3932件中 51 - 60件表示
  • 藤崎台県営野球場

    藤崎台県営野球場から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1960年の国体開催を機に、高校野球の試合会場として野球場の建設が計画され、こうして建設されたのが現在の藤崎台球場である。完成以後、高校野球や社会人野球などをはじめとするアマチュア野球なども開催されている。プロ公式戦初開催は1972年4月29日の西鉄ライオンズ対阪急ブレーブス戦。藤崎台県営野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1945年11月6日、戦時中の1943年に解散した東京セネタース(1935年創立)の中心人物だった横沢三郎がセネタース再興を目指し、新規に「セネタース( Senators 、企業名:セネタース野球協会)」を設立。再発足した日本野球連盟に加盟。1946年度のリーグ戦にゴールドスターと共に新球団として参加した。大下弘、飯島滋弥、白木義一郎など即戦力選手を集めたが、横沢個人で立ち上げた球団だったため財政的に厳しく、ユニフォームは戦前の阪急軍のお下がりという状態だった。旧華族の西園寺公一をオーナーに付け、銀座のキャバレー経営者で高利貸しを兼ねていた織手登がスポンサーになったものの、結局資金不足に陥り、横沢はたった1シーズンで球団経営を諦めざるを得なくなった。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 大谷翔平

    大谷翔平から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    投手登録のまま打者として開幕一軍入りし、3月29日のシーズン開幕戦(埼玉西武ライオンズ戦、西武ドーム)では八番・右翼手で先発出場。高卒外野手の開幕戦先発出場はの駿太(オリックス・バファローズ)以来で、球団ではの張本勲以来54年振り。開幕戦では2安打1打点を記録。高卒新人が開幕戦で複数安打を記録したのはの矢ノ浦国満(近鉄バファローズ)以来53年ぶり2人目。大谷翔平 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ミックスモダン打線(ミックスモダンだせん)は、2006年のオリックス・バファローズの打線の愛称である。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ ナイトスタジアム

    オリックス・バファローズ ナイトスタジアムから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    従来、ラジオ大阪では、大阪近鉄バファローズのゲームを集中的に展開する近鉄グループメインスポンサー番組の「近鉄バファローズナイター」を1977年〜2004年の28年間にわたって平日に放送してきたが、オリックス・ブルーウェーブと合併したことを受けて2004年度をもって放送終了となり、平日のレギュラーによるナイター枠は消滅した。オリックス・バファローズ ナイトスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立明石公園第一野球場

    兵庫県立明石公園第一野球場から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1949年5月に公式戦の南海ホークス対大陽ロビンス戦が行われて以降、近年は公式戦が開催されることはなくなったが、オープン戦は主に阪神タイガースやオリックス・バファローズの主催により不定期で開催されている他、近年は宮城県を本拠地としている東北楽天ゴールデンイーグルス主管の試合(東北地方の気候条件と、球団オーナーの三木谷浩史が兵庫県出身であるため)を年1回程度開催している。兵庫県立明石公園第一野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋秀聡

    高橋秀聡から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    は、1年目以来となる白星を挙げるなど自己最多の20試合に登板。中継ぎとしての起用であったが、7月16日の西武戦では、前日に予告先発投手として発表されていたリック・ガトームソンが試合前に右内転筋を痛めたため登板を回避、前日の試合にもリリーフで22球を投球していた高橋が緊急で先発マウンドに上がった。二軍では抑えを任されて防御率0.98で8セーブを記録し、一軍でも7月21日のオリックス戦でプロ初セーブを挙げた。高橋秀聡 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹ロビンス

    松竹ロビンスから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    翌1946年、球団名を「パシフィック」に変えてリーグに復帰(当時の会社名は朝日野球倶楽部)。愛称は「太平(たいへい)」で「太平パシフィック」とも呼ばれた(参照)。翌1947年のニックネーム導入により「太陽ロビンス」(たいよう - )と改められる。「太陽」の由来は田村駒がかつて製販一体を目指して設立した子会社太陽レーヨンから、「ロビンス」の由来は田村駒治郎オーナーの「駒」から「駒鳥=ロビン」の連想による。さらに1948年、「野球は点を取らなアカン」「野球選手の太ったのはアカン」という田村の考えから「太陽」から点を取った「大陽ロビンス」(読み同じ)に球団名をマイナーチェンジ。1949年、京都新聞との提携により、京都に進出。衣笠球場で41試合、舞鶴で4試合、福知山で2試合を開催。この頃、田村は大阪市内に球場を持つ球団がないことに着目。北区玉江橋の関西相撲協会の土地を買収して本拠地球場を建設する構想を企画する。しかし、この案に対しては大阪タイガースや阪急ブレーブスからターミナルである梅田に近く、客を奪われるという反対の声があがった。加えて南海ホークスが難波に球場を作る構想を打ち出し、阪神や阪急もこれを支持する。日本野球連盟は双方の予定地を視察した後、南海の難波球場案を採用し、田村の玉江橋球場案は実現しなかった。それでも田村は「もし南海が一年以内に球場を完成させなければ、自分の手で球場を作る」と主張。南海は8ヶ月の突貫工事で大阪球場を建設することになった。松竹ロビンス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急西宮スタジアム

    阪急西宮スタジアムから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    阪急電鉄が所有していたプロ野球チーム『阪急ブレーブス』の本拠地(フランチャイズ)として阪急の主催試合が開催された。それ以外に、競輪場として競輪開催(「西宮競輪場」で詳述)、アメフトの試合、コンサートなど様々なイベントで使用されており、まさに“多角経営”の先駆けとなった野球場である。阪急西宮スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 小倉恒

    小倉恒から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    現在はオリックス・バファローズの打撃投手を務めている。小倉恒 フレッシュアイペディアより)

3932件中 51 - 60件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード