前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
288件中 1 - 10件表示
  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    最多優勝はASサンテティエンヌの10回。その後オリンピック・マルセイユの9回、FCナントとASモナコの8回、オリンピック・リヨンの7回と続く。最多連覇記録はリヨンの2001-02シーズンから2007-08シーズンまでの7連覇。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    得点王(ゴールデンシューズ賞)はロビー・キーン(4得点、トッテナム)、シルバーシューズ賞はミド(2得点、トッテナム)、ブロンズシューズ賞はヨン・カリュー(2得点、オリンピック・リヨン)が受賞。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・カヌーテ

    フレデリック・カヌーテから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    カヌーテはオリンピック・リヨンでキャリアを始め、2000年にウェストハム・ユナイテッドFCへ移り、同じロンドンを拠点とするライバルのトッテナム・ホットスパーに在籍した。その後、スペインに渡りセビージャFCに加入すると2006年, 2007年のUEFAカップを始め欧州と国内の舞台で幾つものタイトルを獲得し、さらにクラブの外国人最多得点記録を更新した。フレデリック・カヌーテ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・マルセイユ

    オリンピック・マルセイユから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    1899年に設立。リーグ・アンにおいてサンテティエンヌの10回に次ぐ優勝9回を誇る名門。ル・クラスィク(またはフランスダービー)と呼ばれるパリ・サンジェルマンとの一戦は大変な盛り上がりをみせ、フランス中の注目を集める。オリンピック・リヨンとの対戦はショック・ドランピック(オリンピック・ダービー)と呼ばれる。オリンピック・マルセイユ フレッシュアイペディアより)

  • パリ・サンジェルマンFC

    パリ・サンジェルマンFCから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2000年代前半に獲得したタイトルはわずかひとつ(2003-04シーズンのクープ・ドゥ・フランス)。2004-05シーズンと2005-06シーズンはリーグ戦で9位に転落し、2006年、Canal+は2600万ユーロ(約27億3000万円)の安価でコロニー・キャピタル(不動産投資会社)、バトラー・キャピタル・パートナーズ(個人投資会社)、モルガン・スタンレー(投資銀行)に株式を売却したが、Canal+撤退後には深刻な財政難に陥った。なお、同年にはエミレーツ航空がメインスポンサーとなり、2008年にはスポンサー契約を2014年まで更新している。2006-07シーズンは残留争いに加わって15位に終わり、いずれのカップ戦でも決勝に進めなかった。2007-08シーズンも16位に終わったが、カップ戦では健闘した。クープ・ドゥ・ラ・リーグを制し、クープ・ドゥ・フランスでは決勝に進出したが、リーグ王者のオリンピック・リヨンに敗れて準優勝に終わった。2008-09シーズンは優勝争いに絡んだが、欧州カップ戦出場権を逃す6位に終わった。コロニー・キャピタルがモルガン・スタンレーから95%の株式を購入して筆頭株主となった。2009-10シーズンにはクープ・ドゥ・フランスで8回目の優勝を飾ったが、このシーズンには女子チームも同大会で優勝した。同一クラブの男女チームがクープ・ドゥ・フランスを独占するのはフランス史上初だった。パリ・サンジェルマンFC フレッシュアイペディアより)

  • LOSCリール・メトロポール

    LOSCリール・メトロポールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    (ミシェル・)セイドゥ会長にはジェローム(・セイドゥ)という兄弟がおり、ジェロームはオリンピック・リヨンの株主である。リールからリヨンに移籍する選手は数多く、2000年代後半だけでもエリック・アビダル(2004年)、マチュー・ボドメ(2007年)、カデル・ケイタ(2007年)、ジャン・マクーン(2008年)、ミチェル・バストス(2009年)などがいる。2007年から2009年にかけては、バストス、マクーン、ケヴィン・ミララスなど、何人かの中心選手を他クラブに売却した。2008年6月にはピュエル監督が退任してリヨン指揮官に転任し、リュディ・ガルシア監督が就任。ミシェル・セイドゥ会長はジェルヴィーニョ、フローラン・バルモン、リオ・アントニオ・マヴュバ、ピエール=アラン・フローなどの名選手を獲得し、「リールは売り手クラブである」という認識の払拭に努めた。ガルシア監督は若手のアディル・ラミをレギュラーに抜擢し、ベルギー人のエデン・アザールを下部組織からトップチームに昇格させた。移籍市場での動きやクラブ方針の転換は直ちに実を結び、2008-09シーズンは5位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得。ガルシア監督のリールは攻撃的なスタイルで強い印象を与え、2009-10シーズンはリーグ最多の72得点を挙げて4位に躍進した。2010-11シーズンには、1954年以来57年ぶり3度目のリーグ制覇を果たした。ストライカーのムサ・ソウが25得点を挙げてリーグ得点王に輝き、17得点15アシストのアザールがリーグ最優秀選手に選出された。チームは2シーズン連続でリーグ最多の68得点を挙げると、クープ・ドゥ・フランスでも優勝し、リーグとカップの2冠を達成した。LOSCリール・メトロポール フレッシュアイペディアより)

  • アンデルソン・クレーベル・ベラルド

    アンデルソン・クレーベル・ベラルドから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2005-06シーズンの初め、ベンフィカに移籍した。8月20日に行われた開幕戦から90分のフル出場を果たした。先発選手として定着した。2007年8月、フランスのオリンピック・リヨンへの移籍が決まった。アンデルソン・クレーベル・ベラルド フレッシュアイペディアより)

  • メフディ・ゼファン

    メフディ・ゼファンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織で育成され、2010年8月21日のRCO Agde戦でBチームデビュー。2011年8月13日のFC Villefranche戦で初ゴールを挙げた。リザーブチームではレギュラーに定着したが、トップチームに割って入ることは出来なかった。メフディ・ゼファン フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・モレル

    ジェレミー・モレルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    ジェレミー・モレル(Jérémy Morel, 1987年1月2日 - )はフランス・ロリアン出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。リーグ・アンのオリンピック・リヨン所属。ジェレミー・モレル フレッシュアイペディアより)

  • ヤシン・ベンジア

    ヤシン・ベンジアから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    アルジェリア系フランス人である。17歳以下のオリンピック・リヨンユースで36得点というクラブレコードを保持している。ヤシン・ベンジア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
288件中 1 - 10件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード