381件中 81 - 90件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た金田政彦

    この年はチーム打率.235と極端な貧打に悩まされた。この貧打により、主戦投手の金田政彦が防御率2.50で最優秀防御率のタイトルを獲得するも4勝9敗、具臺晟もリーグ2位の防御率2.52を記録しながら5勝7敗と投手陣を見殺しにする試合が多く、阪急時代の1963年以来39年ぶりとなる球団史上2回目の最下位に転落してしまった。特に接戦に弱く、1点差だと15勝23敗、2点差だと8勝21敗であった。5月14・15日にはダイエーの主催ゲームとして台湾・台北市立天母棒球場で2連戦を開催、球団としては阪急時代の1962年に当時の米国統治下にあった沖縄での対大毎戦以来40年ぶりの日本国外での試合となった。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た後藤光尊

    2010年6月7日、対広島東洋カープ戦4回戦(福山市民球場)の6回表1死1塁、坂口智隆の二塁内野安打から荒金久雄、後藤光尊、T-岡田の3者連続タイムリーに北川博敏の3ランで打順一巡の猛攻。坂口の左前打までプロ野球新記録となる1イニング最多連続打席安打、前身の阪急時代の9者連続安打を抜く10者連続安打を達成した。しかし、奇しくも同日の15分前に千葉ロッテマリーンズも同記録を達成しており、タイ記録扱いとなった。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中日ドラゴンズ

    セ・リーグでは同様の例として読売ジャイアンツ、阪神タイガース、中日ドラゴンズがある(ただし、「阪神」、「中日」は、地域名に由来した企業名である)。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    6月13日、日本経済新聞により大阪近鉄バファローズとオリックスの球団合併が報じられ、球団合併を両球団が検討していることが判明した。以後、紆余曲折を経て12月1日、球団経営の抜本的立て直しを目的として、同じパ・リーグの近鉄と合併することとなり、「オリックス・バファローズ」となった。なお、この時に選手分配ドラフトが開催され、選手の約半数を新規参入球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に譲渡している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た福岡ソフトバンクホークス

    オフにはかつてオリックスに在籍していた前巨人のジェレミー・パウエルの獲得を発表したが、1月29日になって福岡ソフトバンクホークスとの間で二重契約問題が発生し、パウエルはソフトバンクに入団している(詳しくはジェレミー・パウエル参照)。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た大阪市

    大阪府を保護地域とし、府内大阪市西区にある京セラドーム大阪を専用球場(本拠地)としており、兵庫県神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸でも年間数試合が開催されている。また、二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同市北区にあるあじさいスタジアム北神戸、および神戸総合運動公園サブ球場である。更にその他には球団全体の練習場と合宿所が同市西区に設けられている。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た東京ヤクルトスワローズ

    1978年、前後期ともに優勝。投手陣ではこれまで6勝の今井雄太郎が完全試合を達成するなど、2年目の佐藤義則と共に13勝を挙げ、打線では簑田浩二がレギュラーに定着、この年より8年連続ダイヤモンドグラブを獲得する活躍を見せる。ヤクルトスワローズとの1978年の日本シリーズでは3勝3敗とした第7戦、ヤクルトの大杉勝男のレフトポール際への本塁打の判定を巡って監督の上田が1時間19分の猛抗議。判定は覆らず先発していた足立光宏が試合再開後に降板、ヤクルトの松岡弘に完封負けで敗れ、3勝4敗でシリーズ敗退。上田は抗議の責任を取る形で、翌日監督を辞任。後任の監督は梶本隆夫が就任。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た2009年

    2009年8月7日?9日のロッテ三連戦では関東にフランチャイズを置くロッテを東軍、オリックスを西軍に見立てて、大坂夏の陣をモチーフとしたイベント「Bs大坂夏の陣」が行われた。普段は本場メジャーリーグのようにファーストネームからコールするスタジアムDJもこの日は姓から順、ポジションも漢字読みでコール、さらにスコアボードの外国人選手にも漢字を使った当て字で表記される(例、ローズ→狼主、アレックス→亜力士、ラロッカ→羅六華)など戦国時代のような和風さを連想させる演出が行われた。また来場者には、先着6万人に赤色のユニフォームがプレゼントされた。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た今井雄太郎

    1978年、前後期ともに優勝。投手陣ではこれまで6勝の今井雄太郎が完全試合を達成するなど、2年目の佐藤義則と共に13勝を挙げ、打線では簑田浩二がレギュラーに定着、この年より8年連続ダイヤモンドグラブを獲得する活躍を見せる。ヤクルトスワローズとの1978年の日本シリーズでは3勝3敗とした第7戦、ヤクルトの大杉勝男のレフトポール際への本塁打の判定を巡って監督の上田が1時間19分の猛抗議。判定は覆らず先発していた足立光宏が試合再開後に降板、ヤクルトの松岡弘に完封負けで敗れ、3勝4敗でシリーズ敗退。上田は抗議の責任を取る形で、翌日監督を辞任。後任の監督は梶本隆夫が就任。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たフジテレビジョン

    2005年まで(パリーグ同士の対戦については2004年まで)はフジテレビ系列(関西テレビが株主である関係で年1試合のみナイターの全国生中継が行われていた)、2006年まではテレビ朝日系列、2007年までテレビ東京系列でも全国中継していた。ほか、1989年-1990年代末期まではTBS系列でも放送されていたり、対巨人のオープン戦に限り日本テレビ系列で放送されたが、いずれも現在は放送していない。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

381件中 81 - 90件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード