前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
381件中 1 - 10件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たイチロー

    1991年から1993年まで土井がチームを率いたが、3年連続で3位に終わった。1992年には後にチームを支えることになる田口壮、鈴木一朗(イチロー)の両選手が入団しているが、田口は土井の厳しい指導からイップスとなり、鈴木は高卒1年目から起用されたものの、レギュラーに定着することは無かった。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た仰木彬

    1994年、前年限りで退任した土井に代わり、仰木彬が監督に就任。仰木の下でレギュラーとして起用されたイチロー(この年に登録名を変更)は初の規定打席到達にして日本新記録の年間210安打を樹立し、当時のパ・リーグ新記録となる打率.385を記録。その功績に対してオフには正力松太郎賞が贈られた。また、それまで内野手だった田口を外野手に転向。左翼田口・中堅本西厚博・右翼イチローは当時12球団最強の外野陣と言われるほどの守備力の高い布陣となった。最終順位は2位に終わったが、イチローフィーバーに後押しされたチームは優勝争いにも加わり、観客動員も球団記録を大幅に更新した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た赤田将吾

    2月5日にキャンプ地の宮古島市のホテルで、小瀬浩之が転落死する事態が起きた。直後に阿部真宏とのトレードで西武から赤田将吾を獲得している。3月20日から3月26日まで、1989年以来のパ・リーグ開幕4連勝を果たす。4月2日から4月7日まで5連敗・合計37失点と大量失点されたこともあり、4月8日に1軍バッテリーコーチの三輪隆が2軍バッテリーコーチに降格、2軍バッテリーコーチの吉原孝介を1軍バッテリーコーチに昇格する人事を発表した。交流戦に入るとチームは機能し始めるようになり、16勝8敗の好成績を残し、6月13日の対横浜ベイスターズ戦を7-2で勝利し、交流戦6年目で初優勝した。交流戦後の後半戦に入ると一時は3位に浮上したものの主力選手の不振等で連敗を繰り返し、その後もCS出場圏内にとどまっていたが9月26日、日本ハムが勝ち、勝率差で日本ハムに及ばなくなったため、2年連続のBクラスが、9月28日には5位が決定した。T-岡田が本塁打王、金子千尋が最多勝を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中村紀洋

    合併により有力選手が加入したことに加え、仰木が監督に復帰したことから戦力は大幅に向上して臨んだシーズンとなった。肺がんに侵されながらも指揮を執る仰木の下でチームは最後までAクラス争いを続けたが4位でシーズンを終え、Aクラス入り・プレーオフ進出を逃がした。シーズン後に仰木は監督を退任し、代わって球団ゼネラルマネージャーだった中村勝広が監督に就任した。編成を司るGMより監督への就任は日本球界初となる。仰木は球団シニアアドバイザーに就任したが、12月15日に肺がんによる呼吸不全のため70歳で逝去した。オフには巨人を自由契約となった清原和博、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んでいた中村紀洋を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た西本幸雄

    1960年、打撃の不振から西宮球場にラッキーゾーンが設置され、本塁打は前年より7本増えたが、それでもリーグ最低の数字で、相手チームの本塁打も増える結果となり、梶本隆夫と米田哲也が共に20勝するものの4位に終わる。1961年、中田昌宏が南海の野村克也と共に最多本塁打を獲得するが、得点力不足で、米田、梶田は2年連続ともに20勝だが5位に終わり、この頃には「地味」という意味で「灰色の阪急」というあだ名が定着している。このオフ、コーチに西本幸雄を招いている。1962年、8月半ばまで2位を保つが、最終的には4位に終わっている。11月6日、西本幸雄が監督に就任。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た岡田彰布

    この年は、楽天を退団したホセ・フェルナンデスを加えローズ・カブレラ・ラロッカの4人でビッグボーイズを結成するなどし、開幕前の野球解説者の予想でも上位にあげられていたが、これら4人の外国人選手全員が死球などで全員が骨折するなど、極度の不運に見舞われ、主力選手の多くが怪我で離脱した。先発投手陣も、前年大活躍をした小松が開幕から大不振に陥ったのをはじめ、近藤が5月から不調に陥り、復帰した平野も開幕直後に体調不良で戦線離脱、開幕から金子と共に好調を維持していた岸田護も故障で離脱した。さらに、抑えの加藤を擁するリリーフ陣も不安定な投球が目立ち、9月以降は先発要員の金子が抑えに起用された。チームは5月に9連敗、6月に7連敗と大型連敗を繰り返し、6月は4勝14敗と大きく負け越して低迷。6月10日から1軍投手コーチ(ベンチ)の赤堀元之をブルペン、1軍投手コーチ(ブルペン)の清川栄治をベンチに配置転換した。6月18日からは1軍投手チーフコーチの佐々木修を2軍投手コーチに降格、先日1軍投手コーチとなった清川栄治を1軍投手チーフコーチに昇格する人事を発表している。しかし、これでも好調の兆しは最後まで見られず、優勝した日本ハムに6勝18敗、2位楽天には4勝19敗1分と大きく負け越すなど苦戦を強いられ、9月にはシーズン3度目の6連敗を喫した。9月9日の対楽天戦で敗戦を喫して2年ぶりにシーズン負け越しが決定。9月27日の対ロッテ戦で引き分けになり、勝率差でロッテに及ばなくなったため、2年ぶりに最下位となった。その責任を受けて中村勝広と大石監督を解任、後任には岡田彰布が就任した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た森脇浩司

    球団創立以来初のキャプテン制度を導入。後藤光尊が就任。3月28日に阪神、米大リーグ・ヤンキースに在籍した井川慶を獲得。開幕カードの対ソフトバンク3連戦を全敗した後、4月19日に勝率5割にしたものの、直後に5連敗し以降は5割に戻すこともなく、交流戦は10勝13敗の7位とし、前半戦を借金13の最下位で終える。後半戦もそのまま順位を上げる事なく低迷。9月12日から25日にかけて球団ワーストとなる12連敗を記録。この連敗中の22日に岡田監督の退任が発表された。24日の対ロッテ戦に敗れ、球団ワーストタイとなる11連敗として、シーズン最下位が確定した。翌25日にはシーズンの最後まで指揮を取る事になっていた岡田監督と高代延博ヘッドコーチの休養が発表され、森脇浩司チーフ野手コーチが監督代行となるが、この日の対ソフトバンク戦にも敗れ連敗球団記録を更新した。翌26日に対ソフトバンク戦に勝利して連敗を止め、代行就任以降の成績を7勝2敗とする。10月8日、シーズン最終戦の対ソフトバンク戦(ヤフードーム)で西勇輝がノーヒットノーランを達成し、試合後、森脇が来季の監督に正式に就任すると発表した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中村勝広

    合併により有力選手が加入したことに加え、仰木が監督に復帰したことから戦力は大幅に向上して臨んだシーズンとなった。肺がんに侵されながらも指揮を執る仰木の下でチームは最後までAクラス争いを続けたが4位でシーズンを終え、Aクラス入り・プレーオフ進出を逃がした。シーズン後に仰木は監督を退任し、代わって球団ゼネラルマネージャーだった中村勝広が監督に就任した。編成を司るGMより監督への就任は日本球界初となる。仰木は球団シニアアドバイザーに就任したが、12月15日に肺がんによる呼吸不全のため70歳で逝去した。オフには巨人を自由契約となった清原和博、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んでいた中村紀洋を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たオリックス (企業)

    1988年10月19日、阪急電鉄がオリエント・リースへの球団譲渡を発表。この時、小林公平は「(阪急電鉄として)プロ野球チームを持つ使命を終えた」とコメントした。球団譲渡した最大の理由は、と言われている。同日、川崎球場ではロッテ対近鉄のダブルヘッダーが行われ、第2試合で引き分け、近鉄はパ・リーグ優勝を逸し、既に全日程終了していた西武の優勝決定したという球史に残る大試合が行われた当日とこの身売り発表が重なり、特にマスコミや報道陣を混乱させた(詳細は「10.19」)。17時に行われた身売り発表の会見で、オリエントリースの関係者が入り口の立て札に「阪急電鉄総務部記者会見場」と書かれてあるのを見て、「なんで我が社の社名を書かないんですか! 阪急だけの発表じゃない!」と顔をしかめたという。同じ年には南海電気鉄道がホークスをダイエーへ売却することと福岡への移転が決定。関西を代表する2つの球団の歴史が大きく動いた年でもあった。山田久志と福本豊が引退。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た千葉ロッテマリーンズ

    パ・リーグ参戦初年度の1950年、開幕4戦目から球団新記録の11連敗と低迷し、54勝64敗2分で首位の毎日オリオンズと28.5ゲーム差の4位に終わる。1951年、天保義夫と野口二郎で合わせて13勝止まりで、7球団中5位と低迷。オフにはジミー・ニューベリー、ジョン・ブリットンが入団し、翌1952年にはニューベリーが11勝、ブリットンが打率3割の活躍を見せるが、2年連続7球団中5位。1953年、西宮球場にナイター設備が完成。5月5日よりナイター試合が行われるようになり、阪急はこの年のナイター試合で26戦21勝と「夜の勇者」のあだ名がつくほど強く、新加入のルーファス・ゲインズが14勝、ラリー・レインズが盗塁王になるなど、8月から9月には首位に立つこともあり、最終的に2位で終わっている。オフには梶本隆夫が入団。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
381件中 1 - 10件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード