3113件中 61 - 70件表示
  • ドカベン プロ野球編

    ドカベン プロ野球編から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1994年のドラフト会議の5位指名で、オリックス・ブルーウェーブに入団。ドカベン プロ野球編 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    前年、連続7回目の日本一に輝いた読売ジャイアンツ(巨人)の川上哲治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、その巨人の前に日本シリーズ4連敗を喫したパ・リーグ王者阪急ブレーブスの西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いた。1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏 (野球)

    小林宏 (野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    現在は、オリックス・バファローズ二軍投手コーチ。小林宏 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢孝夫

    伊勢孝夫から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    引退後はヤクルト( - 、 - )の打撃コーチ、、広島東洋カープ一軍外野守備走塁コーチ、1988年、広島一軍打撃コーチを歴任。二度目のヤクルト打撃コーチ時代には野村克也監督の下、三度のリーグ優勝、二度の日本一に貢献した。、佐々木恭介監督に請われ古巣近鉄のヘッド兼打撃コーチに就任し、佐々木退任後もはヘッドコーチ、はヘッド兼打撃コーチを務め2001年の12年ぶりのリーグ優勝に貢献した。からは近鉄の編成本部長を務め、はオリックス・バファローズの調査担当を務めた。伊勢孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山下勝充

    山下勝充から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    、オープン戦で本塁打を放つなどの活躍を見せ、オープン戦の新人賞を受賞。4月1日のオリックス戦に8番一塁手としてプロ初出場。5月7日のダイエー戦で篠原貴行から初本塁打を記録する。しかしその後打率は1割台と低迷し二軍落ちとなる。同シーズンの一軍出場67試合は山下の最高試合出場数となっている。翌年は一軍出場二試合、翌々年は一軍出場ゼロに終わる。山下勝充 フレッシュアイペディアより)

  • 高野純一

    高野純一から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    朝日放送への入社後は、スポーツ中継で実況・リポーター、テレビ・ラジオの情報番組で司会(パーソナリティ)をそれぞれ担当。2007年以降は、全国高校野球選手権大会中継や、プロ野球中継(主に関西以外の地域に向けたオリックス・バファローズ戦の裏送り中継)で実況を務めている。2010年9月には、スポーツアナウンサーの先輩・小縣裕介が報道担当に転じたことから、小縣からサッカー関連番組の担当を引き継いだ(小縣は2012年からスポーツ担当に復帰)。そのうち、関連会社のスカイ・エーで放送中の『インテル・ミラノチャンネル』では、「コロッソ」と呼ばれている。高野純一 フレッシュアイペディアより)

  • 石嶺和彦

    石嶺和彦から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    石嶺 和彦(いしみね かずひこ、1961年1月10日 - )は、日本のプロ野球選手(外野手、捕手)、野球指導者、野球解説者。現役時代は阪急・オリックスと阪神で活躍し、愛称はサッサだった。石嶺和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤智

    江藤智から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    、8月12日の対横浜ベイスターズ戦で1試合10打点のセ・リーグタイ記録をマーク。3割に迫る打率を残した。オフにFA権を行使し、一時は横浜への移籍が確実視されていたが、同じ三塁手でありFAでオリックス・ブルーウェーブへの移籍が有力視されていた横浜の進藤達哉が急遽残留に至ったことなどから、一転、巨人に入団。背番号33を、当時巨人でつけていた監督の長嶋茂雄から「33番を江藤君に譲り、僕は3番をつけます」として譲り受けている。江藤智 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市民球場

    米子市民球場から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    当球場完成以降、山陰両県でプロ野球の一軍公式戦が開催されるのはこの米子市民球場が唯一である。1999年(平成11年)以降、広島東洋カープ主催の公式戦が概ね年間1カード2試合開催されている(対阪神戦がほとんどだが、2006年のみ対中日戦が行われた)。この他、1992年(平成4年)からはオリックス・ブルーウェーブが不定期に主催試合を行っていた。ウエスタン・リーグ、イースタン・リーグの試合も行われた。米子市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    7月7日、ロッテは16連敗中であり、この日の対オリックス・ブルーウェーブ戦に連敗脱出を賭けて先発登板。福澤洋一捕手とバッテリーを組み、2点リードで9回2死2ストライクまで打ち取るも、ハービー・プリアムに同点2ラン本塁打を浴びる。連敗脱出目前でよもやの同点本塁打を許した黒木はマウンド上に座り込み、悔し涙を流す(その後、延長にて近藤芳久が広永益隆から満塁本塁打を打たれサヨナラゲームとなり、チームは日本プロ野球ワースト記録の17連敗となった)。この敗戦は「七夕の悲劇」と呼ばれている。しかし、そこから立ち直って同年のオールスターゲームに初出場しており、最多勝・最高勝率のタイトルを獲得。なお、防御率は金村曉に次ぐ2位であったが、金村が規定投球回ぎりぎりの135イニングでのタイトル獲得であったため、黒木には三冠王の可能性も十分にあった。連敗脱出後、小宮山悟から「なぜあそこで降りた?試合は終わってなかったぞ。最後まで諦めずに務めなくちゃ」と諭されたという。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

3113件中 61 - 70件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード