564件中 81 - 90件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た山口智充

    2005年度から吉本興業と業務提携を結んだ。3月27日の朝日放送『なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』(NGKで3月9]収録)に仰木彬監督や選手が劇中に出演し、チームをPRした。また、3月28日のホームゲーム開幕戦・対ロッテ戦(大阪ドーム)では、国歌斉唱をDonDokoDonの山口智充が担当した。この業務提携は2006年度も「よしもとプロデュース・Bsミックスモダン大作戦」として継続。3月31日の関西テレビ『NGKにバファローズがやってきた! ミックスモダン大作戦〜結束〜』(NGKで3月9日収録)には中村勝広監督・清原和博・中村紀洋らが出演してチームをPR。4月2日の大阪ドーム開幕戦(対北海道日本ハムファイターズ戦)では友近が国歌斉唱、また4月4日の対ロッテ戦では池乃めだかが国歌斉唱、レイザーラモンHGが始球式を行った。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た山崎武司

    前年の極度の貧打を受けてシーズンオフにはメジャーリーグで将来を嘱望されたルーズベルト・ブラウン、ホセ・オーティズや、中日で本塁打王を獲得した実績のある山崎武司など長距離砲を積極的に補強したが、大砲に偏った構成が響いて開幕から打線のつながりを欠いて低迷。当初不振に喘いでいた外国人選手の起用を巡っての球団との対立もあって4月23日に石毛は解任された。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た高代延博

    開幕序盤の4月19日に勝率5割とした以外はすべて勝率5割を切った。月間別勝率でも7月と10月に勝ち越した以外はすべて負け越し、6、8、9月は勝率3割台で、9月には12連敗で球団記録を更新するなど、タイ記録となった9月24日の対ロッテ戦で最下位が確定。翌25日にはシーズンの最後まで指揮を執ることになっていた監督の岡田彰布とヘッドコーチの高代延博の休養が発表され、チーフ野手コーチの森脇浩司が監督代行に就任するが、この日の対ソフトバンク戦にも敗れ連敗の球団新記録となった。翌26日に対ソフトバンク戦に勝利して連敗を止め、代行就任以降の成績を7勝2敗とする。10月8日、シーズン最終戦で小久保裕紀の引退試合となった、対ソフトバンク戦では西勇輝がノーヒットノーランを達成し、試合後、森脇が来季の監督に正式に就任すると発表した。チーム打率、防御率は共にリーグ最低で、最下位チームからは史上6人目の打点王となった李大浩が打点を挙げた試合では30勝27敗2分と勝ち越すが、打点0の試合では27勝50敗8分と大きく負け越した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た日高剛

    また、オリックスでは欠番としてはいなかったものの、1988年限りで引退した福本豊の7番を着ける選手はいなかったため、しばらく空き番になっていた。2001年より進藤達哉が着け(同年に横浜ベイスターズからトレードで獲得)、進藤が退団後は、日高剛、水口栄二、濱中治、赤田将吾、糸井嘉男が着けた。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た阿部真宏

    2月5日にキャンプ地の宮古島市のホテルで、小瀬浩之が転落死する事態が起きた。直後に阿部真宏とのトレードで埼玉西武から赤田将吾を獲得している。3月20日から3月26日まで、1989年以来のパ・リーグ開幕4連勝を果たす。4月2日から4月7日まで5連敗・合計37失点と大量失点されたこともあり、4月8日に1軍バッテリーコーチの三輪隆が2軍バッテリーコーチに降格、2軍バッテリーコーチの吉原孝介を1軍バッテリーコーチに昇格する人事を発表した。交流戦に入ると、16勝8敗の好成績を残し、6月13日の対横浜ベイスターズ戦を7-2で勝利し、交流戦6年目で初優勝した。交流戦後の後半戦に入ると一時は3位に浮上したものの主力選手の不振等で連敗を繰り返し、その後もCS出場圏内にとどまっていたが9月26日、日本ハムが勝ち、勝率差で日本ハムに及ばなくなったため、2年連続のBクラスが、9月28日には4年ぶりの5位が決定した。T-岡田が本塁打王、金子千尋が最多勝を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たトム・デイビー

