381件中 21 - 30件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た佐藤義則佐藤 義則

    1977年、前期は南海、近鉄との在阪3球団による優勝争いとなり、6月3日からの対南海戦を3勝1敗とし、64試合目に優勝決定している。後期はロッテが先行、それを追う阪急との争いとなったが、最終3連戦で3連勝すれば逆転の可能性も残っていたが、近鉄に敗れた事で1分2厘の差で2位に終わる。ロッテとのプレーオフでは3勝2敗として、2年連続リーグ優勝。2年連続巨人との日本シリーズは山田久志の投打にわたる活躍で4勝1敗で3年連続日本一達成。投手陣では新人の佐藤義則が7勝を挙げて新人王を獲得。打線では代打本塁打の記録をもつ高井保弘が、2年前より導入された指名打者制のおかげでレギュラーに定着し、この年は4番にも入っている。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た糸井嘉男

    北海道日本ハムファイターズ・糸井嘉男、八木智哉と木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾の2-3のトレードが成立。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た王貞治

    1970年、福本豊が一番に定着し初めて盗塁王を獲得し、この後福本は13年連続で同タイトルを獲得することになる。山田久志が10勝を挙げるが、打線が低調で4位に終わる。1971年、オールスター前までに2位に6ゲーム差をつけ、オールスター直後のロッテ戦で2連勝で差を広げるが、この直後8連敗しているが、9月28日のロッテ戦に勝利し、2年ぶり4度目のリーグ優勝達成。長池徳士31試合連続安打を記録するなどMVPとなり、山田久志が最優秀防御率を獲得。新旧戦力が噛み合った年になった。しかし、日本シリーズは巨人と4度目の対戦で、第3戦に山田が王貞治から9回2死から逆転サヨナラ3ランを打たれて敗れるなど、1勝4敗で敗退。オフには東映の大橋穣、種茂雅之らを阪本敏三、岡村浩二、佐々木誠吾との交換トレードで獲得。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た金子千尋

    シーズンも開幕から低迷が続き、5月21日にコリンズが辞任を発表した。この辞任を受け、大石大二郎ヘッドコーチが監督代行に就任し、8月2日に監督に昇格した。大石の監督代行就任後、6月3日の巨人戦に勝利し、阪急時代も含めて通算4500勝を達成するなどチームは持ち直していった。9月24日の対ソフトバンク戦に勝利して2001年シーズン以来7年ぶり、オリックス・バファローズとしては初のシーズン勝ち越しを決め、9月29日の対埼玉西武ライオンズ戦に勝利して、初のクライマックスシリーズ進出を決めた。シーズンも2位で終わり、クライマックスシリーズでは第1ステージで3位日本ハムと対戦。2連敗で敗れ日本シリーズ出場はならなかったものの、15勝を挙げて新人王を獲得した小松聖を筆頭に、山本省吾・金子千尋・近藤一樹が先発10勝、加藤大輔が最多セーブ、坂口智隆はゴールデングラブ賞、タフィ・ローズは打点王を獲得するなど、チームの戦力は大幅に充実した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た清原和博

    合併により有力選手が加入したことに加え、仰木が監督に復帰したことから戦力は大幅に向上して臨んだシーズンとなった。肺がんに侵されながらも指揮を執る仰木の下でチームは最後までAクラス争いを続けたが4位でシーズンを終え、Aクラス入り・プレーオフ進出を逃がした。シーズン後に仰木は監督を退任し、代わって球団ゼネラルマネージャーだった中村勝広が監督に就任した。編成を司るGMより監督への就任は日本球界初となる。仰木は球団シニアアドバイザーに就任したが、12月15日に肺がんによる呼吸不全のため70歳で逝去した。オフには巨人を自由契約となった清原和博、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んでいた中村紀洋を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た福本豊

    1968年、投手陣は米田哲也が29勝、打線ではそれまで9年間で8本塁打の矢野清が27本塁打で「10年目の新人」と呼ばれる活躍を見せる。チームは南海との首位争いとなり、10月11日の共にシーズン最終戦を同率で並び、阪急は対東京戦、2点ビハインドの9回裏に矢野が同点打を放ち、10回裏にサヨナラ本塁打で勝利をおさめている。阪急の試合終了の8分後、南海が近鉄に敗れた事で、2年連続優勝達成。しかし、日本シリーズでも2年連続で巨人に2勝4敗で敗退。ドラフトで後に「花の(昭和)44年組」と呼ばれる事になる山田久志、福本豊、加藤秀司が入団。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た小瀬浩之

    2月5日にキャンプ地の宮古島市のホテルで、小瀬浩之が転落死する事態が起きた。直後に阿部真宏とのトレードで西武から赤田将吾を獲得している。3月20日から3月26日まで、1989年以来のパ・リーグ開幕4連勝を果たす。4月2日から4月7日まで5連敗・合計37失点と大量失点されたこともあり、4月8日に1軍バッテリーコーチの三輪隆が2軍バッテリーコーチに降格、2軍バッテリーコーチの吉原孝介を1軍バッテリーコーチに昇格する人事を発表した。交流戦に入るとチームは機能し始めるようになり、16勝8敗の好成績を残し、6月13日の対横浜ベイスターズ戦を7-2で勝利し、交流戦6年目で初優勝した。交流戦後の後半戦に入ると一時は3位に浮上したものの主力選手の不振等で連敗を繰り返し、その後もCS出場圏内にとどまっていたが9月26日、日本ハムが勝ち、勝率差で日本ハムに及ばなくなったため、2年連続のBクラスが、9月28日には5位が決定した。T-岡田が本塁打王、金子千尋が最多勝を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た土井正三

    1990年、2年連続の2位に終わり、上田監督が辞任。同年シーズン終了後の11月1日より、40年以上も本拠地としていた西宮球場からグリーンスタジアム神戸に本拠地を移し、愛称を長年使用した「ブレーブス」から「ブルーウェーブ(Blue Wave)」に変更、「オリックス・ブルーウェーブ」となる。監督も長年チームを率いた上田から土井正三に代わり、脱阪急色が進んでいった。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た北海道日本ハムファイターズ

    1967年、スペンサーが30本塁打、長池徳士が27本塁打するなど攻撃力がアップ、投手陣は足立光宏が20勝、米田哲也が18勝、梶本隆夫が15勝を挙げる。オールスタ?前には2位に8ゲームをつけ首位、10月1日、対東映フライヤーズ戦(西京極)に勝利し、球団初のリーグ優勝達成。しかし初の日本シリーズでは巨人に2勝4敗で敗退。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た関西テレビ放送

    2005年度から吉本興業と業務提携を結んだ。3月27日の朝日放送『なにわ人情コメディ 横丁へよ?こちょ!』(NGKで3月9日収録)に仰木彬監督や選手が劇中に出演し、チームをPRした。また、3月28日のホームゲーム開幕戦・対ロッテ戦(大阪ドーム)では、国歌斉唱をDonDokoDonの山口智充が担当した。この業務提携は2006年度も「よしもとプロデュース・Bsミックスモダン大作戦」として継続。3月31日の関西テレビ『NGKにバファローズがやってきた! ミックスモダン大作戦?結束?』(NGKで3月9日収録)には中村勝広監督・清原和博・中村紀洋らが出演してチームをPR。4月2日の大阪ドーム開幕戦(対北海道日本ハムファイターズ戦)では友近が国歌斉唱、また4月4日の対ロッテ戦では池乃めだかが国歌斉唱、レイザーラモンHGが始球式を行った。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

381件中 21 - 30件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード