3113件中 71 - 80件表示
  • ミスタータイガース

    ミスタータイガースから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    ミスターブレーブス - 阪急ブレーブスの元選手、長池徳士の愛称。ミスタータイガース フレッシュアイペディアより)

  • 岩本 勉

    岩本勉から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2006年3月12日 東京ドームでのオリックス・バファローズとのオープン戦で始球式を行い、打席に立った清原和博を空振りにしとめ、始球式後にはマイクを持ち「まいど!」と叫び、会場を沸かせた。その後も札幌ドームの日本ハム戦での始球式で度々パフォーマンスを披露している。岩本勉 フレッシュアイペディアより)

  • 憲史

    憲史から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2001年外野がシーズン通して右翼・礒部、中堅・大村、左翼・ローズで固定されたため、主に7番指名打者として出場。わずかながら規定打席に及ばなかったが、打率.316、21本塁打、72打点の自己最高成績を残し、リーグ優勝に貢献した。9月26日のオリックス戦では、9回裏無死一塁で迎えた打席で一塁線を破る二塁打を放ち、北川博敏の打った史上初・唯一無二の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームランのお膳立てをした(なお、この試合では自身も7回裏にソロ本塁打を放っている)。しかし、この年をピークに年々成績が低下する。憲史 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    11月7日 - 今津光男、元プロ野球選手(中日ドラゴンズ・広島東洋カープ・阪急ブレーブス)、コーチ、 野球解説者(* 1938年)2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪スタヂアム

    大阪スタヂアムから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    1948年の戦後第3回の日本職業野球リーグで優勝した際、GHQ経済科学局長・ウィリアム・フレデリック・マーカット少将(M資金の語源)が南海球団の松浦竹松社長に「ホームタウン・ホームグラウンドはどこか?」と問うと松浦は「大阪府が本拠であるが、自前のグラウンドがないので、甲子園を使わせていただいている」と答え、マーカットは自前のグラウンドを建設してもいいと提案。そこで、これまで公式戦を開催したことのなかった大阪市に目をつけて、南部の最大の繁華街である南海難波駅前にあった専売局の工場跡地に建設することになった。同じ大阪を拠点とする大陽ロビンスも、北区玉江橋の関西相撲協会の所有地を買収して建設候補地にあげていたが、西宮市(兵庫県)をフランチャイズとする大阪タイガース(阪神)や阪急ブレーブスが、ターミナルの梅田に近く客を奪われることを恐れて反対した。阪神・阪急は南海の難波球場建設を支持し、日本野球連盟は候補地を視察して難波案を採用したが、大陽のオーナーである田村駒治郎は南海が一年以内に建設できなければ自分の手で球場を作ると主張したため、南海は一年以内に完成できるよう工事を進めざるを得なくなった。大阪スタヂアム フレッシュアイペディアより)

  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    は、高橋信二が4番・一塁手に定着したこともあり、打順は5番で指名打者か左翼手での出場が多くなった。5月17日の対オリックス・バファローズ戦で走塁中に左太もも裏の軽い肉離れのため選手登録を抹消された時期があったものの、117試合に出場。打率.266、27本塁打、88打点と前年以上の成績を残した。しかし、目標にしていた30本塁打には届かず、対戦相手によっては極端な右寄りの守備体形(スレッジシフト)を取られたことで、何本かの安打性の打球を捕球されたこともあった。クライマックスシリーズ第2ステージ第1戦(対東北楽天ゴールデンイーグルス戦)では、9回裏に福盛和男から値千金の逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、楽天の勢いを断ち切った。第4戦では岩隈久志から3点本塁打を放ち、日本シリーズ進出を決定的にするなど、4試合で2本塁打10打点の大活躍でMVPを獲得。日本シリーズでも、本塁打を放つなどの活躍を魅せた。しかし、契約更改においては難航し、将来の和製大砲として期待を寄せる中田翔を起用したい方針もあり、現状維持の単年契約を掲示する日本ハム球団側と、大幅増の複数年契約を主張するスレッジの代理人側との間に開きがあり、保有権を喪失した12月1日に自由契約となった。日本ハムは自由契約となった後も引き続き交渉を行ったが、両者の主張は平行線を辿ったままであった。ターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 高宮和也

    高宮和也から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    はリリーフとして22試合に登板したが、最後の4試合で10失点するなど内容は悪く、防御率7.71と結果を残せず、後半は二軍生活だった。6月24日の対オリックス戦では、5点リードの4回表に登板したが、グレッグ・ラロッカへの四球とタフィ・ローズの本塁打で2失点を喫し、1死も取れずに降板した。この高宮に対して、ハマスタWAVEで実況していた椎野茂が「水差し野郎」「そのまま鞄に荷物をまとめて横須賀(スタジアム)へでも行けと言われても仕方がありません」などの発言をしたことがネット上で話題になった。高宮和也 フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    プロ野球では特に外国人選手が発音や表記の面で本名とは別の登録名を用いることが多く見られる。漢字文化圏以外の選手の場合、表記はファーストネームを頭文字一文字とされることが多い(例:アレックス・ラミレス→A・ラミレス)。日本人選手では古くから本名の、特に下の名前について改名や漢字表記の変更は良く行われてきたが、1994年に鈴木一朗と佐藤和弘(共にオリックス)がそれぞれ登録名をイチロー、パンチとしたことから、日本人選手でも本名と別の登録名を用いることが浸透していった。特に本名の下の名前のみを登録名とするケースが多い。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木誠 (野球)

    佐々木誠 (野球)から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    でプレーヤーから完全に引退し、サンテレビ解説者、西日本スポーツ評論家を経て、は古巣・ダイエーの二軍の外野・守備走塁コーチに就任。はオリックス外野守備兼打撃補佐コーチ、は同球団の二軍であるサーパス神戸の外野守備・走塁コーチを務めた。からは西日本スポーツ評論家に復帰するとともに、同年創部されたセガサミーのコーチに就任。この年の都市対抗予選では東京第1代表決定戦に進みながら、そこから5連敗して本大会出場を逃して社会人野球の厳しさなどにショックを受けたという。佐々木誠 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 森脇浩司

    森脇浩司から見たオリックス・バファローズオリックス・バファローズ

    2012年はオリックス・バファローズのチーフ野手兼内野守備走塁コーチを務め、シーズン途中から監督代行。同年シーズン終了後、同チームの監督に就任。森脇浩司 フレッシュアイペディアより)

3113件中 71 - 80件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード