381件中 91 - 100件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た朝日放送

    2005年度から吉本興業と業務提携を結んだ。3月27日の朝日放送『なにわ人情コメディ 横丁へよ?こちょ!』(NGKで3月9日収録)に仰木彬監督や選手が劇中に出演し、チームをPRした。また、3月28日のホームゲーム開幕戦・対ロッテ戦(大阪ドーム)では、国歌斉唱をDonDokoDonの山口智充が担当した。この業務提携は2006年度も「よしもとプロデュース・Bsミックスモダン大作戦」として継続。3月31日の関西テレビ『NGKにバファローズがやってきた! ミックスモダン大作戦?結束?』(NGKで3月9日収録)には中村勝広監督・清原和博・中村紀洋らが出演してチームをPR。4月2日の大阪ドーム開幕戦(対北海道日本ハムファイターズ戦)では友近が国歌斉唱、また4月4日の対ロッテ戦では池乃めだかが国歌斉唱、レイザーラモンHGが始球式を行った。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た日本テレビ放送網

    2005年まで(パリーグ同士の対戦については2004年まで)はフジテレビ系列(関西テレビが株主である関係で年1試合のみナイターの全国生中継が行われていた)、2006年まではテレビ朝日系列、2007年までテレビ東京系列でも全国中継していた。ほか、1989年-1990年代末期まではTBS系列でも放送されていたり、対巨人のオープン戦に限り日本テレビ系列で放送されたが、いずれも現在は放送していない。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た南海電気鉄道

    1988年10月19日、阪急電鉄がオリエント・リースへの球団譲渡を発表。この時、小林公平は「(阪急電鉄として)プロ野球チームを持つ使命を終えた」とコメントした。球団譲渡した最大の理由は、と言われている。同日、川崎球場ではロッテ対近鉄のダブルヘッダーが行われ、第2試合で引き分け、近鉄はパ・リーグ優勝を逸し、既に全日程終了していた西武の優勝決定したという球史に残る大試合が行われた当日とこの身売り発表が重なり、特にマスコミや報道陣を混乱させた(詳細は「10.19」)。17時に行われた身売り発表の会見で、オリエントリースの関係者が入り口の立て札に「阪急電鉄総務部記者会見場」と書かれてあるのを見て、「なんで我が社の社名を書かないんですか! 阪急だけの発表じゃない!」と顔をしかめたという。同じ年には南海電気鉄道がホークスをダイエーへ売却することと福岡への移転が決定。関西を代表する2つの球団の歴史が大きく動いた年でもあった。山田久志と福本豊が引退。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たイー・モバイル

    イー・モバイル(袖:2008年 - 2012年)オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たアトラス (ゲームブランド)

    アトラス(テレビゲームメーカー)(ヘルメット:2004年 - 2005年)オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た読売新聞社

    阪神急行電鉄(現阪急電鉄。以下、阪急と記す)は1920年に日本最初のプロ野球球団とされる「日本運動協会」の経営を引き取り「宝塚運動協会」として運営した事があるが1929年7月に解散しており、後の阪急ブレーブスとの球団としての繋がりはない。しかし小林一三はいずれプロ野球時代が来ると予見していた。1935年に読売新聞社が大日本東京野球倶楽部などが結成したのを受けて、小林は当時アメリカに出張中だったが、出先のワシントンから電報で球団設立を指示し、設立が進められ1936年1月23日に「大阪阪急野球協会」が設立される。発足当時の球団で球場を自前で所有する事を計画したのは阪急だけである。小林一三が慶應義塾大学出身だった事もあり、宮武三郎、山下実、山下好一ら慶應のスター選手を入団させ、初代監督にも同OBの三宅大輔を招いた。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たテレビ東京

    2005年まで(パリーグ同士の対戦については2004年まで)はフジテレビ系列(関西テレビが株主である関係で年1試合のみナイターの全国生中継が行われていた)、2006年まではテレビ朝日系列、2007年までテレビ東京系列でも全国中継していた。ほか、1989年-1990年代末期まではTBS系列でも放送されていたり、対巨人のオープン戦に限り日本テレビ系列で放送されたが、いずれも現在は放送していない。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た京セラ

    京セラ(ヘルメット・ユニフォーム:2006年3月 - 2010年)オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たダイエー

    1988年10月19日、阪急電鉄がオリエント・リースへの球団譲渡を発表。この時、小林公平は「(阪急電鉄として)プロ野球チームを持つ使命を終えた」とコメントした。球団譲渡した最大の理由は、と言われている。同日、川崎球場ではロッテ対近鉄のダブルヘッダーが行われ、第2試合で引き分け、近鉄はパ・リーグ優勝を逸し、既に全日程終了していた西武の優勝決定したという球史に残る大試合が行われた当日とこの身売り発表が重なり、特にマスコミや報道陣を混乱させた(詳細は「10.19」)。17時に行われた身売り発表の会見で、オリエントリースの関係者が入り口の立て札に「阪急電鉄総務部記者会見場」と書かれてあるのを見て、「なんで我が社の社名を書かないんですか! 阪急だけの発表じゃない!」と顔をしかめたという。同じ年には南海電気鉄道がホークスをダイエーへ売却することと福岡への移転が決定。関西を代表する2つの球団の歴史が大きく動いた年でもあった。山田久志と福本豊が引退。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た赤堀元之

    この年は、楽天を退団したホセ・フェルナンデスを加えローズ・カブレラ・ラロッカの4人でビッグボーイズを結成するなどし、開幕前の野球解説者の予想でも上位にあげられていたが、これら4人の外国人選手全員が死球などで全員が骨折するなど、極度の不運に見舞われ、主力選手の多くが怪我で離脱した。先発投手陣も、前年大活躍をした小松が開幕から大不振に陥ったのをはじめ、近藤が5月から不調に陥り、復帰した平野も開幕直後に体調不良で戦線離脱、開幕から金子と共に好調を維持していた岸田護も故障で離脱した。さらに、抑えの加藤を擁するリリーフ陣も不安定な投球が目立ち、9月以降は先発要員の金子が抑えに起用された。チームは5月に9連敗、6月に7連敗と大型連敗を繰り返し、6月は4勝14敗と大きく負け越して低迷。6月10日から1軍投手コーチ(ベンチ)の赤堀元之をブルペン、1軍投手コーチ(ブルペン)の清川栄治をベンチに配置転換した。6月18日からは1軍投手チーフコーチの佐々木修を2軍投手コーチに降格、先日1軍投手コーチとなった清川栄治を1軍投手チーフコーチに昇格する人事を発表している。しかし、これでも好調の兆しは最後まで見られず、優勝した日本ハムに6勝18敗、2位楽天には4勝19敗1分と大きく負け越すなど苦戦を強いられ、9月にはシーズン3度目の6連敗を喫した。9月9日の対楽天戦で敗戦を喫して2年ぶりにシーズン負け越しが決定。9月27日の対ロッテ戦で引き分けになり、勝率差でロッテに及ばなくなったため、2年ぶりに最下位となった。その責任を受けて中村勝広と大石監督を解任、後任には岡田彰布が就任した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

381件中 91 - 100件表示