564件中 101 - 110件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た田中将大

    木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾と日本ハムの糸井嘉男、八木智哉との3対2のトレードが成立。その糸井は3番ライトを担い、4番でこの年も24本塁打を記録した李大浩、5番のバルディリスと共に強力なクリーンアップを築いた。エース金子千尋はケガのため、オープン戦に登板できなかったものの、ぶっつけ本番で開幕投手を任され好投した。また、西も先発ローテーションに入り、2人とも成績を残した。交流戦は13勝10敗で、巨人・日本ハム・ロッテと同率の3位とした。金子千尋は24勝無敗の偉業を成し遂げた楽天の田中将大に沢村賞は譲ったが、田中もできなかった沢村賞の選考基準全項目を満たし、奪三振王のタイトルを獲得した。また、糸井嘉男も移籍一年目にもか関わらず共に5年連続となる打率3割・ゴールデングラブ賞を達成し、自己最多の安打、本塁打、盗塁を記録するなど投打の柱は共に活躍した。しかし、チームとしては10月1日の対ソフトバンク戦に2対9で敗れて5年連続のBクラスが確定、クライマックスシリーズ進出を逃し、10月6日の対ロッテ戦に3対1で勝利して3年ぶりの5位を確定させた。この年のオフ、4番の李大浩が退団しソフトバンクに移籍。また、後藤光尊が鉄平とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。これにより、ブルーウェーブ時代から一貫してオリックスに在籍し続けた選手は姿を消した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た小松聖

    大石の監督代行就任後、6月3日の巨人戦に勝利し、阪急時代も含めて通算4500勝を達成するなどチームは持ち直していった。9月24日の対ソフトバンク戦に勝利して2001年シーズン以来7年ぶり、オリックス・バファローズとしては初のシーズン勝ち越しを決め、9月29日の対西武戦に勝利して、初のクライマックスシリーズ進出を決めた。2位で終わり、クライマックスシリーズでは第1ステージで3位日本ハムと対戦。2連敗で敗れ日本シリーズ出場はならなかったものの、15勝を挙げて新人王を獲得した小松聖を筆頭に、山本省吾・金子千尋・近藤一樹が先発10勝、加藤大輔が最多セーブ、坂口智隆はゴールデングラブ賞、タフィ・ローズは打点王を獲得するなど、チームの戦力は大幅に充実した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た八木亮祐

    交流戦は5勝13敗で最下位に終わった。7月17日、八木亮祐との交換トレードで近藤一樹が東京ヤクルトスワローズに移籍、このトレードによって大阪近鉄への在籍経験がある現役選手がオリックスから姿を消した。その後、後半戦に至っても低迷から抜け出すことはできず、本拠地最終戦となった9月29日の楽天戦に敗戦し、4年ぶりの最下位が確定した。同一シーズンでオープン戦・交流戦・公式戦・2軍のすべてが最下位となるのは史上初で、さらに公式戦では全球団に負け越し、交流戦でもヤクルトを除く全球団に負け越す結果となった。しかしながら、シーズンのチーム捕逸数が「0」という日本プロ野球史上初の記録も達成した。また、チーム打率・得点・安打・チーム防御率リーグ最下位、本塁打・失点は5位に低迷した。この年のセ・リーグでは広島東洋カープが25年ぶりの優勝を果たしたため、オリックスは12球団の中で最も優勝から遠ざっているチームとなった。また、これまでクライマックスシリーズに出場したことのなかった横浜DeNAベイスターズがクライマックスシリーズに出場しファイナルステージまで進んだため、12球団唯一のファイナルステージ進出未経験チームともなった。楽天の後藤光尊のシーズン後の引退によって、オリックス・ブルーウェーブへの在籍経験がある現役選手は、MLBのマイアミ・マーリンズに所属するイチローだけになった。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た長田昌浩

    1月6日に前川勝彦が大阪市内でひき逃げ事故を起こし、さらに無免許だったことが発覚して、業務上過失傷害と道路交通法違反の疑いで逮捕された。これを重くみた球団は1月18日付で前川を懲戒処分として所属契約を解消、その騒動の最中だった1月17日に、大幅な減俸を提示されて契約交渉が決裂した中村紀洋も同様に契約を解消した。この他球団の編成も完了している時期の契約解消について、選手会が野球協約上、問題のある交渉ではないかと批判している。低迷期より主戦打者だった谷佳知を、鴨志田貴司・長田昌浩とのトレードで巨人に放出し、ダン・セラフィニなどを補強。シーズン開幕前にタフィ・ローズを獲得して臨んだシーズンだったが、選手起用などで混迷は続いた。4月下旬から5月半ばにかけて17試合で1勝16敗と大きく負け越すと、優勝争いはおろかAクラス争いにすら加わることなく、パ・リーグ他5球団に負け越し、3年ぶりの最下位となった。オフにはかつてオリックスに在籍していた前巨人のジェレミー・パウエルの獲得を発表したが、1月29日になって福岡ソフトバンクホークスとの間で二重契約問題が発生し、パウエルはソフトバンクに入団している(詳しくはジェレミー・パウエル参照)。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た吉井理人

    2006年7月からはJリーグJ1のガンバ大阪と連携。2006年には当時ガンバに所属していた宮本恒靖と清原和博のポスターやグッズを合同で製作したり、オリックスの試合で宮本が始球式、ガンバの試合で吉井理人と北川博敏がキックオフセレモニーに出場した。なお、GS神戸を本拠としていた時代、隣接するユニバー競技場を本拠地としたヴィッセル神戸と提携し、ホームゲームが重複して開催される日は共通チケットを発売した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た小林亜星

    作詞:三浦徳子、作曲:小林亜星、編曲:若林恵、歌:早見優オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た坪井智哉

    イチローが2000年シーズン終了後に移籍した後、「51」を着けている選手はいない。2005年に仰木彬が監督に復帰した際、イチロー自身が「51番は監督に着けてほしい」と勧めたが、仰木も「そんな番号は恐れ多くて絶対着けられん」と断っている。また、2011年にバファローズに入団した坪井智哉(イチローと同学年で、イチローに似た振り子打法を使っていた)は、球団に51を希望するも却下された。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たホセ・オーティズ

    前年の極度の貧打を受けてシーズンオフにはメジャーリーグで将来を嘱望されたルーズベルト・ブラウン、ホセ・オーティズや、中日で本塁打王を獲得した実績のある山崎武司など長距離砲を積極的に補強したが、大砲に偏った構成が響いて開幕から打線のつながりを欠いて低迷。当初不振に喘いでいた外国人選手の起用を巡っての球団との対立もあって4月23日に石毛は解任された。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た宮本恒靖

    2006年7月からはJリーグJ1のガンバ大阪と連携。2006年には当時ガンバに所属していた宮本恒靖と清原和博のポスターやグッズを合同で製作したり、オリックスの試合で宮本が始球式、ガンバの試合で吉井理人と北川博敏がキックオフセレモニーに出場した。なお、GS神戸を本拠としていた時代、隣接するユニバー競技場を本拠地としたヴィッセル神戸と提携し、ホームゲームが重複して開催される日は共通チケットを発売した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た野村克也

    中田昌宏が南海の野村克也と共に最多本塁打を獲得するが、得点力不足で、米田、梶本は2年連続ともに20勝だが5位に終わり、この頃には「地味」という意味で「灰色の阪急」というあだ名が定着している。このオフ、コーチに西本幸雄を招いているオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

564件中 101 - 110件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード