前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
207件中 1 - 10件表示
  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    最多優勝はASサンテティエンヌの10回。その後オリンピック・マルセイユの9回、FCナントの8回、ASモナコとオリンピック・リヨンの7回と続く。最多連覇記録はリヨンの2001-02シーズンから2007-08シーズンまでの7連覇。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    得点王(ゴールデンシューズ賞)はロビー・キーン(4得点、トッテナム)、シルバーシューズ賞はミド(2得点、トッテナム)、ブロンズシューズ賞はヨン・カリュー(2得点、リヨン)が受賞。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ASサンテティエンヌ

    ASサンテティエンヌから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンとは地理的に近いこともあり、ライバル関係にある。リーグ優勝10回はオリンピック・マルセイユ、オリンピック・リヨン、FCナントを上回りフランスで最も多い記録である。が、1980-81シーズン以降優勝からは遠ざかっている。ASサンテティエンヌ フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・カヌーテ

    フレデリック・カヌーテから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    カヌーテはオリンピック・リヨンでキャリアを始め、2000年にウェストハム・ユナイテッドFCへ移り、同じロンドンを拠点とするライバルのトッテナム・ホットスパーに在籍した。その後、スペインに渡りセビージャFCに加入すると2006年, 2007年のUEFAカップを始め欧州と国内の舞台で幾つものタイトルを獲得し、さらにクラブの外国人最多得点記録を更新した。フレデリック・カヌーテ フレッシュアイペディアより)

  • ジョエル・バツ

    ジョエル・バツから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    引退後はパリSGで指導者の道を歩み始め、1996年に同チームでリカルド・ゴメスと共に初めて監督に就任。その後LBシャトールーの監督へと就任するが、1999年に成績不振で解任される。この年12月にはフィリップ・トルシエ率いる日本代表の臨時コーチとして来日も果たした。現在はオリンピック・リヨンのGKコーチを務めている。ジョエル・バツ フレッシュアイペディアより)

  • クレーベル・アンデルソン・ベラルド

    クレーベル・アンデルソン・ベラルドから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2005-06シーズンの初め、ベンフィカに移籍した。8月20日に行われた開幕戦から90分のフル出場を果たした。先発選手として定着した。2007年8月、フランスのオリンピック・リヨンへの移籍が決まった。クレーベル・アンデルソン・ベラルド フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・トゥララン

    ジェレミー・トゥラランから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    地元のFCナントからプロデビューし、2004-05シーズンにはリーグ最優秀若手選手とリーグベストイレブンに選出された。2006年にオリンピック・リヨンに移籍し、2006-07シーズンと2007-08シーズンにリーグ優勝を果たした。2006年10月11日のEURO2008予選のフェロー諸島戦でフランス代表デビューし、EURO2008と2010南アフリカW杯に出場した。ジェレミー・トゥララン フレッシュアイペディアより)

  • マルク・クロサス

    マルク・クロサスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2001年に13歳でFCバルセロナのカンテラであるインファンティルAに入団した。入団後は順調にステップアップし、2006-2007シーズンよりFCバルセロナBに名を連ねた。また、このシーズン途中にはバルセロナのトップチームに負傷者が続出したことからトップチームにも出場している。しかし、世界有数のチームであるFCバルセロナにおいてトップチーム定着はならず、負傷者の復帰に伴い再びFCバルセロナBに戻っており、翌2008年1月にフランスのオリンピック・リヨンに出場機会を求め期限付き移籍をした。マルク・クロサス フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ル・グエン

    ポール・ル・グエンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    指導者としての才能が注目され始めたのがオリンピック・リヨンの監督に就任してからで、2002-2003シーズンから3シーズン連続でリーグ・アンを制覇し、UEFAチャンピオンズリーグにも常時出場するなどフランスを代表するクラブへと押し上げた。ポール・ル・グエン フレッシュアイペディアより)

  • エリック・アビダル

    エリック・アビダルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2010-2011年シーズン終了時点では、クラブでの得点はオリンピック・リヨン在籍時にクープ・ドゥ・フランスで記録した1点と、FCバルセロナ在籍時にコパ・デル・レイで記録した1点での2点のみだったが、2011-2012シーズンのコパ・デル・レイ、準々決勝1stレグでのレアル・マドリー戦にてバルセロナ在籍2点目(自身クラブ通算3得点目)を記録した。50キャップ以上を記録しているフランス代表でも無得点を続けており、ブルガリア戦とイラン戦でPKを蹴る機会があったがいずれも外している。2006 FIFAワールドカップ決勝のイタリア戦でPKを決めているが、これはPK戦中に記録したものであり、公式の得点とは認められていない。エリック・アビダル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
207件中 1 - 10件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード