3113件中 41 - 50件表示
  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    クライマックスシリーズでは1stステージ(対オリックス戦)第1戦に先発し、9回14奪三振1失点で完投勝ちした。この大一番でレギュラーシーズン後半は控えていたフォークボール、ツーシームを解禁し、速球は最速153km/hを計測。また、この試合で奪った14奪三振は日本シリーズを含むポストシーズン史上最多となった。負ければ西武に王手がかかるクライマックスシリーズ2ndステージ第2戦に先発。右打者が多い西武打線の内角をえぐるツーシームを多投し、この年打撃が強力だったライオンズ打線を3安打完封した。被安打3はポストシーズン史上最小を記録した。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    愛称は「コバマサ」。ロッテ時代は「幕張の防波堤」の異名を取った。2013年からオリックス・バファローズの二軍投手コーチを務める。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテ・ジャイアンツ

    ロッテ・ジャイアンツから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2010年は2年連続公式戦4位で、球団史上初となる3年連続ポストシーズン進出を決めたが、斗山ベアーズに第1,2戦と連勝したものの、第3戦以降3連敗し3年連続準プレーオフ敗退となった。またこの年限りでロイスター監督も退任し、梁承虎監督が就任した。2011年は8球団1リーグ制となった1991年以降(2リーグ制だった1999-2000年を除く)最高となる公式戦2位の成績をおさめ、ポストシーズン連続出場を4年連続に伸ばし、12年ぶりにプレーオフへ進出した。2勝3敗でSKワイバーンズに敗れ、4年連続でポストシーズンの次のステージに進めなかった。同年オフには主砲の李大浩がFA(フリーエージェント)となり、日本プロ野球・オリックスへと移籍していった。ロッテ・ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ヤンキース3A、エクスポズなどを経て、2002年にオリックス・ブルーウェーブに入団。フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    中日と阪神と熾烈な優勝争いの末、10月15日の巨人戦(後楽園)に勝利し、球団創立25年目にして、ついに初優勝を果たす。結果的に2位中日と4.5ゲーム差、3位阪神と6ゲーム差と大混戦だった。日本シリーズでは阪急ブレーブスと対戦するも4敗2分で敗北。この年の首位打者となった山本浩二や衣笠祥雄、最多勝の外木場義郎、盗塁王の大下剛史らの活躍が目立った。優勝後、平和大通りで行われた優勝パレードではファン約30万人を集め、空前の盛り上がりを見せた。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    しかし、参入が他新球団より遅れていたため選手確保がままならず、自前の鉄道局野球部を中心に他の社会人や大学などのアマチュア野球に残っている人材をかき集めたが、プロ経験者は戦前の一時期阪急に在籍した中村栄ただ1人という状態だった。アマチュア野球では強豪の鉄道局野球部もプロでは全く通用しなかったため、松竹ロビンスの二軍監督・森谷良平と、かつて奉天満鉄倶楽部に在籍していた宇佐美一夫を追加補強してクリーンアップに据えたものの、その後も貧打に悩まされる。1951年〜1964年の14年連続20勝をあげた金田の活躍で最下位こそ少なかったが、常に4位・5位が定位置で成績は振るわなかった。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 大島公一

    大島公一から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    シーズン途中から、オリックス・バファローズ一軍打撃コーチを務めている。大島公一 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2010年、3月31日、対巨人戦の勝利で順位を3位タイとする。同時に広島が単独最下位となったが、横浜の「最下位からの脱出」は2008年4月5日以来284試合目(725日ぶり)となり、これまでの記録(楽天、2005年4月9日-2007年3月24日、262試合)を更新してこの日ストップした。しかし、交流戦以降は低迷し、最下位に転落。一度も浮上することもなく9月7日の対巨人戦の敗戦で5年連続のBクラスが確定し、9月25日の対中日戦の敗戦で3年連続の最下位が確定。9月28日の対ヤクルト戦で敗れてプロ野球史上初の3年連続90敗、10月6日の対阪神戦の敗戦で130試合制だった1955年以来55年ぶりのシーズン95敗を喫した。ヘッドコーチの島田が不振の責任を取り1年で辞任。このオフにはFAで日本ハムの森本稀哲を獲得するが、内川聖一がFAでソフトバンクに移籍している。また、オリックス・バファローズの一輝を野中信吾・桑原謙太朗と1-2、同じくオリックスの山本省吾・喜田剛を寺原隼人・高宮和也と2-2、埼玉西武ライオンズの大沼幸二を坂元弥太郎と1-1の交換トレードで獲得した。8月、2010年シーズン終了をもって、二軍の「湘南シーレックス」の名称を一軍と同じ「横浜ベイスターズ」に戻すことがプロ野球実行委員会で承認された。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    日本ハムは2004年(平成16年)度に北海道の札幌ドームに移転し「北海道日本ハムファイターズ」となったが、現在も8試合の主催試合を開催している(試合数は2007年(平成19年)から固定)。また、パ・リーグのオリックス・バファローズも親会社オリックスの本社が東京にある関係で、ブルーウェーブ時代の2004年(平成16年)から2009年(平成21年)まで年間2試合の主催試合を開催(このうち、2006年(平成18年)は、大阪ドームの経営破綻の影響の余波で開催されなかった)。2010年(平成22年)からは東北楽天ゴールデンイーグルス、2012年からは福岡ソフトバンクホークスもそれぞれ主催試合1試合を開催している。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信二

    高橋信二から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ?橋 信二(たかはし しんじ、8月7日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(内野手、捕手)。高橋信二 フレッシュアイペディアより)

3113件中 41 - 50件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード