3113件中 51 - 60件表示
  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ミックスモダン打線(ミックスモダンだせん)は、2006年のオリックス・バファローズの打線の愛称である。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ ナイトスタジアム

    オリックス・バファローズ ナイトスタジアムから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    従来、ラジオ大阪では、大阪近鉄バファローズのゲームを集中的に展開する近鉄グループメインスポンサー番組の「近鉄バファローズナイター」を1977年〜2004年の28年間にわたって平日に放送してきたが、オリックス・ブルーウェーブと合併したことを受けて2004年度をもって放送終了となり、平日のレギュラーによるナイター枠は消滅した。オリックス・バファローズ ナイトスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    前年、連続日本一を達成した阪急ブレーブスの上田利治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ優勝を飾った読売ジャイアンツの長嶋茂雄監督が全セ(オールセントラル・リーグ)の監督として初登場。1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    前年、2年連続の日本一を達成した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグを制した読売ジャイアンツの王貞治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた1988年のオールスターゲーム。左右両翼100mの広さ持つ屋根つき球場東京ドームが開場し「野球の質が変わった」と言わしめ、シーズン終了とともに老舗球団、阪急ブレーブスと南海ホークスが身売りし、プロ野球も新時代を迎えようとしていた。1988年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ライマー

    ケビン・ライマーから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    メジャーでの実績を引っさげ、に福岡ダイエーホークスに入団。同年4月9日のオリックス・ブルーウェーブとの開幕戦(グリーンスタジアム神戸)で1本塁打・5打点を挙げ、その後も活躍。ダイエーの選手として福岡ドーム初の満塁ホームランも放った。打率.298・26本塁打・97打点をマークし、外野手としてベストナインに輝いた。ケビン・ライマー フレッシュアイペディアより)

  • 大西宏明

    大西宏明から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2004年は下山真二の不振もあり、左キラーとして1軍に台頭した。4月2日の対オリックス戦では、プロ初本塁打を初回先頭打者本塁打で飾ったが、この年入団したラリー・バーンズが後に来日初本塁打を満塁本塁打で記録することで、先頭打者本塁打と満塁本塁打により初本塁打を記録した選手が同一年に揃ったのは、史上2例目となっている。その後一度二軍降格したが、再昇格以後は帯同して103試合に出場。主に7番・左翼で起用された。5月17日に鈴木が急逝すると、当時監督だった梨田昌孝は翌日から2日間、不動の1番・中堅手だった大村直之に代えて大西を起用している。また、プロ野球再編問題が報じられた6月13日の対日本ハム戦では、9回裏に横山道哉からプロ入り初のサヨナラ打となるサヨナラ犠飛を放っている。この年に新人王・最優秀救援投手に輝いた三瀬幸司から3本塁打を放つなど、対左投手に無類の強さを見せた。以降、対左投手に対しての起用が多くなっていく。2005年の球団合併による選手分配ドラフトによってオリックス・バファローズに移籍。大西宏明 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズの応援団

    オリックス・バファローズの応援団から見たオリックス・ブルーウェーブオリックス・バファローズ

    神戸蒼誠会(こうべそうせいかい)は旧オリックス・ブルーウェーブ系の私設応援団である。オリックス・バファローズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋周平

    高橋周平から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2011年のドラフト会議にてオリックス・バファローズ、東京ヤクルトスワローズ、中日ドラゴンズの3球団から1位指名を受け、抽選の結果、中日が交渉権を獲得した。甲子園出場経験のない高校生野手が、ドラフト1位で3球団が競合するのは、の福岡第一の陽仲寿(現日本ハム)、の東海大相模の大田泰示(現巨人)の2球団を超えドラフト史上初。高橋周平 フレッシュアイペディアより)

  • 真喜志康永

    真喜志康永から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    真喜志 康永(まきし やすなが、1960年5月3日 - )は、近鉄バファローズに所属していた元・プロ野球選手(内野手)である。よりオリックス・バファローズの内野守備コーチを務める。真喜志康永 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田耕一

    羽田耕一から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    引退後は、一軍・二軍打撃コーチ、フロントでの編成担当などを務めたが、球団合併に伴い、2005年からはオリックス・バファローズ大阪営業部に在籍し、少年野球教室「オリックス・ベースボール・アカデミー」校長も務める。2006年・2007年にはNPB12球団ジュニアトーナメントでオリックス・ジュニアの監督を務め、2007年の大会では優勝に導いた。羽田耕一 フレッシュアイペディアより)

3113件中 51 - 60件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード