3113件中 11 - 20件表示
  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    外野手へのコンバートも投手からの転向において比較的多い。アマチュア時代(主に高校生)で投手をやっていた選手を野手として獲得した場合は将来性を考え他のポジションに転向させやすい内野手(主に遊撃、三塁)にコンバートするが、もともと投手として獲得した選手が肩の故障などで野手転向となった場合、早めに結果を残さなければならないので守備への難易度や打撃への負担を考慮して外野手の転向させることが多い。強肩を生かせるのもコンバートが多い原因のひとつになっている。代表的な例は、元巨人の柴田勲、元中日の平野謙、元西武の宮地克彦、小関竜也、元オリックスの高橋智、元日本ハムの上田佳範、ヤンキースのイチロー、阪神の一二三慎太、ヤクルトの雄平、日本ハムの糸井嘉男など。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    3月2日 - 大手電子機器メーカーの京セラ(京都市)が、大阪ドームの命名権を取得したと発表。期間は2006年4月1日から5年間。また同時に、オリックス・バファローズのヘルメットに京セラのステッカーを貼付するスポンサー契約を締結したと発表。ただし、京セラは球団の経営やドームの買収には一切関与しないと表明。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    梨田の現役時代、阪急ブレーブスには『世界の盗塁王』の異名を取る福本豊が居た。福本の盗塁にはどの球団も頭を悩ませており、当時プロ野球界で一、二を争う強肩だった梨田も例外ではなかった。梨田は考えに考え、福本が一塁に出ている際はあらかじめ右足を引いて構え、更に投球を捕ってからミットの中のボールを右手で抜き取り送球するのではなく、ミットでボールを後ろに受け流しそのまま右手で捕球することによって送球にかかる時間の短縮を図った。この工夫の甲斐あって、梨田は、福本がいたにもかかわらず5割を超える盗塁阻止率を記録した。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    、4月6日の対阪急軍戦で、南海軍は2対32の30点差をつけられての記録的大敗を喫する。応召で鶴岡などの主力が抜けた穴を埋める事が出来ず、勝率.283で首位から45.5ゲーム差の9チーム中の8位に終わる。この年の有料入場者数は88万人近くと戦前最高となった。オフには東京6大学野球の選手や、阪急から石田光彦や翼軍から鬼頭政一などを加入させるなど、それまでに無い選手の補強に乗り出している。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    10月7日 - オリックス・バファローズは、退任した仰木彬監督の後任として、中村勝広GMが監督に就任する事を発表した。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    、1月9日に川崎コロムビアの若林忠志、2月28日に立教大学の景浦將など有力選手と契約し、4月19日の球団結成記念試合までに17名の選手を獲得した。2月5日には大阪タイガースの他、東京巨人軍、名古屋軍、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で職業野球団が結成され、日本職業野球連盟も結成されている。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • ブルーサンダー打線

    ブルーサンダー打線から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ブルーサンダー打線(ブルーサンダーだせん)は、1989年?1993年のオリックス・ブレーブスの打線の愛称である。また、この愛称はオリックス・ブルーウェーブがパシフィック・リーグを連覇した1995年、1996年にも使われた。ブルーサンダー打線 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ドネルス

    クリス・ドネルスから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    に近鉄バファローズ、?までオリックス・ブルーウェーブに所属した。1996年、の登録名は「C・D」。クリス・ドネルス フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓示

    鈴木啓示から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    翌1978年、25勝で2年連続最多勝、防御率2.02で最優秀防御率を獲得した。同年に当時の日本新記録となる10試合連続完投勝利を記録し、見事な投球で往年の剛球が蘇り、最多奪三振・最多完封も記録し、「投手五冠王」のうち勝率を除く4つの部門でリーグトップの成績を残した。同年の鈴木を最後に、プロ野球に25勝投手は現れていない。この年、「勝てば後期優勝」のかかった9月23日の阪急との最終戦(「藤井寺決戦」とも呼ばれる)で、山田久志との投げ合いに敗れ、その後阪急が逆転優勝を遂げて3年ぶりの半期優勝を逃した。試合後、辞意を仄めかした西本監督に対して「監督をやめないでくれ! オレたちを見捨てないで下さい」と鈴木は絶叫。他の選手もそれに賛同したことで西本は留任し、翌年悲願の初優勝を達成、翌々年も優勝を果たした。鈴木啓示 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋秀聡

    高橋秀聡から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ?橋 秀聡(たかはし ひであき、1982年8月26日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)。高橋秀聡 フレッシュアイペディアより)

3113件中 11 - 20件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード