3932件中 11 - 20件表示
  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    梨田の現役時代、阪急ブレーブスには『世界の盗塁王』の異名を取る福本豊がいた。福本の盗塁にはどの球団も頭を悩ませており、当時プロ野球界で一、二を争う強肩だった梨田も例外ではなかった。梨田は考えに考え、福本が一塁ランナーにいる際はあらかじめ右足を引いて構えた。また、投球を捕ってからミットの中のボールを右手で抜き取り送球するのではなくミットの掌にボールを当てて跳ね返しそのまま右手で捕球することによって送球にかかる時間の短縮を図ったり、コントロールを改善するため目を閉じて二塁に送球する練習をしたり、福本を見ずにベンチからの声で盗塁を察知して送球するといった対策を重ねた。この工夫の甲斐あって、梨田は福本がいたにもかかわらず5割を超える盗塁阻止率を記録した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    10月末の段階ではプロ野球再編問題に伴い出身高校所在地の宮城県を保護地域として参入手続き中だった仙台ライブドアフェニックスと東北楽天ゴールデンイーグルス(11月2日に楽天のみ新規参入決定)、出身地と同じ関西所在のオリックス・ブルーウェーブ(12月1日に大阪近鉄バファローズと合併してオリックス・バファローズ)、さらに北海道日本ハムファイターズの計4球団がダルビッシュの獲得意志を明らかにしており、注目度ナンバーワン、松坂大輔以来の怪物などと評されていた。11月17日に開催されたプロ野球ドラフト会議では日本ハムに単独1位指名され、12月17日に契約金1億円、年俸1500万円、出来高5千万円で仮契約を結ぶ。背番号は11。2004年ドラフト指名選手の中で最後の入団決定だった。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    しかし、参入が他新球団より遅れていたため選手確保がままならず、自前の鉄道局野球部を中心に他の社会人や大学などのアマチュア野球に残っている人材をかき集めたが、プロ経験者は第二次世界大戦前の一時期阪急に在籍した中村栄ただ1人という状態だった。アマチュア野球では強豪の鉄道局野球部もプロでは全く通用しなかったため、松竹ロビンスの二軍監督・森谷良平と、かつて奉天満鉄倶楽部に在籍していた宇佐美一夫を追加補強してクリーンアップに据えたものの、その後も貧打に悩まされた。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2005年シーズンよりパ・リーグでは、従前のオリックス・ブルーウェーブ(兵庫県神戸市)と大阪近鉄バファローズ(大阪府大阪市)が合併し、オリックス・バファローズ(移行措置としてダブル・フランナチャイズ期間あり)という1つの球団になって参戦している。また同シーズンより、東北楽天ゴールデンイーグルス(宮城県仙台市)が新規参入で加わった。この結果、同リーグは従前同様、6球団で維持されている。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1950年シーズン開幕後に「大洋ホエールズ(たいようホエールズ)」に球団名を改称(3月に会社名を株式会社大洋球団に変更)し、読売ジャイアンツからベテランの中島治康と平山菊二、大陽ロビンスから藤井勇と林直明を譲り受け、宇高勲のスカウト活動により、東急フライヤーズから大沢清や長持栄吉、片山博らを、阪急ブレーブスからは宮崎剛や今西錬太郎らを補強してスタートしたものの、投手力の弱さはいかんともしがたく、リーグ参戦1年目は5位に終わり、1951年は6位、1952年は4位と伸び悩んだ。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 増井浩俊

    増井浩俊から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    増井 浩俊(ますい ひろとし、1984年6月26日 - )は、オリックス・バファローズに所属する静岡県焼津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。増井浩俊 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2004年、球団と近鉄グループの経営難からオリックス・ブルーウェーブの運営会社「オリックス野球クラブ」に営業譲渡し、大阪バファローズは2005年3月末をもって解散。職員の大半はオリックス野球クラブに、一部は楽天野球団に移り、選手は分配ドラフトによりオリックス・バファローズ(ブルーウェーブから改称)と同時に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスに配分された。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 福本豊

    福本豊から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1年目のから外野手のレギュラーを獲得。同年の都市対抗に二番打者として出場し、三塁打を放つなど活躍。社会人3年目のには、同僚の加藤秀司(後の英司)・岡田光雄(元近鉄)と共に富士製鐵広畑の補強選手として都市対抗に出場。岡田と神部年男の好投もあって決勝に進出、河合楽器を降しチームを優勝に導く。同年の社会人ベストナインのタイトルを獲得したが、福本は「アマチュア時代は注目の選手ではない」と語っている。福本豊 フレッシュアイペディアより)

  • DJ KIMURA

    DJ KIMURAから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    DJ KIMURA(ディージェイ・キムラ、本名・木村 芳生(きむら よしお)1962年11月5日 - )は、日本のDJ。香川県出身。1991年から2000年までオリックス・ブルーウェーブのスタジアムDJとして活躍。現在は映像制作会社「株式会社レオナルズ」社長。DJ KIMURA フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純一 (野球)

    佐藤純一 (野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2016年シーズン終了時点で、公式戦1876試合。オールスター4回(1998年、1999年、2005年、2014年。内1998年第1戦で球審)、日本シリーズ6回出場(2000年、2005年、2006年、2008年、2012年、2015年。内2005年第3戦、2008年第6戦、2012年第1戦でそれぞれ球審)している。また、2001年9月26日大阪ドームでの近鉄対オリックス戦(北川博敏が大久保勝信から代打逆転満塁サヨナラリーグ優勝決定弾を放った試合)では球審を務めていた。佐藤純一 (野球) フレッシュアイペディアより)

3932件中 11 - 20件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード