3932件中 31 - 40件表示
  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1968年のドラフトでは山本浩司(広島1位)、田淵幸一(阪神1位)、有藤通世(東京1位)、野村収(大洋1位)、星野仙一(中日1位)、山田久志(阪急1位)、東尾修(西鉄1位)、大橋穣(東映1位)、加藤秀司(阪急2位)、大島康徳(中日3位)、金田留広(東映4位)、福本豊(阪急7位)、島谷金二(中日9位)、門田博光(阪急12位・入団せず)、藤原満(南海4位)、稲葉光雄(広島6位・入団せず)、長崎慶一(阪神8位・入団せず)、水谷則博(中日2位)など、1970年代から1980年代のプロ野球を代表する選手が数多く指名された。阪急が指名した15名のうち、3名(加藤、福本、門田)が2000本安打を達成し、1名(山田)が200勝を達成している。巨人はこの時、田淵が他球団に指名されてしまった場合には星野を1位で指名すると公言していたが、実際には星野ではなく島野修を指名し、それを聞いた星野が「ホシとシマの間違いじゃないのか」と発言したことも有名である。島野はこの後、選手としては大成出来なかったが、阪急に移籍・引退後日本のプロスポーツにおけるチームマスコットのスーツアクターの先駆者となる。100メートルの日本記録を更新し、1964年東京オリンピックと1968年メキシコシティーオリンピックに出場した陸上選手飯島秀雄が東京の9位で指名されたことでも話題を呼んだ。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ''5月11日のオリックス・バファローズ戦で金子千尋から顔面右側に死球を受け頬骨を骨折するもスタメン出場を続け、15日の福岡ソフトバンクホークス戦では本塁打を放った。この年は守備面では主に捕球における不安定さが目立ち、リーグ最多の22失策を記録。打撃では打率は昨年よりわずかに上回ったものリーグワースト3位、得点圏打率も.231と勝負弱さも課題となった。三振は162個とリーグ最多で、シーズン記録としては歴代7位、日本人右打者では最多。しかしこの年から打撃コーチに就任した大久保からミートポイントを前にするようアドバイスされ、三振の多さと引き替えに本塁打を量産。西武の日本人選手の本塁打記録(43本、秋山幸二、田淵幸一)、25歳の本塁打記録(44本、大杉勝男、岩村明憲)を塗り替える46本塁打、自身初としては、規定打席、本塁打王、100打点(101打点、リーグ3位)、サヨナラ本塁打、オールスターゲーム出場(三塁手、ファン投票1位)。西武の日本人選手で年間40本以上の本塁打を放ったのはの秋山幸二以来21年ぶり。同球団での達成経験者としては、田淵、秋山に次いで3人目。また、日本プロ野球において、初の規定打席到達で年間40本以上の本塁打を記録したのはの秋山幸二、の多村仁に次ぎ日本人選手では3人目となった。日本シリーズでは、3安打3本塁打7打点。アジアシリーズの予選の天津ライオンズ戦では東京ドームの三階席まで飛ばす特大の本塁打を放っている。私生活では、7月8日に元タレントの村上麻里恵と結婚した。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    現役時代には、オリックス・ブルーウェーブを経て、メジャーリーグの数球団でもプレー。オリックス時代に日本シリーズ制覇、セントルイス・カージナルス時代にワールドシリーズ制覇を経験した。2012年の現役引退後は、野球解説者やラジオパーソナリティとしての活動を経て、2016年からオリックス・バファローズの二軍監督を務める。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ヤンキース3A、エクスポズなどを経て、にオリックス・ブルーウェーブに入団。フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • 大島公一

    大島公一から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    大島 公一(おおしま こういち、1967年6月17日 - )は、東京都板橋区出身の元プロ野球選手(内野手、右投両打)・コーチ、野球解説者。現役引退後のからまでオリックス・バファローズでコーチを務めていた。大島公一 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓示

    鈴木啓示から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    翌1978年、25勝で2年連続最多勝、防御率2.02で最優秀防御率を獲得した。同年に当時の日本新記録となる10試合連続完投勝利を記録し、見事な投球で往年の剛球が蘇り、最多奪三振・最多完封も記録し、「五冠」のうち勝率を除く4つの部門でリーグトップの成績を残した。同年の鈴木を最後に、日本プロ野球で年間25勝以上を挙げた投手は現れていない。この年は「勝てば後期優勝」のかかった9月23日の阪急との最終戦(「藤井寺決戦」とも呼ばれる)で、山田久志との投げ合いに敗れ、その後阪急が逆転優勝を遂げて3年ぶりの半期優勝を逃した。試合後、辞意を仄めかした西本監督に対して「監督をやめないでくれ! オレたちを見捨てないで下さい」と鈴木は絶叫。他の選手もそれに賛同したことで西本は留任し、翌年悲願の初優勝を達成、翌々年も優勝を果たした。鈴木啓示 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ硬式野球部

    ヤマハ硬式野球部から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    佐藤滋孝(外野手) - 1979年ドラフト外で阪急ブレーブスに入団ヤマハ硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    には春季キャンプから高畠康真の指導を受け、オープン戦はまずまずの成績を残し、同年4月9日の対オリックス・ブルーウェーブ戦(グリーンスタジアム神戸)に6番・右翼手として初出場を果たす。チームは17得点で大勝するも小久保は6打数0安打であった。4月10日のオリックス・ブルーウェーブ戦(グリーンスタジアム神戸)で野田浩司からプロ初安打を放ち、同年7月5日の対千葉ロッテマリーンズ戦(北九州市民球場)で、34試合目・67打席目で園川一美からプロ初本塁打を放った。最終的には打率.215・6本塁打と不本意なルーキーイヤーとなったため、この現状を打破すべく「ハワイ・ウインター・ベースボール」に参加し、首位打者とMVPに輝いた。そして、本人曰く「ものすごく緊張した」という、翌年から福岡ダイエーホークスの監督に就任する王貞治の目の前で本塁打を放ち、優勝へ導いた。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    代表的な例は、元西武の田淵幸一(捕手→一塁手)、高木大成(捕手→一塁手・外野手)、貝塚政秀(捕手→一塁手・外野手)、元広島の衣笠祥雄(捕手→一塁手→三塁手)、江藤智(捕手→三塁手→一塁手)、木村拓也(捕手→二塁手・遊撃手・外野手)、元日本ハムの小笠原道大(捕手→一塁手→三塁手→一塁手)、高橋信二(捕手→一塁手)、元ダイエーの吉永幸一郎(捕手→一塁手)、元オリックスの北川博敏(捕手→一塁手)、元中日の山崎武司(捕手→外野手→一塁手)、元ヤクルトの岩村明憲(捕手→三塁手)など。現役選手では楽天の銀次(捕手→二塁手→三塁手・一塁手)、阪神の今成亮太(捕手→外野手→三塁手)、原口文仁(捕手→一塁手)、巨人の阿部慎之助(捕手→一塁手)、中日の福田永将(捕手→一塁手・三塁手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    愛称は「コバマサ」。千葉ロッテマリーンズ時代は「幕張の防波堤」の異名を取った。2013年からオリックス・バファローズの二軍投手コーチを務め、2015年からはロッテの一軍投手コーチを務めている。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

3932件中 31 - 40件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード