3932件中 91 - 100件表示
  • 大場翔太

    大場翔太から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2007年のNPB大学・社会人ドラフト会議1巡目で、6球団(オリックス、横浜、ソフトバンク、阪神、日本ハム、巨人)から重複指名。抽選の結果、福岡ソフトバンクホークスが独占交渉権を獲得したため、(出来高分の5,000万円を含む)契約金1億5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という最高の条件で入団に至った。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤真一

    佐藤真一から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    引退翌年のより東京ヤクルトスワローズでコーチを務め、シーズンよりオリックス・バファローズ一軍打撃コーチに就任。4月19日からシーズン終了後まで二軍打撃コーチ。佐藤真一 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・リーグ

    パシフィック・リーグから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1949年11月26日に開かれた各球団の代表者会議で、新球団加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂した。その日の午後1時には加盟賛成派の阪急ブレーブス(後のオリックス・バファローズ)、南海ホークス(後の福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(後の北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ(後の大映ユニオンズ)に新球団の毎日オリオンズ(後の千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパース(後の埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールス(後の大阪近鉄バファローズ)も加わり、計7球団で太平洋野球連盟(たいへいようやきゅうれんめい)が発足し、結団式が行われた。閉幕まで3日を残した1949年シーズン末の事である。初年度の1950年は親会社のバックアップで戦力を充実させた毎日オリオンズが優勝し、日本シリーズでも松竹ロビンスを倒し日本一に輝いた。パシフィック・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 楠淳生

    楠淳生から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    プロ野球では、テレビ・ラジオとも、主に阪神タイガース戦の中継で実況。オリックス・バファローズ戦では、ビジターチームの地元局向けラジオ中継を中心に、実況を担当することもある。全国高等学校野球選手権大会中継では、1984年の第66回全国大会2回戦・弘前実業対唐津商業戦を皮切りに、30年以上にわたって実況を続けている。楠淳生 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木誠 (野球)

    佐々木誠 (野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    にサンテレビ解説者、西日本スポーツ評論家を務めた後、は古巣・ダイエーの二軍外野守備・走塁コーチに就任。はオリックスの一軍外野守備兼打撃コーチ補佐、は同球団の二軍であるサーパス神戸の外野守備・走塁コーチを務めた。からは西日本スポーツ評論家に復帰するとともに、同年創部されたセガサミーのコーチに就任。この年の都市対抗予選では東京第1代表決定戦に進みながら、そこから5連敗して本大会出場を逃して社会人野球の厳しさなどにショックを受けたという。佐々木誠 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 羽田耕一

    羽田耕一から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    引退後は、一軍・二軍打撃コーチ、フロントでの編成担当などを務めたが、球団合併に伴い、2005年からはオリックス・バファローズ大阪営業部に在籍し、少年野球教室「オリックス・ベースボール・アカデミー」校長も務める。2006年から2014年までNPB12球団ジュニアトーナメントでオリックス・ジュニアの監督を務めており、2007年の大会では優勝に導いた。羽田耕一 フレッシュアイペディアより)

  • 野茂英雄

    野茂英雄から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    名実共にアマチュアNo.1投手となった進路が注目される中で行われた1989年のNPBドラフトでは史上最多の8球団(阪神タイガース、ロッテオリオンズ、ヤクルトスワローズ、横浜大洋ホエールズ、福岡ダイエーホークス、日本ハムファイターズ、オリックス・ブレーブス、近鉄バファローズ)から1位指名を受け、抽選の結果近鉄が交渉権を獲得した。推定契約金は史上初の1億円台となる1億2000万円、推定年俸は1200万円で、契約時に投球フォームを変更しないという条項が付け加えられた。野茂英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 新谷博

    新谷博から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    この時、先述の田中孝尚も阪急から2位指名を受け、こちらは入団している。しかし1軍出場の無いまま1986年限りで引退しており、プロの舞台で再会する事はなかった。新谷博 フレッシュアイペディアより)

  • 今岡誠

    今岡誠から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    宝塚市立美座小学校、宝塚市立宝塚中学校卒業。少年時代は宝塚シニアに所属し、阪急沿線に住んでいた影響で、阪急ブレーブスのファンであった。PL学園高校3年時に第64回選抜高等学校野球大会に出場し、8強入りする。東都大学野球連盟所属の東洋大学に進学後は遊撃手として大学通算89試合出場、335打数100安打、打率.299、12本塁打、73打点を記録。ベストナインに2回選出された。アトランタオリンピックでは日本生命の福留孝介も含めて3人の遊撃手が選出されたが、主に7番遊撃手井口忠仁、8番二塁手今岡、9番三塁手福留で起用され、打率.435を記録した。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    、チームは開幕から好調で4月を終えた時点では首位を走っていた。しかし、ストッパーを務めていた河本育之が故障離脱しストッパー不在になりチームは低迷する。首脳陣はエース格の黒木をストッパー抜擢し巻き返しを図ろうとしたが、黒木は連続で抑えに失敗し更にチームは負けが混んでしまった。7月7日、ロッテは16連敗中でありこの日の対オリックス・ブルーウェーブ戦に連敗脱出を懸けて二軍で先発に復帰するために調整をしての先発登板。福澤洋一捕手とバッテリーを組み、2点リードで9回2死まで打者を打ち取り、最後の打者となるはずだったハービー・プリアムを2ストライクと追い込んだが同点2ラン本塁打を浴びる。連敗脱出目前でまさかの同点本塁打を許した黒木はマウンド上に座り込み、悔し涙を流す(その後、延長にて近藤芳久が広永益隆から満塁本塁打を打たれサヨナラゲームとなり、チームは日本プロ野球ワースト記録の17連敗となった)。なお、この試合の敗戦は「七夕の悲劇」と呼ばれることがあるが、後日談として、小宮山悟から 「なぜ、マウンドにうずくまった?」「まだ試合が続いていたじゃないか、あそこでマウンドにうずくまっちゃいかん、あそこでマウンドを降りちゃいかん、最後まで、すべてが終わるまで、諦めちゃいかんよ、クロちゃん」と諭されたという。後に黒木は自著にて「あの日から、人は僕を『悲劇のエース』と持ち上げるようになったが、日本中でただ一人、小宮山さんだけが僕自身の甘さを喝破してくれた」と記しており、大変な感謝をしている。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

3932件中 91 - 100件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード