呼ばれた。政党を中心として、企業・労組・農民・大学・銀行・マスメディアその他にわたり、徹底的に4つの柱で住み分けと縦割りがなされた。たとえばフィリップスは旧教で、ロイヤル・ダッチ・シェルとユニリーバが新教勢力である。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た昭和天皇

    その後も反日感情は残存し、1971年の昭和天皇オランダ歴訪の際には、在位中の昭和天皇はオランダ人にとって戦争犯罪人と見なされていたため市民から卵や魔法瓶を投げつけられるなどした。またベアトリクス女王が1986年に日本訪問の計画をした際には、議会と世論の反発で中止した。昭和天皇崩御後の1991年10月、ベアトリクス女王は歴代オランダ元首として初めて日本を公式訪問。天皇が主催した晩餐会のスピーチでは第二次世界大戦時のインドネシアにおける自国民の犠牲について言及する一方、翌年3月に開業を控えていた長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」にも言及し、蘭日関係の親善を強調した(女王は自らの居所であるハウステンボス宮殿の忠実な再現及び同名の使用を許可)。1990年代より従軍慰安婦問題が世界レベルで議論された際には、オランダも再度請求を開始、日本政府は、アジア女性基金により総額2億5500万円の医療福祉支援を個人に対して実施した(2001年・償い事業1)。その後2006年にはオランダは皇太子徳仁親王と同妃雅子ら一家の長期静養を受け入れるなど日蘭関係の友好面を見せたが、2007年7月にアメリカ合衆国下院121号決議が採択されると、オーストラリアに続いて、11月20日にオランダ下院慰安婦問題謝罪要求決議が採択。2008年8月、オランダ駐日大使のフィリップ・ヘルは、参議院内集会において「強制があったかどうかということなど問題ではない」と述べ、「日本政府が謝罪をするべきだ」と述べた。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たベアトリクス (オランダ女王)

    1964年、王女イレーネがカルロス・ウゴ・デ・ボルボン=パルマと結婚し、王位継承権を放棄した。2年後、ベアトリクス王女がクラウス・フォン・アムスベルクと結婚し、国民から怒りを買った。1967年、アントウェルペンが運河でライン川と結ばれた。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たハイネケン

    製造業では、ユニリーバやハイネケンなどに代表される食品・家庭用品産業、フィリップスに代表される電器産業、DSMに代表される化学産業が代表的な産業である。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たライン川

    1847年、オランダは単一銀本位制を採用した。1874年に本位銀貨の鋳造を永久停止した。銀本位制の採用から停止までにヨハン・ルドルフ・トルベッケが三度首相を務めた。また、彼と交代した首相の多くが神聖同盟の関係者だった。ライン川の上にドイツ統一が成ると、北ドイツの工業力と南ドイツの金融力がトリクルダウンしてきて再び栄えた。1873年(明治6年)には岩倉使節団がオランダを訪問しており、当時のロッテルダム・ハーグ・アムステルダムなどの様子が『米欧回覧実記』に、一部イラスト付きで詳しく記されている。使節団はカトリックの再興を目の当たりにした。オスマン債務管理局からイギリスを駆逐せんとするドイツは、英仏からオランダを会計上分離してしまった(三国同盟を参照)。二度のボーア戦争で、オランダ勢はドイツの下支えによって最初の攻撃を防ぎ、しかし英仏の海底ケーブルを使った追撃に倒れた。カトリック派の首相アブラハム・カイパーは1903年に鉄道・ドックのストライキに遭い、やがて新旧各宗派の連立政権に交代した。宗教戦争としての第一次世界大戦が迫っていた。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たアムステルダム

    オランダ( 、; ; )は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たユニリーバ

    19世紀後半から20世紀初頭のオランダ社会は、政治的にはカトリック・プロテスタント・社会主義・自由主義という4つの柱で組み立てられていった。オランダは第一次世界大戦で中立を維持したが、そのときから1960年代まで存在していたオランダの社会システムは「柱状化verzuiling」社会と呼ばれた。政党を中心として、企業・労組・農民・大学・銀行・マスメディアその他にわたり、徹底的に4つの柱で住み分けと縦割りがなされた。たとえばフィリップスは旧教で、ロイヤル・ダッチ・シェルとユニリーバが新教勢力である。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たドイツ銀行

    ヘンリ・ルイス・ビショフスハイム(:en:Henri Louis Bischoffsheim) - 銀行家。ドイツ銀行、BNPパリバ、ソシエテ・ジェネラルすべての創設に関わった。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たアルミニウム

    オランダは鉱物資源が乏しいにもかかわらず、20世紀にはいって金属工業を確立した。すず、アルミニウム、亜鉛の精錬も行われている。60年代の半ばには従業員50人以上の造船所の数は約100であったが、近年は船舶の建造より有利な石油化学工場の建設工事に切り替える傾向にある。機械工業の中心地はアイントホーヘンとナイメーヘンである。化学工業は最初は岩塩とコールタールに基礎を置いていたが、現在ではロッテルダム地区、ヘレーン、テルノーゼンを中心とする石油化学工業が最も重要になっている。オランダ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
432件中 1 - 10件表示

「オランダ」のニューストピックワード