3113件中 91 - 100件表示
  • 入来智

    入来智から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2008年3月14日(金)にTBSで放映された『バース・デイ』は「入来祐作35歳 瀬戸際に立った男の挑戦」と題して日本球界に復帰するべくオリックスと横浜の入団テストに挑み、横浜入団が決定し春季キャンプで結果を出すまでの弟入来祐作の姿を追ったものであった。番組では自身も戦力外通告を受けた経験がある智が故郷宮崎県都城市の実家に戻ってきた祐作の練習パートナーとして懸命にサポートする姿が紹介された。入来智 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    の高知春季キャンプは、「寺原フィーバー」で連日堅調に集客数を伸ばし、終わってみれば集客数10万9850人と球団史上過去最高(当時)の集客数だった。このキャンプでファンから贈られたバレンタインチョコの数302個(球団1位の獲得数)にもフィーバーぶりが現れた。また、宮崎市観光協会の依頼で観光PRのCMに出演(放送エリアは宮崎、福岡、鹿児島、熊本、大阪)した。開幕は2軍で迎えるが、4月には早くも昇格し、4月16日の対日本ハムファイターズ戦で初登板初先発し、高卒新人のプロ初登板初先発は、井上祐二以来21年ぶりチーム2人目。また、高卒新人の投手が1年目から1軍で登板するのは12人目だった。4月28日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で2度目の先発、6回を3安打7奪三振に零封し、プロ初勝利。4月中の高卒新人の勝利は史上5人目となった。10月2日の対オリックス戦で6勝目を挙げ、ドラフト制導入後のホークスの高卒新人勝利数を更新した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勇也

    長谷川勇也から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    小学校3年生時に野球を始め、中学校までは投手を務めていた。酒田南高等学校進学後に外野手に転向。2年夏と3年春夏に甲子園出場を果たす。オリックス・バファローズの小林賢司は1学年下の後輩。長谷川勇也 フレッシュアイペディアより)

  • 石本秀一

    石本秀一から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    その後新聞記者を続け、甲子園大会にも毎日の運動記者として鋭い戦評を書き、その名が知られていたが、プロ野球開幕年大阪タイガースの二代目監督に就任すると、広島商業お家芸の“千本ノック”などの猛練習で荒ぶる猛虎軍団を束ねまでの在任中、阪神初優勝を含む2度の優勝(いずれも東京巨人軍を年度優勝決定戦で下す)を果たす。タイガースを人気チームにしてタイガース第1期黄金時代を築き上げた。打倒巨人・打倒沢村を掲げて、爆発的な攻撃力をチームカラーとすることに成功し「ダイナマイト打線」を形成。プロ野球草創期、藤本定義率いる東京巨人軍との毎年の優勝争いが「伝統の一戦」の始まりである。「伝統の一戦」を確立させた功績は極めて大きい。親会社は打倒阪急を叫んでいた。石本の動くところ常に猛打あり優勝ありで、豪気、かつ小さな事にこだわらない男性的な性格、闘志剥き出しで選手を鍛え、相手チームに挑みかかる“猛虎”の最初のイメージは、石本によるところが大きいともいわれる。藤村富美男も闘志を表に出してプレーすることの大切さを教えられるなど、石本に少なからぬ影響を受けたという。スポーツニッポンで2011年11月?2012年1月に連載された「内田雅也の猛虎人国記」では、その第1回に広島県が取り上げられ、「阪神タイガースの人国記を始めるにあたって、冒頭に広島県を持ってきたのには理由がある。いわゆる“猛虎魂”を形作ったのは広島県出身の野球人だからである」と講じられ、藤村富美男、門前真佐人とともに"スパルタ訓練で“猛虎魂”の形作った"として石本を紹介している。竹中半平は1978年の著書『背番号への愛着』の中で、石本を「大タイガース育ての親」と評しており、一般的に反目しあったといわれる「景浦將の猛打も石本によって完成されたものであり、二点取られれば三点、四点取られれば五点奪い返す、見る人の反感をさえ唆る一番から九番までの穴のない打線も、石本の苦心の結晶であった。石本の烈々たる闘志は、その後長くタイガースの精神として残り、直接石本の息はかからずとも、その雰囲気の中から旺盛な戦闘意識が生れでた。戦後有名な阪神の"ダイナマイト打線"は、実は石本の残した大きな遺産であった」と論じている。デイリースポーツから出版された政岡基則著「猛虎の群像 そして星野」(2003年)では、阪神監督として歴史に名を残しているのは“鬼の石本秀一”、“猛虎魂のルーツ”といわれる松木謙治郎"、そして“名伯楽の藤本定義”の三人にしぼって間違いあるまい、と書いている。阪神監督として通算307試合、226勝78敗3引分け、勝率.743で、初就任時からの通算100勝到達131試合(28敗3分け)、200勝到達272試合(67敗5分け)は、いづれもプロ野球最短記録。1937年11月に甲子園球場を会場に行われた現在のオールスターゲームの前身となる職業野球東西対抗戦第1回大会の西軍の監督を務める(東軍監督・藤本定義)。高校野球監督からプロ野球監督に転身した例は石本のみ。石本秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 有銘兼久

