3113件中 31 - 40件表示
  • 秋本真吾

    秋本真吾から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    自身がプロとなってから陸上を通じて様々な活動を行っている。代表的なのはプロ野球チームオリックス・バファローズやアメリカンフットボールチームオービックシーガルズなどの指導を行っている。オリックス・バファローズには定期的にキャンプへ行き選手の指導を行っている。。。。2013年にはなでしこリーグチャンピオンチームINAC神戸レオネッサのスプリントコーチとして選手を指導した。。プロになる以前から陸上選手で昔から親睦の深い為末大と共に全国各地で陸上を通じて子供達に陸上教室を行っている。その後も為末と各地で陸上教室を催している。2011年に広島県のフラワーフェスティバルや東京都主催の浅草ストリート陸上などで共演している。秋本真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2004年、球団と近鉄グループの経営難から、オリックス・ブルーウェーブの運営会社「オリックス野球クラブ」に営業譲渡し、大阪バファローズは2005年3月末をもって解散。職員の大半はオリックス野球クラブに、一部は楽天野球団に移り、選手は分配ドラフトによりオリックス・バファローズ(ブルーウェーブから改称)と東北楽天ゴールデンイーグルスに配分された。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1968年のドラフトでは山本浩司(広島1位)、田淵幸一(阪神1位)、有藤通世(東京1位)、野村収(大洋1位)、星野仙一(中日1位)、山田久志(阪急1位)、東尾修(西鉄1位)、大橋穣(東映1位)、加藤秀司(阪急2位)、大島康徳(中日3位)、金田留広(東映4位)、福本豊(阪急7位)、島谷金二(中日9位)、門田博光(阪急12位・入団せず)、藤原満(南海4位)、稲葉光雄(広島6位・入団せず)、長崎慶一(阪神8位・入団せず)、水谷則博(中日2位)など、1970年代から1980年代のプロ野球を代表する選手が数多く指名された。阪急が指名した15名のうち、3名が2000本安打を達成(加藤、福本、門田)し、1名が200勝を達成(山田)している。巨人はこの時、田淵が他球団に指名されてしまった場合には星野を1位で指名すると公言していたが、実際には星野ではなく島野修を指名し、それを聞いた星野が「ホシとシマの間違いじゃないのか」と発言したことも有名である。島野はこの後、選手としては大成出来なかったが、日本のプロスポーツにおけるチームマスコットのスーツアクターの先駆者となる。100メートルの日本記録を更新し、東京オリンピックとメキシコシティオリンピックに出場した陸上選手飯島秀雄が東京の9位で指名されたことでも話題を呼んだ。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1936年2月5日には正力の働きかけもあって東京巨人軍の他、大阪タイガース、名古屋軍、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で職業野球団が結成され、日本職業野球連盟も結成されている。春には日本国内で初の職業野球リーグが開始されたが、巨人は上記のアメリカ遠征のため春季大会を欠場し夏季大会から参加。7月5日に大東京戦に勝利して、公式戦球団初勝利。この夏季大会で計2勝5敗と惨敗を喫し、9月5日より群馬県館林市の茂林寺・分福球場で緊急キャンプを張った。猛練習は「茂林寺の千本ノック」という名で知られる。1936年の秋季大会は6回の小規模リーグ戦の勝ち点制で開催され5回目のリーグ戦までリードしていたが6回目のリーグ戦で大阪に並ばれる。9月25日には沢村栄治が対大阪戦において、日本プロ野球史上初のノーヒットノーランを達成。洲崎球場で3戦制の優勝決定戦を行い、12月11日に第3戦に勝利して2勝1敗で大阪を下し公式戦初優勝球団に輝いた。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・リーグ

    パシフィック・リーグから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1949年11月26日に開かれた各球団の代表者会議で、新球団加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂した。その日の午後1時には加盟賛成派の阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ(後の大映ユニオンズ)に新球団の毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパース(現・埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールス(後の大阪近鉄バファローズ)も加わり、計7球団で太平洋野球連盟(たいへいようやきゅうれんめい)が発足し、結団式が行われた。閉幕まで3日を残した1949年シーズン末の事である。初年度の1950年は親会社のバックアップで戦力を充実させた毎日オリオンズが優勝し、日本シリーズでも松竹ロビンスを倒し日本一に輝いた。パシフィック・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ドーム

    福岡ドームから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1999年6月にはオリックスブルーウェーブが梅雨時の雨天中止を避けるための措置として主催試合のホークス戦を行っている。詳細はこちらを参照。福岡ドーム フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    日本では大阪近鉄バファローズ、読売ジャイアンツ、オリックス・バファローズに所属した。日本プロ野球のシーズン最多本塁打記録保持者(タイ記録)。タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    横浜に大リーグ選抜軍が来日した1934年、読売新聞社が大日本東京野球倶楽部を日本のプロ野球球団として結成され、それから遅れる事2年後の1936年1月15日、新愛知新聞社を親会社として名古屋軍(なごやぐん)が誕生した。河野安通志を総監督 (GM) に迎え、池田豊が監督に就任。明治大学の中根之、アメリカ人で捕手のバッキー・ハリス、内野の名手・芳賀直一、日系アメリカ人の高橋吉雄、主将の桝嘉一、スローボーラー・森井茂らが初期メンバー。上述のメジャーリーグ選抜軍来日時に、読売新聞社社長・正力松太郎が新愛知新聞社の田中斎に名古屋でのプロ野球球団結成の働きかけを行なったのが球団誕生の契機。新愛知新聞社傘下の國民新聞社でも大東京軍を結成。当初、読売の正力松太郎が推し進めていた日本職業野球連盟(現在の日本野球機構の源流)とは別個に、独自リーグの大日本野球連盟を組織して各地に同様の球団を4球団結成し、配下には3Aに相当する下部組織を作るなどの、当時としては先進的な構想を抱いていたが頓挫。結局、上記の既存の2球団が正力が設立した日本職業野球連盟に加盟することとなった。当初の商号は名古屋軍が株式会社大日本野球連盟名古屋協会、大東京軍が株式会社大日本野球連盟東京協会であり、大日本野球連盟構想の名残が見られる。2月5日には名古屋軍の他、東京巨人軍、大阪タイガース、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で職業野球団が結成され、日本職業野球連盟も結成されている。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2月5日 - 小瀬浩之、日本のプロ野球選手、オリックス・バファローズ外野手(* 1985年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    には春季キャンプから高畠康真の指導を受け、オープン戦はまずまずの成績を残し、同年4月9日の対オリックス・ブルーウェーブ戦(グリーンスタジアム神戸)に6番・右翼手として初出場を果たす。チームは17得点で大勝するも小久保は6打数0安打と散々なデビュー戦となった。4月10日のオリックス・ブルーウェーブ戦(グリーンスタジアム神戸)で野田浩司からプロ初安打を放つもその後は振るわず、同年7月5日の対千葉ロッテマリーンズ戦(北九州市民球場)で、34試合目・67打席目で園川一美からようやくプロ初本塁打を放った。最終的には打率.215・6本塁打と不本意なルーキーイヤーとなったため、この現状を打破すべく「ハワイ・ウインター・ベースボール」に参加し、首位打者とMVPに輝いた。そして、本人曰く「ものすごく緊張した」という、翌年から福岡ダイエーホークスの監督に就任する王貞治の目の前で本塁打を放ち、優勝へ導いた。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

3113件中 31 - 40件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード

  • ルーヴルNo.9 〜漫画、9番目の芸術〜

  • 中米関係を平穏に移行させ、新たな出発点から安定した発展を継続させたい

  • 言うべきことはしっかりと