    前述した清原や中村、広島を戦力外となったトム・デイビー、新外国人のジェイソン・グラボースキーなどを獲得し、シーズンに臨んだ。デイビーは開幕から好投を続け、開幕投手の川越も期待に応えたが清原は故障離脱を繰り返し、中村も故障に苦しみ、前年から在籍するブランボーは不振で、ガルシアは試合前の長電話で中村監督の怒りを買うトラブルを起こして成績も不調で、前年奮闘したリリーフ陣も菊地原と加藤を除けばほとんど調子を落とし、低調な戦いが目立った。また、谷も不振を脱却できず、規定打席に到達したのは村松、塩崎、谷の3人だけと主軸を固定できなかった。8月27日の北海道日本ハムファイターズ戦で敗れて7年連続Bクラスが確定し、26年ぶりの5位に終わった。成績不振の責任を取って中村が監督辞任、後任はテリー・コリンズが就任。11月20日よりこれまで神戸市(スカイマークスタジアム内)にあった球団事務所を大阪市北区堂島に移転した(後に京セラドーム大阪内に再移転)。この結果、球団業務の大半(球団本部、大阪営業部、ファンサービス部等)は大阪に集約され、一方の神戸事務所は神戸営業部等一部の業務のみに規模を縮小するなど、球団の経営機能は大幅に大阪にシフトしていくことになった。一方で、選手の入団会見や契約更改は、現在でも主に神戸にて行われる。また、専用球場の登録はこの年に限り暫定的に神戸に移したがこのシーズン終了と共にまた大阪に戻し、試合数を大幅に増やすことになる(後述)。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中島俊哉

    その他の選手はほとんど一軍で戦力になることはなく、中島俊哉(2005年から2014年まで楽天に所属)以外は2005年までにプロ野球を去っている。なお、この時入団した選手は前述の高見澤、北川、中島の他、高橋浩司・庄司大介(以上2000年入団)、板倉康弘・深谷亮司・藤本博史・橋本泰由(以上2001年入団)、塩屋大輔(以上2002年入団)である。開田博勝のように契約金ゼロでの指名ということを事前に伝えておらず、入団拒否に至った例もある。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た秋元康

    作詞:秋元康 作曲:タケカワユキヒデ 歌:オリックス・キッズオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た福良淳一

    前年オフに大型補強を行ったが、開幕から打撃陣が総じて不振に陥り、故障者も続出。投手陣もエースの金子や昨年活躍したリリーフ陣の出遅れなどが響いて大きく負け越した。チーム打率.232はリーグ5位と低迷、それを受けて4月19日の埼玉戦終了後に佐藤真一一軍打撃コーチと下山真二二軍打撃コーチの配置転換を発表した。しかし、チームは浮上することなく5月31日には早くも自力優勝が消滅。6月2日には森脇監督がチーム低迷の責任をとり休養し、併せてヘッドコーチだった福良淳一が監督代行として指揮を執ることを発表した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た比嘉幹貴

    この年は各選手がキャリアハイレベルの成績を同時に達成し、充実した戦力となったことで6年ぶりAクラスとなる快進撃を見せた。打撃陣では3番や4番を務めた糸井嘉男が、前半戦終了時点で打率、安打、盗塁、出塁率、長打率でトップに立ち、最終的に19本塁打と81打点、31盗塁に加え首位打者と最高出塁率のタイトルを手にする大活躍を見せると、ソフトバンクから移籍したウィリー・モー・ペーニャも32本塁打、91打点の活躍で退団した李大浩の穴を埋め、T- 岡田も24本塁打を放ちチームとして長打力が大幅にアップ。また西武から移籍したエステバン・ヘルマンが30盗塁、安達了一が29盗塁と課題の機動力も大きく向上した。投手陣では最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝き球団史上初の沢村賞を獲得したエース金子千尋に、開幕8戦全勝の球団記録を樹立した西勇輝、さらに9勝を挙げたディクソンら先発陣に、48ホールドポイントを挙げ2年連続ホールド王に輝いた佐藤達也、当時パ・リーグ新記録の40セーブを挙げ初のセーブ王を獲得した平野佳寿に加え、32ホールドの馬原孝浩、パ・リーグ記録の34試合連続無失点を記録した比嘉幹貴、55試合に登板した岸田護ら強力なリリーフ陣の活躍で、リードした試合は落とさない安定した戦いを見せた。4月を首位で終え、ソフトバンクとの熾烈な首位争いを繰り広げ、19年ぶりに前半戦を首位で終える。9月17日には6年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定。ソフトバンクとの優勝争いは続き、9月終盤には残り試合数の関係で一時は2位ながらも優勝マジックが点灯した。10月2日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、オリックスはこの試合に勝てば残りシーズン2試合を2連敗さえしなければ18年ぶりのリーグ優勝、この試合がシーズン最終戦となるソフトバンクはこの試合に勝てばリーグ優勝という事実上の優勝決定戦を迎える。試合は9回では決着がつかず延長に突入するが、10回裏にサヨナラ負けしたことで優勝を逃し、1位との勝率僅か2厘の差で2位に終わる。日本ハムとのCSファーストステージでは1勝2敗で敗退した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

564件中 81 - 90件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード