288件中 101 - 110件表示
  • メブリュト・エルディンチ

    メブリュト・エルディンチから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    下位に低迷するソショーで気を吐くエルディンチに対し、リーグ・アン (1部) のFCジロンダン・ボルドーとオリンピック・リヨンのみならず、プレミアリーグ (イングランド1部) のアストン・ヴィラFC、フラムFC、ニューカッスル・ユナイテッドFC、ウィガン・アスレティックFCといった他国のクラブからも関心を寄せられていたと報じられたが、最終的に2009年6月28日に移籍金900万ユーロでパリ・サンジェルマンFCと4年契約で合意し、マテヤ・ケジュマン、リュドヴィク・ジュリ、ギョーム・オアロらと競合することになった。メブリュト・エルディンチ フレッシュアイペディアより)

  • マキシム・ゴナロン

    マキシム・ゴナロンから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2008年7月、ブドウ球菌に侵され脚部切断の危機に陥ったが、2009年の夏に治癒し、2009-10シーズンにオリンピック・リヨンとプロ契約を交わした。その年のUEFAチャンピオンズリーグ予備戦のRSCアンデルレヒト戦セカンドレグでプロデビューした。2009年9月12日のFCロリアン戦でリーグ戦デビューを飾った。9月29日、デブレツェニVSC戦で57分からピッチに入り、UEFAチャンピオンズリーグのグループ・リーグに初出場した。10月20日、UEFAチャンピオンズリーグ出場2戦目となったリヴァプールFC戦で初得点。43分に負傷退場したセンターバック、クリスの代役としてピッチに入り、ジェレミー・トゥラランと共にセンターラインを形成。72分にヘディングでゴールを決めた。リヨンは2-1で勝利し、ゴナロンはマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。時を同じくして、フランス・エスポワール(ユース世代の代表)にも選出。マキシム・ゴナロン フレッシュアイペディアより)

  • ルディ・リウ

    ルディ・リウから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    モンペリエHSC在籍時の1999年7月31日、オリンピック・リヨン戦でデビューを果たし、以後レギュラーの座を掴んだ。シーズン終了後クラブはディヴィジオン・ドゥに降格したが、1年でディヴィジオン・アンに復帰した。2003-04シーズンを終え再び2部降格の憂き目に遭ったが、代わって昇格したFCイストルに移籍し引き続き主力としてプレーした。2006-07シーズンはリーグ19位という結果に終わり、トゥールーズFCに移籍した。同クラブではニコラ・ドゥシェ、次に所属したオリンピック・マルセイユではスティーヴ・マンダンダがおり出場機会に恵まれなかった。ルディ・リウ フレッシュアイペディアより)

  • ベン・サハル

    ベン・サハルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    第12節でロワ・コントゥ(en)に代わり後半から出場。試合はダリウシュ・ドゥドゥカがPKを得るも1-3で敗北。次節のトゥールーズFC戦(ホーム2-0勝利)でクラブは5試合ぶりに勝利し、サハルは先発出場するが、出来はあまり良いとはいえず55分にコントゥと交代。第14節のヴァランシエンヌFC戦(アウェイ1-2敗北)はベンチスタートとなり再び後半からコントゥに代わり出場している。続くオリンピック・リヨン戦とパリ・サンジェルマンFC戦では2試合連続で出番が訪れなかった。期待にそうような活躍を見せることが出来ず、ついにジェラール・ブルゴワン会長から"キャスティング・エラー"と厳しい言葉が投げかけられた。そのような状況下で迎えた12月11日のOGCニース戦(ホーム2-1勝利)に左サイドで先発出場すると、13分にデニス・オリエクの得点をアシストを記録し、後半にオリエクのパスから公式戦通算3得点目を頭で決めるなど活躍を見せ、クラブを勝利に導いた。第26節のリール戦(2-2)では後半から出場し、2-0と先制される中で得点を挙げ、さらにアシストを決め、貴重な勝ち点1を獲得することに貢献した。しかし、監督から監督に交代以降は起用されることなく、クラブは最下位でシーズンを終了。2012年6月、買取りオプションは行使されず、エスパニョールへの復帰が決定した。ベン・サハル フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・ビュロ

    フレデリック・ビュロから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    フランス人の父とガボンの母の両親を持つ。1996年からトゥールFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2005年からASモナコのユースチームに所属した。2010年にトップチームに昇格し、2010年8月7日、オリンピック・リヨン戦でデビューを果たした。2011年7月、SMカーンに3年契約で移籍した。2014-15シーズンはチャンピオンシップのチャールトン・アスレティックFCへのローンで過ごした。フレデリック・ビュロ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジ・サミール・クルス・カンポス

    ジョルジ・サミール・クルス・カンポスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2011-12シーズン序盤は、まずリーグの戦と、HJKヘルシンキとのUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12予選3回戦第1戦(2-1勝利)で決勝点を挙げた。続くマルメFFとのプレイオフ第1戦(4-1勝利)で2得点を挙げるなど久しぶりの本大会進出に貢献。本大会ではレアル・マドリード、オリンピック・リヨン、アヤックス・アムステルダムと各国の強豪との対戦で5試合に出場した。国内リーグ・国内カップとチャンピオンズリーグのグループステージで定期的に起用され、全公式戦で38試合8得点を記録した。ジョルジ・サミール・クルス・カンポス フレッシュアイペディアより)

  • ワラシ・フォルトゥナ・ドス・サントス

    ワラシ・フォルトゥナ・ドス・サントスから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2014年8月21日、SCブラガからリーグ・アンのASモナコに期限付き移籍を果たした。2014-15シーズンのリーグ・アン第23節オリンピック・リヨン戦では相手DFのサミュエル・ユムティティを踏みつける行為が問題となった。ワラシ・フォルトゥナ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ヤヤ・サノゴ

    ヤヤ・サノゴから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    2009年にプロ契約を結び、2010年1月26日、クープ・ドゥ・フランスのCSスダン・アルデンヌ戦でプロデビューを果たした。5月5日、オリンピック・リヨン戦でリーグ戦初出場を果たした。ヤヤ・サノゴ フレッシュアイペディアより)

  • ラシド・ゲザル

    ラシド・ゲザルから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンの下部組織で育成され、2010年7月にプロ契約を交わした。リザーブで2シーズン経験を積んだ後、2012?13シーズンにレミ・ガルド監督がトップチームに招聘した。10月4日のUEFAヨーロッパリーグ・ハポエル・イロニ・キリヤット・シュモナFC戦でトップチームデビュー。ラシド・ゲザル フレッシュアイペディアより)

  • ジオバネ・エウベル・ジ・ソウザ

    ジオバネ・エウベル・ジ・ソウザから見たオリンピック・リヨンオリンピック・リヨン

    元ブンデスリーガ外国人最多得点記録(133得点)保持者である。2002-2003シーズンにはバイエルン・ミュンヘンでトーマス・クリスチャンセンと並んで得点王を獲得した。しかし、その後移籍したフランスのオリンピック・リヨンでは怪我のため、1シーズン強で30試合11得点にとどまった。代表では、ロマーリオやロナウドの存在もあり、15試合の出場にとどまった。ジオバネ・エウベル・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

288件中 101 - 110件表示

「オリンピック・リヨン」のニューストピックワード