207件中 91 - 100件表示
  • リオ・アントニオ・マヴュバ

    リオ・アントニオ・マヴュバから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    FCジロンダン・ボルドーの下部組織で育ち、2004年1月のオリンピック・リヨン戦でトップチームデビューした。2007年7月3日、アレッシオ・タッキナルディを放出したリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFと移籍金700万ユーロ(約11億7000万円)で5年契約を結んだが、2007-08シーズン前半戦は5試合しか出場できず、2008年1月にリールOSCにレンタル移籍した。シーズン終了後に移籍金推定700万ユーロでリールOSCと4年契約を交わし、完全移籍を果たした。リオ・アントニオ・マヴュバ フレッシュアイペディアより)

  • ヨアン・グルキュフ

    ヨアン・グルキュフから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2008-09シーズンには12得点10アシストでチームの10シーズンぶりのリーグ制覇に貢献し、リーグ・アン最優秀選手に選ばれた。その活躍が評価され、レアル・マドリードなどのクラブが興味を示したが、ボルドーが完全移籍オプションの移籍金1340万ユーロをミランに支払い、完全移籍した。2009年にはフランス年間最優秀選手賞に選出された。2010年8月23日にオリンピック・リヨンへ2200万ユーロで移籍した。背番号は29。由来は故郷フィニステール県の県番号にちなんだもの。ヨアン・グルキュフ フレッシュアイペディアより)

  • ジェラール・ウリエ

    ジェラール・ウリエから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2005年5月、リヨンを4連覇に導いたポール・ル・グエンの後釜としてオリンピック・リヨン監督に就任した。2005-06シーズンに続き、2006-07シーズンも圧倒的強さでリーグ・アン6連覇(自身が率いてからは2連覇)を達成した。しかし、2シーズン連続ベスト8敗退の雪辱を期したUEFAチャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント一回戦で敗退し、一部選手との軋轢も報じられた。2007年5月25日に、オリンピック・リヨンを退団し休養したいと言う意向を発表した。ジェラール・ウリエ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・ブレシェ

    ジェレミー・ブレシェから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンでデビューを果たすと、2002、2003年とリーグ戦2連覇を経験した。その後移籍したインテルナツィオナーレ・ミラノではレギュラーを確保できず、スペインのレアル・ソシエダに移籍するも、満足する活躍はできなかった。2006年にFCソショーへの国内復帰を果たし、キャプテンとしてリーグ・カップで優勝した。2008年、オランダのPSVアイントホーフェンに移籍した。2009年6月、FCソショーに復帰した。2012年8月、トロワACと1年契約を結んだ。ジェレミー・ブレシェ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーリーグ・フォーミュラ

    スーパーリーグ・フォーミュラから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨン(2009年 - 2010年)スーパーリーグ・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • セサル・デルガド

    セサル・デルガドから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2008年1月8日、移籍金1100万ユーロでフランス・リーグ・アンのオリンピック・リヨンに移籍。1月20日のRCランス戦でデビューした。2009年10月21日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグのリヴァプールFC戦(2-1)では、85分にリサンドロ・ロペスとの交代で途中出場すると、91分に決勝点となるゴールを挙げた。リヨンがイングランドのクラブに勝利したのはこの試合が初めてであり、リヨンはリヴァプールを抑えてグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。セサル・デルガド フレッシュアイペディアより)

  • ジョフレイ・コンドグビア

    ジョフレイ・コンドグビアから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2004年からフランスのRCランスのユースチームに所属し、2008-09シーズンはラファエル・ヴァラーヌやトルガン・アザールとともにU-16チームでプレーし、この世代の全国リーグ(Championnat National des 16 ans)で優勝した。2010年4月11日、4年間のプロ契約を結ぶと、2010-2011シーズンからシニアチームでトレーニングに参加しリーグ戦でもベンチ入りを果たした。2010年11月21日、オリンピック・リヨン戦でプロデビューを果たした。ジョフレイ・コンドグビア フレッシュアイペディアより)

  • シルヴァン・ヴィルトール

    シルヴァン・ヴィルトールから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    フレドリック・ユングベリや若手の台頭、自身の足首の怪我の影響もあって出場機会が減っていたため、新たなる新天地を求め、2004年にリヨンへ移籍し、リーグ優勝に貢献した。シルヴァン・ヴィルトール フレッシュアイペディアより)

  • ハテム・ベン・アルファ

    ハテム・ベン・アルファから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    フランス語での正しい発音はアテム・ベナルファである。パリ郊外のクラマールで生まれ、クレールフォンテーヌ国立研究所に飛び級で入学。各世代の代表を経験し、2007年にA代表にも招集されたフランスの若き天才FW。ASサンテティエンヌ、スタッド・レンヌからもオファーがあったが、オリンピック・リヨンと15歳の時にプロ契約。プロデビューは2004年8月6日のOGCニース戦。当時リヨンを指揮していたのは元カメルーン代表監督のポール・ル・グエン。ハテム・ベン・アルファ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・パウレタ

    ペドロ・パウレタから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2003年夏、パリ・サンジェルマンFCと3年契約を交わした。移籍金は1200万ユーロ。2003-04シーズンのクープ・ドゥ・フランスでは決勝のLBシャトールー戦で両チーム唯一の得点を挙げ、クラブにとって6年ぶりのタイトル獲得に貢献した。リーグ戦では37試合に出場して18得点を挙げ、3連覇のオリンピック・リヨンに次ぐ2位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2006年4月2日、古巣FCジロンダン・ボルドー戦(3-1)で移籍後初のハットトリックを達成した。2005-06シーズンには自身2度目、移籍してから初の得点王となり、2006年にはリーグ5連覇中のオリンピック・リヨンからの関心が報じられたが、パウレタはパリ・サンジェルマンFCに残留し、2005-06シーズンのクープ・ドゥ・フランスで2シーズンぶりの優勝を飾った。パリ・サンジェルマンFC移籍後99得点目は素晴らしいボレーシュートで決め、100点目は教科書通りのヘディングシュートで決めた。2006-07シーズンには3度目の得点王のタイトルを獲得した。2007-08シーズンはリーグ・ドゥ(2部)降格の危機に直面したが、最終節でRCランスを上回って16位でリーグ・アン残留を決めた。ペドロ・パウレタ フレッシュアイペディアより)

207件中 91 - 100件表示