432件中 51 - 60件表示
  • オランダ

    オランダから見た米国債

    一方、アメリカ独立戦争終盤の1782年6月、オランダは満期5年の5%利付き米国債を引受けた。これをはじめとしてアメリカはオランダで次々と5%利付きの中期外債を発行した。アムステルダムとアントワープで利払いが行われた国債の残高は1800年に1千万ドルに達した。償還は1809年に終了した。1803年の非居住者保有額4870万ドルは、米国債発行残高の56%であった。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たオイルショック

    第二次世界大戦後、オランダは寛容な福祉国家を築きあげたが、1970年代のオイルショックの後はオランダ病と呼ばれた不況と財政の悪化に苦しんだ。その対策として1982年にワッセナー合意が結ばれ、雇用の確保に努めながら企業の国際競争力の向上を図ったことで、1990年代には経済成長と失業率の低下が実現し、「オランダ・モデル」として注目を集めた。しかし、リーマン・ショックに端を発した経済危機を受けて、さらなる財政の緊縮が求められている。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たハウステンボス

    その後も反日感情は残存し、1971年の昭和天皇オランダ歴訪の際には、在位中の昭和天皇はオランダ人にとって戦争犯罪人と見なされていたため市民から卵や魔法瓶を投げつけられるなどした。またベアトリクス女王が1986年に日本訪問の計画をした際には、議会と世論の反発で中止した。昭和天皇崩御後の1991年10月、ベアトリクス女王は歴代オランダ元首として初めて日本を公式訪問。天皇が主催した晩餐会のスピーチでは第二次世界大戦時のインドネシアにおける自国民の犠牲について言及する一方、翌年3月に開業を控えていた長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」にも言及し、蘭日関係の親善を強調した(女王は自らの居所であるハウステンボス宮殿の忠実な再現及び同名の使用を許可)。1990年代より従軍慰安婦問題が世界レベルで議論された際には、オランダも再度請求を開始、日本政府は、アジア女性基金により総額2億5500万円の医療福祉支援を個人に対して実施した(2001年・償い事業1)。その後2006年にはオランダは皇太子徳仁親王と同妃雅子ら一家の長期静養を受け入れるなど日蘭関係の友好面を見せたが、2007年7月にアメリカ合衆国下院121号決議が採択されると、オーストラリアに続いて、11月20日にオランダ下院慰安婦問題謝罪要求決議が採択。2008年8月、オランダ駐日大使のフィリップ・ヘルは、参議院内集会において「強制があったかどうかということなど問題ではない」と述べ、「日本政府が謝罪をするべきだ」と述べた。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たカクテル

    食品工業は、近年停滞気味の輸出の牽引力として有力視されている。国際的食品加工企業のユニリーバ、ビールで有名なハイネケン、カクテルに使用されるリキュールやスピリッツの製造メーカーとして知られるボルスやデ・カイパーの本拠地はオランダである。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たビール

    食品工業は、近年停滞気味の輸出の牽引力として有力視されている。国際的食品加工企業のユニリーバ、ビールで有名なハイネケン、カクテルに使用されるリキュールやスピリッツの製造メーカーとして知られるボルスやデ・カイパーの本拠地はオランダである。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たナポレオン3世

    1830年、カトリックとリベラルによる独立戦争が起きて、1839年オランダはベルギーの独立を承認した。するとフランスがナポレオン3世を担ぎ出して、オランダにおける商業活動の主導権を握り牽制した。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たコーヒー

    オランダは早くから世界進出し、アジアとも関わりが深い。オランダによるジャワ島を中心とするオランダ領東インド支配においては、1825-30年におきた民衆反乱を弾圧したのち、「強制栽培制度」を1830年に実施した。これは、ジャワ農民に対し、土地の一定割合で稲作など食用の栽培を禁止し、コーヒーやサトウキビといったヨーロッパ輸出用の高級作物の栽培を強制する制度で、ナポレオン戦争後のオランダ本国がおかれた経済的苦境を、打破するためのものであった。この制度により、ジャワから強制栽培品を安く買い上げ転売したオランダは経済が好転、鉄道建設をはじめ、産業革命と近代化のための資本蓄積に成功した。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たウィレム1世 (オランダ王)

    オランダ全土の労働者人口と南ネーデルラント農民の大部分はカトリック信者であった。南ネーデルラントを統合しようとするとき、王に対しカトリックの聖職者はウィレム1世と憲法に反対した。彼が大規模な振興事業を始めたので、ユグノーが大いに潤い海上覇権をイギリスで握った。オランダは残された東インド植民地(オランダ領東インド、今日のインドネシア)で過酷な搾取を行った。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たエビ

    ニシン、タラ、サバなどの遠洋漁業が昔から盛んであったが、20世紀に入り漁法の近代化が遅れて衰退した。沿岸漁業はムール貝、カキ、エビおよび舌平目が中心である。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たニシン

    ニシン、タラ、サバなどの遠洋漁業が昔から盛んであったが、20世紀に入り漁法の近代化が遅れて衰退した。沿岸漁業はムール貝、カキ、エビおよび舌平目が中心である。オランダ フレッシュアイペディアより)

432件中 51 - 60件表示

「オランダ」のニューストピックワード