432件中 41 - 50件表示
  • オランダ

    オランダから見た第一次世界大戦

    1847年、オランダは単一銀本位制を採用した。1874年に本位銀貨の鋳造を永久停止した。銀本位制の採用から停止までにヨハン・ルドルフ・トルベッケが三度首相を務めた。また、彼と交代した首相の多くが神聖同盟の関係者だった。ライン川の上にドイツ統一が成ると、北ドイツの工業力と南ドイツの金融力がトリクルダウンしてきて再び栄えた。1873年(明治6年)には岩倉使節団がオランダを訪問しており、当時のロッテルダム・ハーグ・アムステルダムなどの様子が『米欧回覧実記』に、一部イラスト付きで詳しく記されている。使節団はカトリックの再興を目の当たりにした。オスマン債務管理局からイギリスを駆逐せんとするドイツは、英仏からオランダを会計上分離してしまった(三国同盟を参照)。二度のボーア戦争で、オランダ勢はドイツの下支えによって最初の攻撃を防ぎ、しかし英仏の海底ケーブルを使った追撃に倒れた。カトリック派の首相アブラハム・カイパーは1903年に鉄道・ドックのストライキに遭い、やがて新旧各宗派の連立政権に交代した。宗教戦争としての第一次世界大戦が迫っていた。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た独立

    戦後に日本軍が撤退した後は再びインドネシアに侵攻してインドネシア独立戦争を戦った。戦後国力が低下していた上に、これまでの過酷な植民地支配に憤慨した独立勢力を抑えることは出来なかった。国際世論の支持も得られず、アメリカや国際連合の圧力もあって独立を承認せざるを得なくなり、結果として国際的地位の低下を招いた。戦争の終盤、ウィレム・ドレースが首相を務めていた。この地域では現在、中国・オーストラリアの門閥とロスチャイルドが投資活動を展開している。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た公用語

    公用語はオランダ語。フリースラント州ではフリジア語(実際には一方言の西フリジア語)も公用語として認められている。識字率は99%で、国民の3/4は母国語を含めた2カ国語を話すことが出来、44%は3カ国語を、12%は4ヶ国語を話すことができるとされる。フランス語やドイツ語などを話す人も多い。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た麻薬

    チューリップや野菜、チーズ等の乳製品で有名な農業分野は、非常に近代化されているが、国内経済に占める規模は21世紀の現在では数パーセントに過ぎない。2014年には、麻薬取引や売春などのサービスもGNPに算入するようになったが、これらのサービスは0.4%に相当し、チーズの全消費量をやや上回る水準となっている。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た移民

    オランダは、古くより他国で思想・信条を理由として迫害された人々を受け入れることで繁栄してきたという自負があるため、何ごとに対しても寛容であることが最大の特徴といえる。とりわけ、日本にとっては、徳川幕府による鎖国政策に際し、キリスト教の布教活動禁止という条件に欧州諸国で唯一寛容に応じ、長崎の出島を介した貿易を通じ、欧州の近代文明を蘭学という形で江戸時代に日本にもたらした史実は、明治維新後の日本が急速な近代化政策に成功するうえで不可欠な恩恵となった。また、ポルトガルが統治したカトリック国として近年インドネシアからの独立を果たした東ティモールとは異なり、東インド会社によるインドネシア統治に際してもキリスト教ではなくイスラム教の普及をむしろ領地拡大のテコとして利用した程である。現在でも他の欧州諸国に比して実に多くの移民が、その暮し易さのために、合法・非合法を問わず在住している。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た風力発電

    電力は主に火力発電と原子力発電により賄われている。年間の総発電量は93.8兆kWh(2007年)であり、そのうちの4%の4.1兆kWhが原子力発電(Borsseleに出力485MWeのPWR型発電所が1基ある。1973年建造)によるものである。火力発電は、主に天然ガスと石炭により行われている。近年、海上に大規模な風力発電施設が建設されるなど、再生可能エネルギーの利用も広く行われるようになってきているが、総発電量に占める割合は2.37%(2007年)と小さい。政府の目標としては2010年に再生可能エネルギーが総発電量に占める割合を10%にするという目標も存在している。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た風車

    今日オランダの観光資源の一つとなっている風車は、15世紀以降、産業革命の影響によりその役目を終えるまで、主に干拓地の排水を目的に建てられていた。その後、1953年2月1日の満潮の日に980ヘクトパスカルの低気圧がオランダ南西部(主にゼーラント州)を覆った。4.5メートル以上の高潮が発生し、破壊されたダムの長さは延長500kmに及び、1835人の犠牲者、家を破壊されたもの20万人というオランダ史上最大の洪水被害が生じた。オランダ政府は再発を防ぐため、1958年デルタ法を制定し、ライン川、マース川、スヘルデ川河口部全域に防潮堤防・水門・可動堰等を設けるデルタ計画を明らかにし、1997年に工事を完遂した。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た国際連合教育科学文化機関

    オランダ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が9件、自然遺産が1件存在する。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たブロードバンドインターネット接続

    インターネット接続の普及率は欧州諸国内で最高の約80%(2005年12月〜2006年1月欧州委員会調査。欧州平均は約40%)に達している。国内殆ど全ての地域でDSLとケーブルインターネットの高速接続が利用でき、高速接続の普及率は31.9%(2006年、OECD調査)とデンマークに続いて2位であり、日本の20.2%より高い水準にある。DSLとケーブルインターネットのシェア割合は60:40であり、FTTHの普及率はそれほど高くなく、国内最大のプロバイダはKPNである。都市部ではWi-Fiによるインターネット接続サービスも行われている。また、国際銀行間通信協会のオペレーションセンターを抱えている。他方、2011年デジノター事件によりその安全性が問題となった過去を持つ。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見た原子力発電

    電力は主に火力発電と原子力発電により賄われている。年間の総発電量は93.8兆kWh(2007年)であり、そのうちの4%の4.1兆kWhが原子力発電(Borsseleに出力485MWeのPWR型発電所が1基ある。1973年建造)によるものである。火力発電は、主に天然ガスと石炭により行われている。近年、海上に大規模な風力発電施設が建設されるなど、再生可能エネルギーの利用も広く行われるようになってきているが、総発電量に占める割合は2.37%(2007年)と小さい。政府の目標としては2010年に再生可能エネルギーが総発電量に占める割合を10%にするという目標も存在している。オランダ フレッシュアイペディアより)

432件中 41 - 50件表示

「オランダ」のニューストピックワード