    有銘兼久から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    は一軍登板なしに終わるが、7月18日の対オリックス・ブルーウェーブ戦(大阪ドーム)で初登板を果たす。その後は一軍で中継ぎ、または左打者へのワンポイントで起用されたが勝ち星を挙げられず、には投球回を上回る四球を与えるなど、制球難に苦しんだ。有銘兼久 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1971年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    江夏はこの年の前半戦は不調(1971年成績:15勝14敗)だったが、ファン投票選出された。第1戦の先発を任された江夏は1回裏全パ1番有藤通世(ロッテ)、2番基満男(西鉄)、3番長池徳士(阪急)から連続三振を奪った。直後の2回表に2死一、三塁で打席のまわった江夏は全パ先発米田哲也(阪急)から3ラン本塁打を放ち波に乗ると、その裏リーグ首位打者・4番江藤愼一(ロッテ)からも三振を奪い、土井正博(近鉄)、東田正義(西鉄)らパ・リーグ強力打者のバットが次々と空を切った。そして3回裏も7番阪本敏三(阪急)、8番岡村浩二(阪急)からも三振を奪うと、米田の代打に加藤秀司(阪急)が登場。加藤からも三振を奪い、9者連続奪三振記録を達成し、江夏はマウンドを降りた。1971年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    3月25日 - パ・リーグが開幕。インボイスSEIBUドームでの西武対オリックス戦で、西武・炭谷銀仁朗捕手が、高卒新人捕手としては51年ぶりとなる開幕試合スタメンマスクという記録をマーク。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年の日本シリーズ

    1974年の日本シリーズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    3対3で迎えた9回表、ロッテは星野仙一を攻め、山崎裕之のタイムリー二塁打で勝ち越す。リードを奪ったロッテは9回裏に村田兆治を投入するが、1死1、2塁から高木守道が村田をとらえ、左中間二塁打で2者生還、劇的な逆転サヨナラ勝ち(中日としては初のシリーズサヨナラ勝ちだが、2012年現在ではこれが唯一となっている。なお、全体としては1971年・巨人-阪急第3戦での王貞治の本塁打以来史上15回目)。1974年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 川端崇義

    川端崇義から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    川端 崇義(かわばた たかよし、1985年2月4日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(外野手)。川端崇義 フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸雄 (内野手)

    田中幸雄 (内野手)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    8月7日の対オリックス戦では第1打席で二塁打を放って打者一巡の口火を切り、2打席目で1番打者として初回に満塁本塁打を放つという珍しい記録を達成している。オフには前年入籍した夫人と結婚式を挙げている。田中幸雄 (内野手) フレッシュアイペディアより)

3113件中 91 - 100件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード